3Dの立体画像で、最先端の治療が可能になりました。

大学病院クラスにしか導入していないといわれる最先端の歯科用CTを導入しました。

歯科CT 高速スキャンで撮影時間も短く、患者さまへの負担を最小限に抑えています。
歯科CT撮影
歯科CTによって顎の骨の状態を3Dの立体画像で把握できます。インプラント治療だけでなく他の疾病の診断にも役立っています。
セカンドオピニオンとしてもご利用ください。
● 撮影費用10,000円(税込み)
 
インプラント挿入症例の3D画像
特にインプラント治療にはなくてはならない設備です。より安全で適切な治療を行うため、治療に入る前に詳細な3D画像で顎の骨の量や質、硬さ、神経の位置などを確認しながら治療計画を立てます。又、歯周病や歯列矯正、口腔外科治療など、難しいとされていた治療も、より正確に安全に進めることが可能になりました。