第16回 表計算

 表計算というソフト,本来は学校の仕事では欠かせないソフトなんですが,多くの人はこのソフトがコンピュータ購入時点から入っているにも関わらず,使っていない人が多いように思います。私は高校受検の調査書や願書などをVBAを使って組んでいたりするので,圧倒的に表計算を立ち上げていることが多いのですが,そのプログラムを除いてもやはり1番多いのは表計算だと思います。(その他はIE4かFIREWORKS3が多いかな)では,他の人はどうしているかというと,ワープロソフトを使って一生懸命表を作っていらっしゃる。で,もってコンピュータを前に一生懸命電卓を押して結果を打っているという姿をよく目にします。(目の前には20数万の電卓があるんですが・・・・・。)

 一度なんぞはコンピュータを購入されて2年ほどたった方のコンピュータが調子が悪いというので,見ていてたまたまエクセルを立ち上げたのですが,カイル君が今すぐ使いますか?と聞いてくる・・・。
(わからない人に説明するとエクセルの場合イルカのカイル君がヘルプになるんですが,初めてそのソフトを起動するときに出てくる言葉なんです。)2年間も閉じこめられていたんだね。うっ・・・かわいそうに。

 しかし,よくやく最近,みんなに表計算のエクセルいいよ〜いいよ〜というものですから,使っていただけるようになってきました。休み時間にいろいろ聞かれて説明するんですが,この前のコンピュータ研修のようにえ?そんなこともできるの?ということで,結構反応はよいようです。

 ただ,慣れない方はやはりワープロソフトを基本に考えてしまうようで,学期末の忙しいときに慣れない方が成績関係の大きなワークシートを何も考えずに印刷ボタンを押して,プリンターが何十枚も紙を吐き出すのを前に「あらら〜」と立ちつくしているのには参りました。できれば,一冊でもそのソフトの参考書になる本を一冊でも買っていただいて自分で研修していただければよいのですが,それについてはこれからぼちぼち考えていこうと思っています。

 私自身は今までロータス社の123,ジャストシステムの三四郎,マイクロソフトのエクセルと表計算ソフトを変えてきましたが,バグや仕様も含めてもやはりエクセルが一番使いやすいかな?と考えています。高校入試用のプログラムなんて本当はアクセスを使えば,もっと楽だと思うのだけど,普通にコンピュータを買った場合はアクセスはついていないし,先生方に著作権は守ってもらいたいので,あえてエクセルですべて作っています。他の学校で使っているアクセスってどうしてるんでしょうね。



←前のページへ戻る   ホームへ   次のページへ→