〒761-4121
香川県小豆郡土庄町渕崎甲2080番地1
TEL 0879-62-0068 FAX 0879-62-0086

 校長あいさつ  年間行事予定  土庄小の一日  校歌・校章・あゆみ  警報発令時の対応
 ふるさと とのしょう  校内のようす  校内研究  交通アクセス  リンク
 家庭学習のてびき   教育活動   いじめへの対応     
30年9月21日更新

子どもたちのようす

≫≫以前のようすは こちら
9月20日(木)
全校活動はたてわり班遊びをしました。雨で外遊びはできませんでしたが,その場合の遊びも考えていたのが役に立ちました。教室での遊びを見てみると,宝探し,ハンカチ落とし,いす取り,伝言ゲーム,フルーツバスケット等,様々な遊びがありました。学年が違ってもルールを工夫したり,相手に合わせたりすることで,みんなが一緒に楽しめました。互いのことがよく分かることで,たてわり班の清掃もさらに協力してできるのではないでしょうか。

9月19日(水)
午後は,3年全クラスと6年2組が研究授業で道徳をしました。普段の生活につながるように,資料の話で自分だったらどうするか考えたことを帽子で表したり,グループで話し合ったりしました。3年生は総合的な学習と結び付けて伝統を守り,人のために働く心を学習して,自分なりの目標も立てました。6年生は友人が悪いことをした時に助けるか,謝罪を勧めるかを元に,友情とは何かを考えました。中学校や他の小学校からも参観があり,子どもたちも真剣に考え,発表しました。

9月18日(火)
3連休明けの最初に,1年生は身体測定を行いました。測る度に伸びていて入学時よりもずいぶん成長しています。子どもたちも,どれくらい大きくなっているかなと楽しみなようです。
玄関に大きな「ミスジスズメ蛾」の幼虫がいました。太い方がお尻で,1pほどの角が立っています。柔らかく毒もありませんが,珍しい体形をしています。生き物に詳しい子によると,体の側面の色が透けてきており,もうすぐサナギになるということで,家に持って帰って,羽化させることになりました。
全校活動では,すこやか習慣について考えました。起床時刻や朝食などについて振り返り,目標を立てました。

9月14日(金)
花壇のヒマワリは頭を下げてたくさんの実を付けていて,ヘチマはまだまだ花を咲かせていますが,大きな実も茶色に変わってきました。少しずつ秋が近づいていることが感じられます。
3年生は体育でリレーをしました。走った後,もっと速くなるようにとチームで作戦を立てました。1年生は生活科でアサガオの観察をしました。アサガオも花を咲かせていて,中には白と紫の2種類の花を咲かせている鉢もありました。
地域の方が,ボランティアで校内の清掃をしてくださいました。農園の掃除もしていただいており,とても助かっています。ありがとうございます。

9月13日(木)
1年生は音楽の授業で,鍵盤ハーモニカを使って合奏をしました。前で歌うグループと演奏するグループに分かれて交代しましたが,手をつないでにこやかに歌うなど,リズムに乗ってできました。
2年生は生活科でおもちゃ作りに取り組んでいました。容器や紙コップを使ってロケットや大砲など飛ぶ物を作っているグループもあれば,転がるおもちゃを作っているグループもあり,さらによくしようと試行錯誤を繰り返していました。
4年生は書写で「左右」と書いていました。よく似た字ですが,筆順が異なることを意識して書きました。

9月12日(水)
4年生の算数では,並んだ「〇」の個数の合計を,様々な考え方で求めました。幾つかのまとまりに分け,できるだけ簡単に求めようと,式と図とを対応させながら説明しました。教室の後ろには,図工で作った器や建物が並んでいました。茶色のテラコッタ粘土は焼き物のように見えます。
2年生は,文化祭の音楽会に向けて合唱練習をランチルームでしていました。まだ始まったばかりで,歌詞を見ながらの練習ですが,90人の声はとても迫力があり,楽しい感じが伝わってきます。

9月11日(火)
高松大学の学生さん12名が,「二十四の瞳」学習支援体験推進プログラムの一環で来校し,授業に参加し子どもたちと一緒に過ごしました。中には昨年度卒業制作としてベンチを寄贈していただいた高松工芸高校の学生さんもいて,土庄小学校のことをとても気に入っていました。学生さんたちは,授業では熱心にメモを取り,勉強を教えたり,一緒に運動をしたりと小説の大石先生のように子どもたちと過ごしていました。また明日も来ていただけるので楽しみです。

9月10日(月)
午前中は天気が悪く体育館で体育をしました。2年生はマット運動で,後ろに倒れたり起き上がったりしました。座っていた状態に戻るのは簡単なようで難しく,手が離れて起き上がれない時もありました。腹筋の運動になっていました。3年生は大縄跳びで8の字連続跳びに挑戦しました。久しぶりでしたがみんな上手で,ずっと続いて跳ぶことができていました。
全校集会では,2学期の学級委員の任命と,転入生の紹介がありました。また新しい支援員さんと教育実習生の紹介もありました。新しく人が来て増えるのはワクワクするものです。

9月7日(金)
「土庄っ子いじめ撲滅集会」を開きました。最初に,校長先生がいじめについて,例を挙げながら絶対にしてはいけない,なくさなければならないと強い決意を話されました。
続いて「いじめ0子どもサミット」に参加した人から報告があり,私たちの学校ではいじめをしないさせない,見て見ぬふりをしないと発表しました。
最後に生徒指導担当から,いじめをなくすために,だれもがいじめを許さず,いやな思いをしたり見たりしたときはすぐ先生に言ってほしいと話がありました。からかいや悪ふざけもいじめとなることがあります。いじめをなくすことをみんなで考えた集会となりました。

9月6日(木)
これからの時代は,自分の考えやいいところを積極的にアピールし,協力して物事を進める力が必要になります。授業では,自分の考えを発表することを大切にしています。外国語で自分について紹介したり,宝物紹介をしたりしています。実物や写真を用意して分かりやすく伝えるとともに,聞く側も感想や質問をして深めるようにしています。
土庄中学校2年生3名が職場体験でやってきました。3名とも小学校の時の担任のクラスに入り,2日間過ごしましたが,小学生の時とは違った立場で,充実した職場体験が送れたようです。最後に「夢に向かって頑張ります。」と力強くあいさつして帰って行きました。立派な態度とあいさつで成長を感じました。
 

9月5日(水)
教育委員会や教育委員の方々が来校され,子どもたちの様子を参観されました。そして,子どもたちが元気にあいさつしながら登校し,発表したり話し合ったりする姿をとても褒めていただきました。また,タブレットなどの機器などの扱いにも慣れて,普通に学習していることも感心されていました。大勢の参観が気になった子どももいたかも知れませんが,普段通り落ち着いて学習できてよかったと思います。

9月4日(火)
台風21号が接近し警報が発令されたため,臨時休業日となりました。海には白波が立ち,風がうなるような音を立てながらエントランスを吹き抜けていました。それでも午後には雨も止み,コーンやマットなども外に出しました。ビオトープのミモザが傾くなど被害がありましたが,明日は平常に戻りそうです。

9月3日(月)
2学期最初のアルミ缶集めでは,ネットに10袋半集まりました。今までの最高記録で,集める子どもも「うわあ,どんどん持ってきている!」と大忙しでした。
外国語活動に,新しいALTとしてイマニー先生が中学校から来てくださいました。最初は自己紹介で,アメリカ合衆国のジョージア州出身であることや好きな食べ物などを,写真や図などとともに教えていただきました。とてもエネルギッシュな方で楽しい授業になりそうです。
6年の掲示板には,自分で作った朝食が並んでいます。とても美味しそうなメニューばかりで,栄養や彩りも考えられていて「毎日こんな朝食だったらいいなあ。」という声が聞かれました。

8月31日(金)
5年生は池西さんという方のご厚意で神戸に招待していただきました。
王子動物園では暑さ対策としてミストをしており,動物たちは水浴びをして涼んでいました。最近動物園に行っていない子もおり,パンダやキリン,象など本物を久しぶりに見ることができました。
次に人と防災未来センターに行き,災害が起こった時に少しでも被害が小さくなるように減災という考え方について学びました。最初のスライドで土庄小学校の絵が映し出されて,身近な感じがしました。阪神大震災の映像がたくさんあり,体験コーナーもあって,災害の怖さを体験できたように思います。
帰りには但馬牛の弁当をいただき,神戸を満喫できた1日となりました。

8月30日(木)
1時間目に作品展鑑賞を行いました。工作や絵などはもちろん,なるほどと思う自由研究もたくさんあって,子どもたちは足を止めがちでした。また,高学年はよいところや参考になるところをメモしながら回っており,真剣そのものでした。
3年生は時間の学習をしています。60進法なので時刻と時刻の差を求めることには時間がかかります。授業では時間を数直線に伸ばしたり,模型を動かしたりしながら考えていました。
今日から教育実習生が1か月間来ることになりました。最初はお互いが緊張しながら自己紹介や質問をしました。これからいっしょに勉強や運動ができると,子どもたちは楽しみにしています。

8月29日(水)
3年生は「いのちの先生」松尾さんを迎えて,命について学びました。みんなに配られた画用紙には針の穴が1つ開いており,それは卵子の大きさということでした。実際に妊婦さんから赤ちゃんの心拍音を聞いてみると,140回ととても速く,お母さんから栄養をたくさんもらいながら40週かけて生まれてくることを教わりました。それから生まれてきた赤ちゃんの写真やお母さんの手紙などを見ましたが,みんなとても真剣な表情でした。
夕方からは,夏休み作品展があり,今年もたくさんの方が見に来られました。来年に向けて参考になったことと思います。

8月28日(火)
算数では教科書に自由研究コーナーがあり,4年生はテープで輪を作って調べていました。一ひねりしたり,2つのつながりを作ったりしたものを2本に切り分けるとどうなるかやってみると,不思議なことに2本にならず1本の大きな輪になりました。「メビウスの輪」といわれるもので,勉強の面白さや不思議さを感じられたのではないでしょうか。
1年生は数が読めたり計算できたりとできるようになることが楽しく,元気に手を挙げ発表していました。
写真の作品は貯金箱で1部の紹介ですが,29日は夏休み作品展ですので是非お越しいただき,子どもたちの作品をご覧いただければと思います。

8月27日(月)
今日から2学期が始まりました。子どもたちは,宿題や月曜セット等を持って元気に登校してきました。
始業式では,校長先生や生徒指導担当からの話や新しい支援員の方の紹介とともに,学年代表の子どもたちが2学期の抱負を発表しました。1学期の終業式と同じようにどの子も原稿を見ずに堂々と話し,見ないのが当たり前でやる気が感じられました。たくさんの表彰紹介もあり,みんな有意義な夏休みだったのではないでしょうか。
教室では,宿題等の提出物の確認があり,中には自分の力作を写真に写してという希望もありました。
なお,児童を送迎する場合にはフレトピアホールの駐車場をお願いしておりますので,ご協力をお願いします。

8月20日(月)・21日(火)
5年生が余島で宿泊学習を行いました。船に5分ほど乗って余島に渡り,無人島生活の気分になって活動が始まりました。
1日目は,カヌートリップで6人ずつカヌーに乗って土庄小学校前の砂浜へ行きました。風が強くカヌーが流されることもありましたが,無事帰ってくることができました。夕食はみんなで揃って食べ,夜はキャンプファイヤーをしました。真っ暗な中でトーチの火が赤々と燃え,幻想的な雰囲気の中でスタンツをして盛り上がりました。
2日目は天候が悪く,島探検をして昼は自分たちでかまどを作り,牛乳パックに入れたホットドッグを焼いて食べました。
親元を離れての生活で,子どもたちは少し成長したのではないでしょうか。

このホームページをご覧になったご感想やご意見をお寄せください。
30年9月21日更新
  
Since 2016.4.8  Copyright©2016〜2018 Tonosho Elementary School all rights reserved.