Welcome to Utopia Homepage !  This site is Japanese only !
資料室

ホーム 戻る いじめ問題の研究 意見や感想の紹介 アンケートに協力 作者へのメール 掲示板 子供たちへ リンク プロフィール

No.1 いじめを苦に自殺した愛知県西尾市立東部中二年、大河内清輝君(13)が書き残した遺書全文。(お父さんの手記はこちら

 いつも4人の人(名前が出せれなくてスミマせん。)にお金をとられてしまいました。そして、今日、もっていくお金がどうしてもみつからなかったし、これから生きていても…。だから…。また、みんなといっしょに幸せに、くらしたいです。しくしく!
 小学校6年生ぐらいからすこしだけいじめられ始めて、中1になったらハードになって、お金をとられるようになった。中2になったら、もっとはげしくなって、休みの前にはいつも多いときで60000、少ないときでも30000〜40000、このごろでも40000。そして17日にもまた40000ようきゅうされました。だから……。でも、僕がことわっていればこんなことには、ならなかったんだよね。スミマせん。
 もっと生きたかったけど…。家にいるときがいちばんたのしかった。いろんな所に、旅行につれていってもらえたし、何一つ不満はなかった。けど…。
 あ、そうそう!お金をとられた原因は、友達が僕の家に遊びにきたことが原因。いろんなところをいじって、お金の場所をみつけると、とって、遊べなくなったので、とってこいってこうなった。
 オーストラリア旅行。とても楽しかったね。あ、そーいえば、何で、奴らのいいなりになったか?それは、川でのできごとがきっかけ。川につれていかれて、何をするかと思ったら、いきなり顔をドボン。とても苦しいので、手をギュッとひねって、助けをあげたら、また、ドボン。こんなことが4回ぐらい?あった。特にひどかったのが、矢作川。深い所は、水深5〜6mぐらいありそう。図1<図は省略>みたいになっている。
 ここで矢印(A)につれていかれて、おぼれさせられて、矢印の方向へ泳いで、逃げたら、足をつかまれてまた、ドボン。しかも足がつかないから、とても恐怖をかんじた。それ以来、残念でしたが、いいなりになりました。あと、ちょっとひどいこととしては、授業中、てをあげるなとか、テストきかん中もあそんだとかそこらへんです。
 家族のみんなへ
 14年間、本当にありがとうございました。僕は、旅立ちます。
 でもいつか必ずあえる日がきます。その時には、また、楽しくくらしましょう。お金の件は、本当にすみませんでした。働いて必ずかえそうと思いましたが、その夢もここで終わってしまいました。
 そして、僕からお金をとっていた人たちを責めないで下さい。
 僕が素直に差し出してしまったからいけないのです。しかも、お母さんのお金の2万円を僕は、使ってしまいました(でも、一万円は、和子さんからもらったお年玉で、バッグの底に入れておきました)
 まだ、やりたいことがたくさんあったけれど、……。本当にすみません。いつも、心配をかけさせ、ワガママだし、育てるのにも苦労がかかったと思います。おばあちゃん、長生きして下さい。お父さん、オーストラリア旅行をありがとう。お母さん、おいしいご飯をありがとう。お兄ちゃん、昔から迷惑をかけてスミマせん。洋典、ワガママばかりいっちゃダメだよ。また、あえるといいですね。
 最期に、お父さんの財布がなくなったといっていたけれど、2回目は、本当に知りません。
 see you again
 いつもいつも使いばしりにもされていた。それに、自分にははずかしくてできないことをやらされたときもあった。そして、強せい的に、髪をそめられたことも。でも、お父さんは僕が自分でやったと思っていたので、ちょっとつらかった。そして20日もまた金をようきゅうされて、つらかった。あと、もっともつらかったのは、僕のへやにいるときに彼らがお母さんのネックレスなどを盗んでいることを知ったときは、とてもショックだった。 あと、お金もとっていることも…。
 自殺した理由は今日も、40000とられたからです。そしてお金がなくて、「とってこれませんでした」っていっても、いじめられて、もう一回とってこいっていわれるだけだからです。そして、もっていかなかったら、ある1人にけられました。そして、そいつに「明日『12万円』もってこい」なんていわれました。そんな大金はらえるわけありません。それにおばあちゃんからもらった、1000円も、トコヤ代も全て、かれらにとられたのです。そして、トコヤは自分でやりました。とてもつらかったでした。(23日) また今日も、一万円とられました(24日) そして今日は、2万円もとられ、明日も4万円ようきゅうされました(25日) あと、いつも、朝はやくでるのも、いつもお茶をもっていくのも、彼らのため、本当に何もかもがいやでした。
 なぜ、もっと早く死ななかったかというと、家族の人が優しく接してくれたからです。学校のことなど、すぐ、忘れることができました。けれど、このごろになってどんどんいじめがハードになり、しかも、お金もぜんぜんないのに、たくさんだせ、といわれます。もう、たまりません。最期も、ご迷惑をかけてすみません。忠告どおり、死なせてもらいます。でも、自分のせいにされて、自分が使ったのでもないのに、たたかれたり、けられたりって、つらいですね。
 僕は、もう、この世からいません。お金もへる心配もありません。一人分食費がへりました。お母さんは、朝、ゆっくりねれるようになります。ようすけも勉強に集中できます。いつもじゃまばかりしてすみませんでした。しんで、おわびいたします。 あ、まだ、いいたいことがありました。どれだけ使い走りにさせられたかわかりますか。なんと、自転車で、しかも風が強い日に、上羽角から、エルエルまで、たしか1時間でいってこいっていわれたときもありました。あの日はたしかじゅくがあったと思いました。あと、ちょくちょく夜でていったり、帰りがいつもより、おそいとき、そういう日はある2人のために、じゅくについていっているのです。そして今では「パシリ1号」とか呼ばれています。あと、遠くへ遊びにいくとかいって、と中で僕が返ってきたってケースもありませんでしたか。 それは、金をもっととってこいっていわれたからです。 あと、僕は、他にいじめられている人よりも不幸だと思います。それは、なぜかというと、まず、人数が4人でした。だから、1万円も4万円になってしまうのです。しかもその中の3人は、すぐ、なぐったりしてきます。あと、とられるお金のたんいが1ケタ多いと思います。これが僕にとって、とてもつらいものでした これがなければいつまでも幸せで生きていけたのにと思います。 テレビで自殺した人のやつを見ると、なんで、あんなちょっとしか、とられてないんだろうっていつも思います。最後に、おばあちゃん、本当にもうしわけありませんでした。
 【以下の文章は、遺書を入れた封筒の裏側に書き込んであった】
 お金をとられはじめたのは、1年生の2学期ぐらいから。 お母さんは、昔、教会につれていくっていってたこともあったよね。あのときは、とてもいきたかった。 (つけたし)日曜日もまた、2万円と1万円をようきゅうされました。そういえば、なぜ、ぼくが今度お金をとったら「しせつにいく」といったか。それは、そっちの方が幸せだと思ったから。いつも、彼らから、遊ぼっていうんだ。そして、いかないと…… 次の日にたくさんのお金をとられちゃうんだ。だからテスト週間でもあそばないといけなかったんだ。1年生のころは、彼らも、先輩につかまっていたから、勉強もできた。

No.2 1995年12月6日、クラスメイトによるいじめを苦に自殺した千葉県香取郡神崎町立神崎中2年、鈴木照美さんの遺書(全文)。

12月8日、家族が公表。固有名詞は伏せてあります。
 私はクラスの男の子にいじめられていた。その人たちの名前は○○・○○・○○、口のいじめだった。でも私はがまんした。けど、だんだんひどくなっていく。少し学校を休んだ。でも休んでいるうちにもっと行きたくなくなっていた。ある日先生にうちあけた。そして先生は3人を前にしてあやませる。でも私は、あやまられてもこまる。なぜならゆるすきは全くないから、でもあやまられたから、少しはゆるすきになった、だけど○○は“オレたちべつになんにもしてないのにただ口でわるくちいったら先生にちくったんだぜ”っていっていた。私はゆるすきだったけど先生の前だからあやまったんだと思った。でもがまんした。まけてはいけないと自分にいいきかせた。夏休みが終わって、学校に行ったら女のみんなが“かみの毛そめた?”とか“そめたでしょ”とかいってきて私はイヤだった。でもがまんした。それは私のせきにん、ストレートパーマをかけていたんだから、自分でかけていたませちゃったんだからって私はがまんした。ある日の帰りの会のとき、私のとなりの○○と前の○○が“テルミかみそめてるならそめてるっていいなよ”っていってきた、でも私はそめてるわけじゃないから“ドライヤーとかイオンとかストレートパーマをかけたからいたんだんだよ”っていったら○○が“私もやってるけどそんなに茶色くならない”っていって、それで私はこう思った。○○は私がそめてるっていうまで、うそをついてもいいとかっていってる。
 きっと私をいじめたいにちがいない。それにみんな○○のこときらっている転校してきたときもそうだった みんなが“○○ってうそつきだから友だちにならない方がいいよ”って、でも私はうそをつかれたおぼえもないし○○をしんじた。だけど今、わかった。
 私はこんなつらい思いをしてまで神崎中にいたくない。2Aの人みんなきらいだ。私はまだ、思いのこしたものがいっぱいある。高校にも行きたかった。仲よしの○○ちゃんと○○と3人でくらしていきたかった。ちゃんとした仕事にも入りたかったでも私はまだ中2、中3まで神崎中ではくらしていけない。
    いままでめんどうをみてくれたみんな
私は死にます。さようなら
                    スズキ、テルミ
 写真はどちらかをつかってください。さいごのおねがい。

No.3 新潟県上越市立春日中1年、伊藤 準君の遺書全文 (1995年11月28日公表)固有名詞は伏せています。

 家族の皆様、さきだつ僕をおゆるし下さい。僕はお父さんにおこられて家にこなくなった〇〇君、〇〇君、〇〇君、他に〇〇君、〇〇君に学校でいじめられていました。みんなたった1日で態度がかわり、皆、僕を無視しはじめました。
 そうじの時間はトイレで服をぬがされたり、水をかけられたりしました。いたずら電話もよくありました。僕がでると受話器をとったとたんきれてしまいました。またお金のふんしつはしょっちゅうありました。五百円玉を2枚持っていくと、帰りには1枚になっています。このようなことが続き、今では五千円近くうばいとられました。まだまだありますが、僕はもうがまんができなくなりました。
 学校へ行っても友達はいますがその友達に僕を無視させたりしていそうでとてもこわいのです。生きているのがこわいのです。あいつらは僕の人生そのものをうばっていきました。僕は生きて行くのがいやになったので死なせて下さい。それからお父さん。自転車買ってくれて本当にありがとうございました。まだ一週間も乗っていないけど本当に感謝しています。自転車は〇〇ちゃんにでもやって下さい。
 あいつらは〇〇君やいろんな人をいじめていました。〇〇などはまだその、いやそれがどれほど悪い事なのか分かっていないようで僕がぎせいになります。僕のまだきれるコートや服は〇〇ちゃんや〇〇ちゃん、〇〇君などにあげて下さい。僕の物なんかとっていてもしかたがないのでそうして下さい。バスケットボードは〇〇君にあげて下さい。家族の皆さん、長い間どうもありがとうございました。
 平成7年11月23日
春日中一年五組三番 伊藤 準

No.4 福岡県城島中学3年、大沢 秀猛君(1996年1月23日自殺)遺書全文 1996年1月24日、両親が公表。

(文中の実名は仮名にしました)
 お父さん、お母さんごめんなさい。
 僕がこの町にきて中1の初めの日にA君に後ろからつつかれたり蹴られたりされて、ついおこって「いいかげんにしろ」と言ったそしたら泣かされた。その日からずっと1年間泣かされつづけた。何回か先生に言ったらA君もおこったが、僕が口が悪いと言われた。そして、2年になって口の悪いやつがいてそいつがいってもないことをいつもB君言いつけなぐられつづけた。
 3年になり1学期は、なにもおこらなかったのでことしは、なにもないだろうと思っていたら2学期の初めの日にC君につよい人がおまえに「スーパーファミコンをもってこい」と言ってきた。初めは、にげまわっていたがスーパーファミコンぐらいいいと思いわたした。そしてこんどは、お金をようきゅうされ初めは、わたさなかったが、「うでをおるぞ」と言われてわたしてしまった。そしてずっとお金をとられつづけている。いま30万円ぐらいとられている。またお金をようきゅうされた。しかしそのお金がないので死にます。

No.5 清輝君のお父さんの手記。「心の中へ...冒険の旅」より。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mindbook/

 

清輝と同じ人に言えない苦しみを持っている子供達へ

清輝のお父さんより

今,私は清輝がなぜあんなに苦しみ悩みつらくてしかたがないのに,一

人で心の中に閉じ込めてしまったのかをずっと考えています。

今,清輝の悲しい出来事で,学校の先生をはじめいろんな所でいろんな

事をしようとしています。

しかし これは 君達のつらさを本当にわかっているのだろうか,助けてや

れるのだろうかと悩んでいます。それは君達の本当の気持ちをわかって

やっているのだろうかとの疑問からです。清輝が何を思っていたか...

僕にも弱い所があった。だからそれをいうのは恥ずかしい。

 

お父さんお母さんに言っても本当に助けて,守ってくれるだろうか。

言ったらクラスの子や先生はどう思うだろうか...

そんな事をいろいろと私は考えています。

 

今,私はできれば清輝についていきたい。

清輝もやっと背が大きくなってきたなぁ,これならお父さんをすぐ追い

こしてくれるなぁ...

その彼がいなくなった悲しみは君達ならわかってくれると思います。

今,清輝の事が国中で話題にされ,大きな事をしたと慰めてくれる人も

いますが,私は彼が何もしないでも,何もできなくても,ここに一緒に

いてくれる方がよっぽどうれしい。

まだいろんな事をしたい,おばあちゃん長生きして下さい,おじいちゃ

んありがとうといいのこすなら なぜ こんな事をしたのか。誰も心の中で

は良い事をしたとは思っていないよ,と叱ってやりたい。

このくやしい,悲しい気持ちをわかってもらえるだろうか。

君達が僕も清輝君の様になにかをのこして皆にわかってもらおうと思っ

たら,それはとんでもない間違いです。

つらさにじっと耐えている君達ならわかってくれると思いますが,同じ

苦しみ,いやもっと大きいつらさをお父さん,お母さん,おじいちゃん,

おばあちゃん,兄弟,友達に残すことになるんです。

君達はもっと大きくなれるんです。

この苦しさをなんとか乗り越えて欲しいという願いで一杯です。

今こうして書いている間も清輝の本当の気持ちが,いつわかってやれる

だろうかと思っています。

おじさんのこの悲しさ やりきれない気持ちを少しでもわかってくれたな

ら,誰にでもいいから君達の苦しさを話して欲しい。

おじさんのこの苦しさを少しでも助けてやろうという気持ちがあれば手

紙で今の気持ちを,なぜ人に言えないのかを教えて下さい。

 

〒445  西尾市小島町川田三  

大河内 祥晴

 

Copyright © 1996 - 2002 Satoru Daibata. All rights reserved.
satoru@niji.or.jp