優心会の経営理念

 常に新しい、明日の総合歯科医療をめざして
医療法人優心会は現在5医院を経営しており、歯科医師は常勤・非常勤合わせて全院でおよそ44名、歯科衛生士や助手なども含めると合計で150余名のスタッフ体制(2015.9現在)
互いが切磋琢磨し合って新しい時代を拓ける準備が整いました。


 歯の健康を通じ、充実の食生活実現へ
歯が不自由になると何より「食」を満足に楽しめなくなり、引いては全身の健康を損ねる原因となりかねません。つまり常に歯を健やかに保っておくことこそが、いつまでも元気でいられる秘訣であると言えます。おいしいものを当たり前のようにおいしく食べられること、それが充実した食生活。その実現のために、私たちは歯の治療はもちろんのこと、日常の手入れや予防策などを的確にアドバイスしていくことも大切な使命と考えています。


 地域の基幹歯科医院として、質の高い安心・安全を
ワンストップデンタルオフィス(矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科・予防歯科・障害者治療・歯周病などを含む総合歯科)の当院は、名実共に地域の基幹歯科医院となっています。
また、通院が困難な寝たきりの方対象に専用カーによる訪問診療も行い、外来診療とほぼ変わらない歯科治療や口腔ケアが受けられます。加えて、丸亀本院は365日診療OKな年中無休体制。歯および口腔内における一切の悩みには、“いつでも”“どんな方にも”幅広く、同等に対応できる安心・安全な拠点でありたいと考えています。


 万全な連携、そしてアドボカシー(権利擁護)対応
総合歯科の当院ですが、特殊な症例にあっては隣接する香川労災病院や協力関係にある岡山大学病院への速やかな連携を図ります。また、昨今よく耳にするようになったアドボカシー(権利擁護)。これについても当院では患者さまの権利を尊重するため、患者さまの立場で話をお聞きし対応できる担当者を配置して臨みます。もちろん、私たちには歯科医療の従事者として自覚と責任があります。日々の研鑽を怠ることなく、常に新たな進化を心がけたいと考えています。