Nouma Elementary School 小豆島町立苗羽小学校
トップページ 学校の紹介 今月の行事予定 学校だより
苗っ子ニュース 26年度3学期

3月24日(火) 離任式
お世話になった先生方の離任式が行われました。今年度は,2人の先生が退職,2人の先生が転任されることになりました。新たな場所でご活躍されることをお祈りしています。

3月19日(木) 卒業証書授与式
体育館で保護者,来賓,在校生,職員が見守るなか,卒業証書授与式が行われました。今年度は,15名の卒業生が苗羽小学校を巣立ちました。式では,卒業生の思いと在校生の思いが響き合い,卒業生は,母校である苗羽小学校との別れを惜しみながら,新しい第一歩を踏み出しました。

3月18日(水) 卒業制作披露
体育館で6年生が,1〜5年生に卒業制作を披露しました。今年度は,児童会キャラクター「ミュージックオリーブ君」「ボランティアオリーブ君」「あいさつオリーブ君」をぬいぐるみにしました。これは,音楽に親しみ,進んでボランティア活動やあいさつ運動に取り組み,明るく楽しい学校をつくってほしいという願いをもって,6年生が作りました。
全校生を代表して新児童会役員が,6年生からぬいぐるみをもらいました。そして,新児童会役員は「6年生の想いを引き継ぐとともに,ぬいぐるみも大事にします。」という決意を述べました。

3月4日(水) 京都大学生との交流会
京都大学アメリカンフットボール部の方々が苗羽小学校に来て,全校生と交流を深めました。初めに,6年生が苗羽小学校の紹介を大学生に行い,大学生からは学ぶ意味について話をしてくれました。その後は,小学生から大学生への質問タイムを設け,時間いっぱい質問が途切れることがないほど,小学生は大学生に関心をもっていました。次に,学年団に分かれ,運動を通して大学生と交流しました。1,2年生は「しっぽとり」を行い,3,4年生は「ドッジボールや鬼ごっこ」を行い,5,6年生は「フラッグフットボール」を行いました。大学生の速さ,力強さに歓声が上がっていました。そして,最後に,各教室で大学生と給食を食べました。ここでも,進んで大学生に質問をする積極的な姿が見られました。

2月27日(金) 朝のボランティア活動
環境委員会の呼びかけにより,登校後7:40〜7:50の10分間,朝のボランティア活動を行っています。正門,苗っ子動物園周辺やピロティの掃除や草抜き,傘立ての整理整頓など,全校生が気持ちよく1日をスタートできる環境作りを目指して取り組んでいます。
毎日数名ではありますが,参加している児童がいます。参加した児童を昼の放送でお知らせし,ボランティアの輪が広がっていくことを目指しています。

2月26日(木) 全校代表委員会
第2回全校代表委員会が行われました。議題は「アルミ缶回収で貯まったお金の使い道について」でした。苗羽小学校では,児童会がアルミ缶回収を全校生に呼びかけ,毎週金曜日に家庭からアルミ缶を持ってきてくれています。この活動を通して児童は「捨てればごみ。リサイクルすれば資源。」を学ぶことができています。各学年,各委員会から,今,どんなものが学校に必要か提案してもらいました。そして,提案されたものの中から,各学年で優先順位を付けました。
その結果,第1位がスポンジボール。第2位がオセロ。第3位が校旗と桜の苗木でした。この全校代表委員会を通して,児童は,ますます苗羽小学校を自分達の手でよりよくしていこうとする態度が育つことと思います。

2月26日(木) なわとび大会
23日(月)と26日(木)に,苗羽小学校運動場でなわとび大会が行われました。体育委員会の司会のもと,大会が始まり,今年度から保護者の方も応援してくださり,応援にも熱が入りました。23日は,全校生で前跳びに挑戦しました。各学年の目標タイムまで跳び続けようと,頑張る苗っ子。今年度は,12人が目標タイムを達成することができました。26日は,個人で選んだ跳び方に分かれて歴代記録に挑戦しました。今年度は,6つの種目で歴代記録を更新することができました。これからも,なわとびの練習を通し,たくましい心身を育てていきます。

2月17日(火) 児童会役員候補者決意発表,投票,任命,引き継ぎ式
児童会役員候補者決意発表と投票がありました。6人の候補者からは「あいさつが響き合う明るい学校にしたい。」「みんながなかよく楽しい学校にしたい。」等の思いを全校生に投げかけました。一方,6人の思いを聞いた全校生は,この人といっしょなら「思い 考え 音楽が響き合う 楽しい学校」をつくることができそうだと思った人を選びました。投票の結果は,19日(木)に発表され,6人全員が新児童会役員に選ばれました。これからも,楽しい苗羽小学校をつくるために知恵を出し合い,全校生と力を合わせてくれることでしょう。

2月13日(金) 不審者対応訓練
2階の廊下に不審者が現れたということで,4〜6年生は1階の図書室に,1〜3年生は自分の教室に避難する訓練をしました。警察の人が不審者役をしてくださり,みんなも真剣に動いていました。今回は施錠して教室に待機ということで実際に起こった場合を想定した避難訓練となりました。その後,体育館で警察の方からお話を聞き,身を守るためには何が大切なことかを学びました。

2月12日(木) 生活目標
毎月の生活目標を受けて,各学級でがんばることを具体的に決め,取り組んでいます。月末には,各自,「望ましい苗っ子の姿10項目」とともに,生活目標について振り返りを行っています。できるようになったことや友達のためにがんばったこと,次にやりたいことを学級で話し合い,今年は,全校生みんなで,もこもこの羊を作っています。みんなのがんばりで,もこもこいっぱいの可愛い羊にしましょう。

2月7日(土) 苗っ子フェスティバル 

一年間の学習の成果を披露する,苗っ子フェスティバルが開催されました。午前の部では,それぞれの学年が生活科・総合的な学習の時間に学んだことの発表を行いました。午後の部は,毎年音楽会を行っています。各学年の発表,和楽器クラブや音楽部の発表,全校合唱と,今年も盛りだくさんのプログラムでした。学年によって使う楽器や演奏の仕方が違ったり,子どもたちが演出を考えたりと工夫が見られました。また,音楽部『ウエスト・サイド・ストーリー』の演奏では,全校生が「マンボ!」と声を合わせたり,体でリズムを感じたりするなど,「音楽が響き合う学校」そのものでした。


2月2日(月) 1年生 生活科のポップコーン作り
1年生の生活科の学習では,学校を探検して学校のひみつを探しました。それから,なかよしの先生や友達を増やしたり,いきものを飼って育ててみたりもしました。自然のものを集めて,おもちゃを作り,自然や人とたくさん触れ合ってきました。そして,音楽部の指導に来ていただいている先生からもらったポップコーン用のとうもろこしを,種から育てました。オリーブオイルとバターで炒って,ポップコーンを作って食べたのがとても楽しい経験になりました。

1月29日(木) 全校保健指導 
保健委員会による全校保健指導が行われました。かぜやインフルエンザが流行しているため,@咳やくしゃみでウイルスがとびちる距離 Aマスクの付け方 B体温計の正しい測り方 B予防方法 C室内の湿度についてのクイズをしました。全校生にかぜやインフルエンザに関する正しい知識を知ってもらえるように発表することができました。2・3月は全校生元気に過ごしたいと思います。

1月29日(木) 和楽器クラブ
和楽器クラブは,今年度4年生2人,5年生2人,6年生2人の計6人で和琴を演奏しています。3名の地域の方にご指導を頂きながら,今年は「夕やけ小やけ」をアレンジした曲に挑戦してきました。拍子が変わったり,細かいリズムが難しかったりと大変ですが,2月の苗っ子フェスティバルに向けて,練習の成果を発揮できるように,練習を頑張っています。和風の曲を演奏すると,気持ちもリラックスでき,心の和む素敵なクラブです。

1月28日(水) なかよし班活動(遊び)
苗羽小学校では,全校生110名を8つの班に分け,異学年交流活動(なかよし班活動)に取り組んでいます。
今回は,その中から,なかよし班遊びについて紹介します。4月になかよし班のメンバーが決まり,6年生を中心に,どんな遊びをして交流を深め,なかよくしていくか,話し合いの場を設けます。教室では,椅子取りゲーム,宝探し,フルーツバスケット,ハンカチ落としなど。体育館ではドッジボール。運動場では,氷おにや色おになどのおに遊び。場所によって遊びの内容を考え,なかよし班遊びを重ねるにつれ,心と心がつながり,仲のよい苗羽小学校になっています。

1月15日(木) 3年生 ひしお学習 
3年生が「ひしおのさと」をめぐり,パンフレット作りに挑戦しました。パンフレットには,それぞれのお醤油屋さんの紹介やオススメの醤油について,働いている人々の気持ち,「ひしおのさと」マップなど掲載することで,お醤油のことをもっとたくさんの人に知ってもらいたいと考えています。

1月8日(木) 3学期始業式 
みんな元気に3学期がスタートしました。新しい年を迎え,目標や希望を持って登校してきたと思います。校長からは,「人の役に立ったな,成長したな,と思えることを増やしていきましょう」という話がありました。校長の話にでてきた毛がない羊の絵に,がんばったことを用紙に書き,どんどん増やして羊らしく見えるようにがんばろうと各学級で取り組んでいます。がんばったことがいっぱいあるふわふわの羊になるといいです。