第22回 あんた誰だっけ

 中学校の教員になると,毎年大勢の生徒が卒業するので,いたるところであう機会が増えます。コンビニ,ガソリンスタンド,パチンコ屋等々・・・。そういや昔自分が結婚するために出向いた結婚式場の担当は卒業生だったし,結婚式当日も巫女さんがこちらをちらちら見て「クックッ」と笑っているので,よ〜く見てみたら,やっぱり卒業生だったりして・・・・・。

 まあ〜それはそれで,しかたない因果な商売ですが,困るのが,あったときに,「先生〜私わかる〜?」と言われること。これが担任していたらある程度予測できますが,教科で教えていたぐらいだと,記憶力の悪い自分にとっては困っちゃうんですよね。(先生の中には本当にすべて覚えている人もいて感心したりするのですが,どうも私は・・・・。)

 で,その極めつけが,町単位の学校だったりすると行われる成人式!(この時はその当時の主任,担任の先生が一緒に呼ばれちゃうんです)

 あちらは,自分を覚えていると思ってたくさん話しかけてくれるのですが,こっちはというと無難な話をしつつ,頭の中では「え〜っと,こいつ誰だっけ・・・・」こっちもあうことがわかっているので,前日に卒業アルバムを見て復習しているのですが,なにせ成長の激しい若者の上に女生徒はばっちり化粧し,男子生徒は茶髪で髪がぶっ飛んでいたりすると,こりゃわからんわい〜。確かコンピュータソフトで,顔を変形させたり,10年後の顔に老けさせたりするものがあったように思いますが,やっぱり現実の方が難しいです。今日の成人式では担任した生徒の名前まで間違っちゃって,悪いことをしました。(といっても3年の10月から産休の変わりに担任しちゃったからな〜といいつつ,いいわけにはならんか。)

 さて,次の成人式は3年後,今度は誰だっけと言わないでもすむように今から復習しておくか!

 

←前のページへ戻る   ホームへ   次のページへ→