第23回 クリスマスが楽しみ

 上の息子はゲームが大好きです。しかし,それ以上に好きなのが私の方でして,これは遺伝かいな?と思ったりしています。その息子が今回の誕生日とクリスマスにコンピュータがほしいと言い出しました。でも実際はなにかと横で「コンピュータがあるとゲームができるぞ〜。できるぞぉぉぉ〜と小声で囁きかけた作戦が功を奏したともいえます。

 さて,そうなるとさすがの大蔵大臣も財布の紐もゆるみます。しかし,ここで焦ってはいけない。せっかくなら息子自身にコンピュータを作らそう。「今はプラモデル感覚でコンピュータもできるよ。そんな経験も大切だ うんうん」と納得させてとうとう値段の枠なしで買っちゃうことが決定しました。(実は息子以上に自分が楽しみだったりして)今の予定としてはペンティアム4の2.5以上でVGAはGeForce4でと・・・。ゲーム好きなら何のためか一目で分かる構成だったりします。

 で,買うことは決定したんですが,11月の誕生日とクリスマスのどちらでコンピュータを買う?って息子に聞くと,しばし考え込んで,「誕生日はソフトを買う。で,コンピュータはクリスマスにサンタさんに買ってもらう。」

 え?^^ おいおい。ちょっと待て?ソフトを買ってもコンピュータがないと動かんぞ!?それわかっているのか?と聞いても「うんわかっているよ」。私「・・・・・・・」まあ,それもありか,となんとなく納得してしまった私ですが,当初のゲームをしたいという考えにもかかわらず,買ったソフトは小学生向きのお勉強ソフト。まあ,中身はなんとなくゲームっぽい内容ではありますが,その解説書を隅から隅まで読んでにこにこしている息子に,あきれている私です。今は後20日後に迫ったクリスマスイブを息子以上の楽しみにしている私だったりします。

ところで,小学何年生になったらローマ字入力のタッチタイプが可能なんでしょうね。知っている先生の娘さんが4年生でタッチタイプができたというような話も聞いているんですが,ローマ字を習うのは5年生ぐらいなのかな?でも最近では総合の時間に英語を教えている小学校もあるだろうし,どんなんでしょうね。



←前のページへ戻る   ホームへ   次のページへ→