第21回 泣いてもらいます

 私の勤務している学校では,いつも卒業式の最後に卒業記念合唱というものを入れています。これは式も後残り校歌だけという直前に3年生と在校生が合唱するというものです。答辞や送辞の後なので,すでに盛り上がった状態にいるのですが,トドメとしてこの合唱時に,教師が3年間集めていた生徒の活動の写真やビデオを編集したものをスクリーンに流すのが恒例になっています。

 そらもう,毎年のことですが,スクリーンを見ながら卒業生は歌っているのですから,特に3年生の女生徒などはメロメロになって歌うどころではなくなってしまいます。在校生などももらい泣きする生徒もいて,この時が盛り上がりが最高潮になってしまいます。

 ただ,今まではどうしてもHi8などのテープを更に編集,写真などは教材提示装置からVHSにとるわけで,非常に画質的には悪い状態でした。また,更にテープにそのまま編集していったものですから,後で見てここはやり直そうと思ったら,それ以降はすべて取り直しという過酷な作業でした。

 今回は私のVAIOを使い,アナログのテープはキャプチャーボードを使って取り込み,写真はスキャナーで取り込んだ画像をデジタルで編集しました。もちろんDV(デジタルビデオ)テープはそのまま取り込みました。

 編集ソフトもアドビの映像用ソフトを使ったものですから,編集はカットアンドペーストで簡単,画像の切り替えもいろいろなエフェクトを利用でき,ストーリーには目をつぶってもらったものの,画質的には非常に美しいビデオが編集できたと思っています。

 でも,やはり画像のデータは大きいですね。わずか7分ということでしたが,できあがったAVIファイルはなんと1.5ギガ(フロッピー1500枚分)です。ちなみに5年前に私が使っていたノートのハードディスクは1ギガで大きいな〜と喜んでいたのですから,なんともはや・・・・。

 しかし,その努力のかいもあって?今回のビデオもたくさんの卒業生が泣いてくれました。

 一度この編集の簡単さと,泣かす快感に浸ると,ついつい「やめられまへんな〜」と言わずにはおれないことがよくわかります。ということで,来年もがんばろっと!



←前のページへ戻る   ホームへ   次のページへ→