第3話

そんなわけで我々は恐怖の陸橋を越える事に見事成功して、
川に沿ってさらに奥へと進んで行ったのであった!!

ここら辺で、としりん(1号)が前述のファミリーマートで購入した明治のコーヒー牛乳
を飲み始めたのだが、このコーヒー牛乳は500mmのパック仕様であったため、
自転車のカゴに積んで走っていたところ・・・見事にこぼれ、
カバンがコーヒーまみれになってしまった・・・・・。

やっぱり自転車の旅にはペットボトルだねぇ〜とシミジミと思う
としりん(1号)であった・・・・・。
みなさんも今後の参考にしていただきたい!
私の失敗が無駄にならないように・・・。


そんなわけで自転車の方はというと、川沿いに走っております!
天気の方も素晴らしく本当に気持ちがよかったぁ!!


この写真!実はかなり危険な所に立って
いるんだなぁ〜!!(汗)
カゴに入れておいたコーヒーがこぼれて
少し気分を害しているとしりんです。

この後落っこちたら大笑いだったのだけど、
残念なことに無事に降りることができました。

川の方も第1話あたりの川とはだいぶ様子
が違うでしょ??
おいらはこんな姿の川が好きです!
なんかさぁ・・・小川って好きなんだよね!(爆


ちなみにこの辺は閑散とした住宅地で、ときおり畑が見られるなど
実にのどかなところでした!お茶畑とかもあったっけなぁ・・・。
しかし・・我々は住宅地やお茶畑よりも、もっとすごいものを発見したのである!!



「池だよとしりん!!」

そう指差すかご(2号)の指先には確かに
池っぽい風景が広がっている!!
写真ではただたんに川幅が少し広くなってる
ようにしか見えないかもしれないけど、
確かに池であったのである!
我々が池と言ったら何がなんでも池である!
(そういうことにしておいて〜!!)

住宅地に突如として姿を見せたこの池を・・・
第1発見者の名前を取って「かご池」と命名
したのであった・・・・。(爆死)



みんなも「かご池」に行きたい??かごファンだったら一度は行かないとねぇ〜(笑)

まぁ〜行っても全然おもしろくもなんともないけど・・・。(爆)
あと・・・もし行くのであったら地元の人に「かご池ってどこですか?」なんて聞いてはいけない。
むやみに人を悩ませてはいけないからである!!
なぜなら・・「かご池」どこですか??なんて聞いても、正しく教えて上げられるは
日本広しといえども、我々二人のみであろう・・・・・・・。



どんどんいろいろな姿を見せる空堀川!
ここで北の方から川が一つ合流するのであった。
画面右から流れ込んでいる川が流れ込んできた
支流なのであるが、名称は不明である・・・・。
( ̄ー ̄)ニヤリ
そこで我々は第1発見者の名前を取って
「かご川」と命名したのであった・・・。(爆死)
もちろん地元の人に「かご川」どこですか??
なんて聞いてはいけない・・・・!!
なぜなら・・「かご川」どこですか??なんて聞いても
(以下略)


ちょうどこの地点で我々は旧青梅街道に行きたいという車のご婦人に声をかけられた!
かご(2号)が懇切丁寧に教えていたのだが、その時としりん(1号)は橋の上にあった巨大な
クモの巣の破壊工作中であった・・・・・。
「けっこう面白いんだよ・・・・」と、としりん(1号)は言うが、クモにとってはいい迷惑である!

あとで聞いた話だが、てっきり自身満々に教えていたかに思えたかご(2号)であったが、
実は結構適当に教えていたようである!(爆)
まぁ〜交差点名を一つ間違えただけで、おそらくあのご婦人は無事に旧青梅街道に行くことが
できたであろう・・・・・・。

任務遂行中に市民のみなさまへの奉仕・・・・。
チャリダーの懐の深さをご覧いただけたかな???
クモの巣との格闘はどうでもいいのだけどね!





前ページへ    チャリダーTOPへ    次のページへ