第9回 拡張子について

 拡張子って知っていますか?
 昔,MSDOSの頃,ファイルの名前はOSの制限で半角で8文字以内しか使えませんでした。 そして,その後に「.」(ピリオド)がついて,最後に拡張子と呼ばれる3文字がつきます。 この後ろの3文字によってOSはこのファイルが何のソフトで使われるかを判断していました。 これについては今のWindows系のOSは同じです。つまりOSはファイルの中身を見ないでファイル名の 後ろ3文字だけで判断しているわけですね。なお,ファイル名が長くなったとはいっても,制限はあります。最高拡張子まで入れて256文字だったと思います。

拡張子の変更

 ちなみに本当かどうか確認してみましょう。右側のアニメーションはワードで作った文章をエクスプローラーで拡張子だけを変更してみました。結果は絵を見れば一目瞭然。中身は変わっていないのに,アイコンがワードからエクセルに変わってしまいましたね。
 つまりWINDOWSが拡張子3文字だけをみているのがよくわかります。もちろんこれをエクセルで読み込もうとしてもまともに読むことはできません。


 では代表的なソフトが作る拡張子を見てみましょう。


代表的なソフトの拡張子
分類製品名拡張子名説明
ワープロワードDOCマイクロソフトのワープロ拡張子がDOCのため,以前からドキュメントという意味で使っていた拡張子とぶつかり,いろいろと物議をかもしだした。
一太郎JTD日本のジャストシステムのワープロ。
バージョンによっていろいろな形式があるが(JXW,JSW,JAW,JBX)基本的には上位互換でバージョンの大きい物は以前のファイルを読むことができます。
表計算エクセルXLS表計算では超有名なマイクロソフトの製品。
最近はVBAで高度なプログラミングもできる。しかし,逆にこれがわざわいして,いろいろなウィルス(laroux)も制作され,被害も大きい。
LOTUS123123DOSでは有名だったロータス123。
Windows版ではエクセルに押されているが,未だに根強い人気もある。
プレゼンテーションパワーポイントPPTいわゆる紙芝居のように企画のプレゼンテーションなどに利用される。
データベースアクセスMBDマイクロソフトのデータベース。
よくできているが,奥もなかなか深い。


さまざまなソフトで利用できるデータ形式の拡張子
分類形式名拡張子名説明
テキスト文章テキスト形式TXTワープロソフトなら間違いなく読める。ただし,文字の大きさやフォントのデータは入っていない。この形式ならマックともデータ受け渡しは簡単である。
画像関係JPG形式画像データJPGフルカラーで圧縮ができるため,写真などの画像を保存するのに利用される。ただし,圧縮しすぎると画像の劣化も激しい。
GIF形式画像データGIF256色の画像データ。デザイン的な色数の少ないデータに利用される。データ形式によっては(アニメーションGIF)パラパラアニメのような表現ができる。
PNG形式画像データPNGGIFの代わりとして開発されたデータ形式。フルカラーで劣化はないが,アニメーションはできない。
BMP形式画像データBMP一般的な画像ソフトで利用される。ペイントブラシもこの形式。ただし,フルカラーなのでサイズは大きい
インターネット用データHTML形式html,htmWWWブラウザでみます。基本的にはテキスト文章にタグと言われる物が入っているだけなので,メモ帳でも読むことができる。
音声データWAVE形式WAVWindowsで標準のサウンド形式。圧縮していないとサイズは大きい
映像データAVI形式AVIWindowsで標準のビデオ形式。
圧縮データLZH形式LZH日本制の圧縮形式 日本では一番普及している。
ZIP形式ZIP外国製の圧縮形式
CAB形式CABマイクロソフトが作ったもので,主にWindows関連のファイルを圧縮していることが多い。
バックアップデータ BAKいろいろなソフトがバックアップのためにつくるファイル。拡張子をそのソフト用の拡張子に直せば読み込むことができる。
テンポラリーファイル TMP,TEMPいろいろなソフトが作業用にテンポラリーファイルを作りますが,それが残ってしまったもの。WindowsのOS自身もこれを作ります。



拡張子の表示

 さて,すべてを覚える必要もありませんが,自分がよく使っている拡張子ぐらいは知っておきましょう。また,そのソフトがどのようなバックアップファイルを作るか知っておくと,文章作成中にWindowsが動かなくなっていても設定によっては数分前のデータがバックアップデータという形で残っている場合があります。なお,最初の状態ではWindowsは拡張子を見せない設定になっているので,【表示】メニューの 【フォルダ オプション】【表示】で,【登録されているファイルの拡張子は表示しない】のチェックをはずすと見えるようになっています。通常は操作ミスを無くすためにチェックが入っているので,必要性のあるなし,で設定を変更しましょう。

 また,いろいろなソフトをインストールすると,今まで○○ソフトが起動していたのに,△△ソフトが起動してしまうという人には次のような操作で起動するプログラムを変更することができます。

ファイルを開くときに起動するプログラムを変更する方法

  1. マイ コンピュータもしくはエクスプローラの【表示】メニューの 【フォルダ オプション】をクリック
  2. 【ファイル タイプ】というタブをクリック
  3. 【登録されているファイル タイプ】という所で,自分が必要な目的のファイルタイプをクリック
  4. 【編集】をクリック
  5. 【アクション】のボックスで、【open】をクリック
  6. 【編集】をクリック
  7. この拡張子が付いているファイルを開くときに使うプログラムを参照で探して【OK】をクリック
これで関連づけを変更することができます。なお,この時にアイコンを変更することもできます。

GOHOME