第1話


さぁ〜いよいよ出発なのじゃ!

参考までに説明を補足すると、空堀川というのは東京都武蔵村山市に端を発する
全長15Kmほどの、都の1級河川である!!
下流は所沢市を流れる柳瀬川という川に合流し、さらにその下流では
新河岸川という川に流れ込み、その後は荒川や隅田川となり都心を経て
海に注ぐことになるのである!!
流域に清瀬市という市があるのだが、その名前の由来は
柳瀬川の清流からついたというほどであったのだが、
昭和の高度成長に伴い流域の都市化が進み、水質が悪化した。
空堀川、柳瀬川ともに「となりのととろ」で有名な狭山丘陵を水源とし
そこから僅か十数キロしか離れていないにもかかわらず
水質汚染が進んだ河川として有名になってしまった・・・。

しかし・・公共下水道の普及により現在ではかなり浄化がすすんでいる。

左の写真は我々のスタート地点の久米川という
ところを流れる空堀川なのだが、ご覧の通り
かなり綺麗である!!空堀川の悪名だけ聞いて
きたとしりん(1号)としては、少々物足りなさを
感じてしまうほどの清流であった・・・。(爆)

としりん 〉「これなら家の近くを流れる真間川の
       方が全然汚いわ・・・・(汗)」


しかし川が綺麗なのは良い事である!!
我々は決意を固め、上流に向けて走りだした。


余談だが、前述の真間川の恐ろしさは語り尽くせない・・・・。
昔としりんが化学の実験のために真間川の水を採取したことがあった・・・。
その時はSUNTORYの”デカビタC”という飲み物のビンに紐をくくりつけ
採取したのだが・・・・、恐ろしいことに一度ビンで水を採取しただけで、
その中にはおびただしい数のミジンコ(っぽい虫)が入っていたのである!(汗)

としりんが・・・その後数ヶ月”デカビタC”を飲めなくなったのは言うまでも無い・・・。
(デカビタCはビタミンがたくさん取れ、爽やかで大変おいしい飲み物ですよ!!!)



「としりんさぁ・・・・来るの遅いんだよねぇ・・・。」

この日・・・朝10時には久米川に行く!!
・・・・とか言いながら、見事に寝坊して
結局としりんが到着したのは13時を過ぎて
いたのだった・・・・・。

やれやれ・・・先が思いやられるぜ!・・・と
思いつつ、川の流れにふと飛びこみたくなる
衝動に必死に耐えるかご(2号)であった・
・。
このやる気満点のポーズ!!
遅刻したことも綺麗さっぱり忘れ(爆死)
意味不明のポーズを川に向けてアピール
するとしりん(1号)・・・・・・。
寝坊の反省の色、まぁ〜ったくなし!!

しかし・・・・・本当に探検する気があるのか?
という怪しい服装で来たとしりん・・・・。
やる気があるのは帽子とサングラス・・・
だけなのか??(それもどこか違う気が・・)

ちなみにこのポーズで川に対する挑戦状を
叩き付けているのだという・・・(としりん談)


そんなわけで・・・いよいよ上流に向けて出発だぁ〜〜〜\(^0^)/


チャリダーTOP    次のページへ