Welcome to Utopia Homepage !  This site is Japanese only !
子供たちへ

ホーム いじめ問題の研究 意見や感想の紹介 アンケートに協力 作者へのメール 掲示板 子供たちへ リンク プロフィール

ここには、私が感動した話を載せていきたいと思います。かけがえのない命の大切さや、海よりも深い親子の愛情など、感動的な内容にしたいです。みなさん方からのご推薦もお待ちしています。
  「花になって母の元に」   息子への思い童話に切々と
hirokun.gif (4973 バイト) 四人の犠牲者と六十三人の患者を出した和歌山市の毒物カレー事件で、小学四年生の長男大貴(ひろたか)君(10)を失った母親、林 有加さん(37)がこのほど、息子への思いを「彼岸花」(ヒガンバナ)と題する童話にまとめた。十歳で亡くなった少年が母に会うため、花の姿を借りて人間界に舞い戻る物語だ。
 事件後、ショックで寝込むことが多かった有加さんは、ラジオ局が短編童話を募集しているのを知り、応募した。
 心の傷はいえないが「大貴を心配させないために、何かを始めなくては」との思いで、大貴君の勉強机で書き上げた。行間に母親の切なさがにじんでいる。(以上は新聞記事より)

 朝学校に行き、いつものように職員朝会をしていると、本校の養護教諭が、「わたしは今朝の新聞を読んで泣いてしまいました」とこの記事を紹介してくれました。普段はあまり新聞を読まない私ですが、思わず目頭が熱くなってしまいました。早速その日の学活の時間に生徒たちに読ませてみると、何人もの生徒たちが鼻をすすっていました。下手に私が親子の愛など語るより、十分効果があったように思います。
 老若男女、古今東西、親子の愛は永遠だと実感しました。

子供たちへ 「君のいじめているその子のことを、親はこれほど思っているんだよ」

「彼 岸 花」    林 有加作   (全文 原文のまま)

 ある年の七月、十才の少年の命の灯が消え、ひとつの魂が生まれました。
 短かい命から生まれた小さな小さな魂でした。その小さな魂は、母が恋しくて、神に、もう一度だけ母に会わせてほしいと頼みました。
 神は、その純心無垢な魂を不憫に思い、願いを聞き入れてくれました。
 そして、神は、こう言いました。
 「一日だけ、おまえを人間界にもどしてあげよう。ただし、人間の姿では、もどれない。母が、おまえの姿を見つけ、母の声を聞くことが出来たなら、いつか再び、親子として人間界に生まれかわることを許そう。しかし、母の声を聞くことが出来なかった時には、魂は、消えてなくなってしまうが、それでもよいか?…」
 小さな魂は、九月半ば、母との思い出深い彼岸花の姿をかりて、母の住む家の近くの土手に、ひっそりと咲きました。
 なつかしい家の窓には、悲しげに外を眺める母の姿がありました。
 精一杯、健気に咲く一本の赤い彼岸花に目がとまったのでしょう。しばらくすると、母は、引き寄せられるかのように、ゆっくりと土手の方に近づいてきました。
 そして、母は、彼岸花に顔を近づけ、語りかけました。
 「もう、彼岸花の季節になったのね…。ひろくんは、いつも、お母さんのために、このお花を摘んできてくれたよね。ありがとう。」
 母の目から涙がこぼれ落ち、声にならない声をふりしぼって言いました。
「ひろくん、おかえりなさい。」
そう言って、花をやさしく手で包み込みました。
 なつかしい母の声とぬくもりでした。
 その母のやさしい声を聞くことが出来た瞬間、<お母さん、ただいま! いつかまた、きっと、お母さんの子どもに生まれてくるからね。ありがとう、お母さん!>
 彼岸花は、母の言葉と、いく粒もの涙を花びらで受けとめ、ひとすじの光となり、空に昇っていきました。
 母は、空を見上げ、いつまでも祈りつづけました。

(1998年10月22日付徳島新聞より)

 

Copyright © 1996 - 2002 Satoru Daibata. All rights reserved.
satoru@niji.or.jp