噛む力、話しやすさ、そして美しさのための治療です。

当院では常駐の技工士たちが、歯科医師との連携で、より精度が高く美しい技工物をつくります。

補綴治療 補綴(ほてつ)治療とは、歯が欠けたり、抜歯した場合にブリッジや入れ歯、インプラントなどの人工物で補う治療をいいます。当院では少しでも迅速で適切な治療をおこなうため「大塚技術研究所」という技工ラボを院内に設けて対応しています。


クラウン
かぶせ物のことです。むし歯などで歯が大きく欠けた場合、神経を治療した後に歯の表面にクラウンをかぶせて歯の損傷を防ぎます。

部分入れ歯
むし歯や事故などで歯や歯を支える骨の一部がなくなった場合、そのなくなったところを義歯で補います。歯を入れることで食事がしやすくなり、しゃべりやすく、又見た目も美しく改善されます。

ブリッジ
両脇の歯を土台にして、人口の歯を橋のように架ける方法です。歯が1〜2本なくなっても、その両脇の歯がしっかりしているときにおこないます。

総入れ歯
上顎または下顎のすべての歯を失った方が、食べたり話したりする機能を回復するために入れる一体型の義歯です。



大塚技術研究所では患者さまの負担を少しでも軽くしていただくため、精度が高く最適な技工物を迅速に仕上げるよう努めています。


当院では1階の待合所に、それぞれの見本と価格を表示しています。現物見本を見ながらご自分に合った治療方法をご相談いただけます。