失った歯を取り戻し、快適な生活を!

自分の歯のように違和感なく食べられ、しかも衛生的で虫歯にならない、画期的な治療法です。

歯科インプラント 顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込み、その金属を土台にして、天然の歯と同じような人工の歯を取り付けます。インプラントは生体との親和性が高いチタンでつくられています。チタンは長年の臨床研究でインプラントの素材として最も安全であり、また顎の骨としっかり結合することが確認されている素材です。インプラントと顎の骨がしっかり結合したことを確認し、その上から人工の歯を固定します。インプラント治療は、天然歯のような見栄えだけでなく、これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった「食べる・話す」という機能も回復できる画期的な治療法です。
歯の抜けたあとに穴を開けてインプラントを埋め込み、その上に人工の歯を固定します。周りの健康な歯を削らないで治療ができます。
見た目も天然歯のように自然で、がたつきもなく、力強く噛む事ができるようになります。治療は1本から総インプラントまで可能です。

●インプラントは無理と言われた場合でも、当院では最新の移植・再植技術で対応しています。あきらめないでご相談ください。
 

どんな人にインプラントは向いて
 いるのですか?

特に限定はありません。歯並びが気になる、ケガや事故で歯を失ってしまった、義歯の装着感が気持ち悪い、といわれる方。また治療のためとはいえ、今ある健康な歯を削りたくない方、出産後歯が抜けてしまった方などにおすすめできる治療です。

治療期間はどのくらいですか?

平均して半年〜1年位です。治療期間は、歯の欠損部位や欠損数、さらに骨の状態などの生理的要因に影響されます。
インプラントはどのくらいもつの
 ですか?
残存歯の数、歯にかかる負担の度合や骨の状態、噛み合わせなどさまざまな要因に左右されます。末永くインプラントと付き合うには、お口の中の衛生管理と定期健診が大切です。
治療費は? 保険はききません、自費診療となります。また部位や本数により治療費が異なりますので担当ドクター、スタッフにご相談ください。
治療の進め方は? インプラントについて十分ご理解いただき、治療の進め方など担当歯科医師から詳しく説明させていただきます。納得いただいた上でインプラント治療が可能かどうかを歯科CTなどで検査。可能であれば、日を改めて治療を進めます。
治療ステップは? (1)お口の中の審査診断→(2)インプラントの埋め込み手術→(3)お口の型採り→(4)仮の歯をつけます→(5)金属の適合状態を見ます→(6)完成物(人工の歯)の取り付け→(7)メンテナンスとなります。
手術の方法は? まず、無くなった歯の骨の中に金属の土台を埋め込みます。その後、お口の中の様子を見ながら人工の歯を製作していきます。手術にかかる時間は本数によりますが、2〜3時間が平均です。
入院は必要ですか? 手術に用いる麻酔は局所麻酔ですので、手術後少し休んでいただいた後にお帰りいただきます。術後2〜3日少し腫れたりしますがひどいものではありません。
100%成功するのですか? 高い成功率を有します。その人の顎の状態、骨の状態を十分検査・診断してインプラント治療をおこないます。ごくまれに土台の金属と骨の結合が弱い場合などがありますが、治療期間を長めにとり、改めてインプラントを埋め直すなどして対処しています。
インプラントの欠点は? 自費診療で費用が高めなこと、 治療期間が他の歯の治療と比べて長いこと、外科的治療が必要だということだと思います。