8月31日(水)中2職場体験2日目

朝のフェリーでは、昨日の疲れがやや残っていた人もいれば、屋上で走り回っていた人も。

昨日の経験を生かし、2日目の体験学習もがんばってきました。

3人とも「事業所の方たちがとても親切で、来て良かった。」と話しています。

 

8月30日(火)田んぼの守護神

8月26日から、学校近くの田んぼを見守っているかかし。

中学校1年生が、夏休み中に卒業生の力を借りながら制作しました。

着用しているスーツは、お父さんが昔着ていたものを提供していただきました。

某大統領をイメージして制作していましたが、完成したかかしは、彼女のお兄さんに似ているようです。(本人談)

田んぼに足を取られながらもなんとか立てることができたかかしは、これから収穫の日まで、守護神として田んぼを見守っていきます。

 

 

 

8月30日(火)中2職場体験1日目

本日から3日間の職場体験が始まりました。 保育所、飲食店、コンビニエンスストアでの体験です。 実りある3日間となりますように。

5月19日(木)プール掃除

6月になると体育で水泳の授業が始まります。また、小学校の5年生6年生は、水泳記録会に向けての練習が始まります。水泳シーズンを控えて、プール掃除を行いました。小学1年生から中学3年生まで力を合わせてがんばりました。プールサイドに生えていたコケは、PTA会長さんが高圧洗浄機で掃除してくださいました。ピカピカになりました。

5月15日(日)豊島地区連合運動会

「今、豊島の心は一つに ~泣いて、笑って、がむしゃらに頑張る豊島っ子~」のテーマのもと、さわやかな五月晴れに恵まれ、豊島地区連合運動会が行われました。
瞳保育所の園児6名、豊島小学校児童26名、豊島中学校生徒7名、保護者、地域の方々、教職員が一体となって、楽しく充実した一日を過ごすことができました。

特に、今年は、豊島小学校、豊島中学校が施設一体型小中併設校になってはじめての運動会です。約1ヶ月間、同じ校舎で学び、生活をしてきた小中学生33名は、今まで以上に協力し、助け合って演技をしたり準備や片づけ、放送などの役割を果たしたりする姿が見られました。また、教職員にとっても同じ校舎、職員室の中で小学校、中学校の教員が情報を共有し、常に話し合って計画、運営していく姿は新しい豊島小・中学校のあるべき姿が見えてきたと感じることができました。
小学校1年生から中学校3年生まで、短い練習期間ではありましたが、積み上げてきた練習の成果を十二分に発揮できたことは、大きな自信につながったのではないかと思います。
子供たちをあたたかく見守り大きな声援を送っていただいた保護者や家族の皆様、地域の方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。
素敵な優しい笑顔がいっぱいの素晴らしい運動会でした。

3月3日(木)1年生職場見学

1年生の3名が、洋菓子工房、バイク販売店、スポーツジム、大型書店、ラジオ局で職場見学をさせていただきました。 あこがれ職業の方たちを前に、3名とも目をキラキラさせながら、職場の見学と、現在の仕事に就いた理由や仕事の好きなところ、中学生のときの夢などの質問をしました。どの職場の方にも、温かな笑顔で答えていただき、これからの進路を考えていく上での大きなヒントをいただきました。ご協力いただいた事業所の皆様、ありがとうございました。

 

9月25日(金)小豆郡英語弁論大会

小豆郡英語弁論大会が小豆島町立小豆島中学校で開催され、3年生男子が弁論の部に出場しました。

“More Important Than Winning”(勝利よりも大切なこと)というタイトルで、陸上競技を通して学んだ大切なことについてスピーチをしました。陸上競技を始めるきっかけになった陸上選手のことや、なかなか記録が伸びずあきらめてしまいそうになったこと、それを乗り越えた方法、これからの目標など、ジェスチャーを交えながら自分の思いを発表することができました。

今日の本番に向けて、自分の思いを分かりやすく伝えられるように何度も原稿を推敲しました。また、ALTの先生にも協力してもらいながら、発音や表現についてもしっかり練習をしました。

県大会出場の切符をつかむことはできませんでしたが、英語弁論大会の練習に費やした時間や練習を通して学んだり身に付けたりしたことを、これからの生活や学習に役立てほしいと思います。

豊島公民館まつり

豊島公民館まつり芸能発表会に参加しました。

瞳保育所、豊島小学校、豊島中学校の子供から地域のお年寄りまで、たくさんの人が集まり、楽しい1日を過ごしました。豊島中学校は、先日の豊翔会(校内文化祭)で発表したものをもう一度見ていただきましたが、よりアップグレードしたものになっていました。保育園児や小学生、保護者や地域の方の優しい視線に包まれ、認められることで生徒たちは成長しているのだと感じました。

第51回香川県中学校新人体育大会 陸上競技

10月18日(土)

今年度最後の大会が、丸亀競技場で行われました。

本校からは、標準記録を突破している100m、走り幅跳びの2競技に、それぞれ2年生が2名ずつ出場しました。

走り幅跳びに出場した両名は上位8名に残り、2名ともに自己新記録を出すことができました。

また、そのうちの1名が見事5m81cmで、県1位になりました。(陸上部顧問)

香川県社会科研究発表会

10月18日(土)

1年生の3名が、小豆郡の代表として社会科研究発表会に出場しました。

「これからの豊島の産業について~いちご栽培と豊島産廃問題について~」

というテーマで発表をしました。

2年生ばかりの発表者の中で、元気で力一杯の発表をすることができました。また、他校の発表を聞くことでよい刺激を受けました。今回の経験を生かし、さらなる成長を目指していきます。(社会科担当)