先月 11月 2017 来月
    week 44 1 2 3 4
    week 45 5 6 7 8 9 10 11
    week 46 12 13 14 15 16 17 18
    week 47 19 20 21 22 23 24 25
    week 48 26 27 28 29 30
    オンライン中のユーザ
    現在
     ゲスト 179 人
     がオンラインです
    Visitors Counter
    mod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_counter
    mod_vvisit_counter今日438
    mod_vvisit_counter昨日522

    Your IP: 54.198.221.13
    Today: 11月 23, 2017

    2006年

    2006年コンサートマップ


    より大きな地図で 2006年コンサートマップ を表示
     

    平成18年度きのくに舞台芸術際事業  伊勢正三・太田裕美・大野真澄アコースティックコンサート

    2006年12月16日() /start 18:30
    かつらぎ総合文化会館 あじさいホール

     2006年最後のコンサート参加に選んだのは和歌山県伊那郡かつらぎ町の「アコースティックコンサート」です。数少ない近畿圏のイベントであり、料金もリーズナブル! 全席自由席ですが、今回はいい音を楽しむために会場の中央部を狙います。かつらぎ総合文化会館の駐車場についたのが11時ジャスト。お昼ごはんでも食べながら付近をのんびり散策するつもりでホールを下見に行くと、なんと!伊勢さんファンらしき女性が完全防寒着ですでに5名ほど並んでいらっしゃいました。

     食事を済ませゆっくり帰ってくると、まだ裕美さんたちは到着していないようです(先述の伊勢さんファン情報。さっそく情報交換するところがおかしいですね) 伊勢さんファンに混じって伊勢さんたちの(裕美さんの)乗った1BOXタクシーをお出迎えすることが出来ました。

     かつらぎ町総合文化会館の大ホール「あじさいホール」はステージ上の横幅が広く、ホールの天井高も十分ですばらしい音響効果でした。「きみはぼくのともだち」では裕美さんの持ち味である独特の高音がよく響いて最高でした。ビジュアル的には秘密兵器「BINOCULARS」(バードウォッチャーに人気の防振双眼鏡)のおかげで、ホール中央の席からでもハイビジョン映像のようなウエストショットを堪能。12月3日の埼玉チャリティコンサートでは無地の白に見えた萌え衣装も、実は細かな刺繍が施してあることがはっきりと見えました。(う~ん、満足)
     

    伊勢正三 大野真澄 太田裕美 大古富士子  
            地球はメリーゴーランド ブルー系スポットライトの帯に浮かび上がるステージに伊勢さん、裕美さん、大野さん、そして一番の働き者・富士子さん登場。伊勢さんは白のシャツにジーンズ、裕美さんは紫系のタートルネックと膝下までのスカートに黒のロングブーツ、大野さんはグレーのジャケット&グレーのハットで登場。
            海岸通り  
            MC

    ■さすが大野さん! つかみはOK

    伊勢さん:かつらぎ町・・・・・町名がいいですね。今日はスタッフよりも早くから並んでくれたそうですね。(伊勢さん前の最前列から「朝7時から並びました。」)
    大野さん:なんで俺の前じゃないのだ!
    裕美さん:そりゃ、お目当てがあるからねぇ~

            さらばシベリア鉄道 2番は大野さんのパートです。裕美さんの高音ハーモニーが良かった。
            MC 客席が暖かいですね。いい感じ。
            あなただけを  
            MC 「あなただけを」この曲ご存知でしたか?(会場から大きな拍手) なんだ、全員じゃないんだ(会場は爆笑 またまたつかみはOK) 手拍子はちゃんと合わせて下さい。そして、叩き始めたら責任もって最後まで!
            ビートルズはもう聴かない  
            MC

    この頃には大野さんが何をしゃべっても和やかな雰囲気が出来上がっていました。
    「何? なによ~? 何笑ってるの? 僕、おかしいですか?」

            明治チェルシーの唄  
            MC  
            ラブソング   
            MC 大野さんはダンディでしたね。ちょい悪親父。では、デビュー曲を聴いてください。
            雨だれ   
            赤いハイヒール(弾き語りVer)   
            MC 私にとって嬉しい事がありました。22年ぶりにフルアルバムを発売しました。ファーストアルバムの「まごころ」、「まごころコンサート」、当時のキャッチ「まごころ弾き語り」からすべてが始まりました。
            きみはぼくのともだち   
            MC 今日はミニサイン付きで、よかったら・・・よく眠れるそうです・・・よかったら(大野さんのように直球で「買え!」とは言えない裕美さんでした(笑)
            君と歩いた青春  
            MC  
            冬京   
            MC

    団塊の世代といえば、ちょうど去年の今頃に嬬恋の話が来たんです。終わったあとにこうせつが面白いことを言っていました。次の30年後のコンサートは魂たちのコンサートだねって。

            星空  
            MC 僕のコーナー最後の曲はイルカさんに書いた曲です。皆さんが今思っている曲とはちょっと違うと思いますよ(笑) 後方客席から「雨の物語?」 そうです!では。
            雨の物語  
            MC ■ユニット名の話題

    またまた三人に戻りました。
    ユニット名が決まらないんですよ。サンバカトリオにする? 三おとぼけ組? なごみ~ズ? でも、大野さんがいつも怒っているから和めないよね。

            空に星があるように  
            MC

    中学時代、僕が初めてギターを持って歌った曲です。
    私は小学校の頃、聴きましたよ。大野さんは?
    幼稚園・・・。

    典型的なトリオ漫才のパターンが完成されておりました。

            なごり雪    
            MC

    この曲が映画になったよね。
    もう一つの曲も来年映画になります(22才の別れ)

     

            22才の別れ   
            MC

    もうこんな時間になってしまいました。
    電車もない、周りは真っ暗です。
    最後の曲です。「木綿のハンカチーフ」

            木綿のハンカチーフ 満場の手拍子とともに
            学生街の喫茶店 アンコール Ⅰ

    大野さん:黒系の上下に黒のキャップ
    裕美さん:萌え衣装
    伊勢さん:黒のブレザーで「ガロです。」

            ささやかなこの人生  
            MC

    鳴り止まない拍手と歓声。
    裕美さん:お泊りだ~!
    伊勢さん:かつらぎ町に来た甲斐がありました。本当にありがとう。

            ママはフォークシンガーだった アンコール Ⅱ
    15 14 14   敬称略

     

    GSX1100SR走行データ -

     

     

     

     

     


     

     

    永井龍雲 里帰りライブ NO.6 with太田裕美

    2006年8月4日() /start 18:30
    コスメイト行橋文化ホール

    ■西へと向かう高速夜行バス

     今回も往復夜行バスでの車中2泊ほとんど日帰り旅行のような強行軍で出掛けました。しかし、今までのバスとは違う嬉しい点が二つ。一つは乗車駅が単身赴任のマンションから歩いて10分ちょっとととても近い事。もう一つは、今回利用した阪急バスの装備が素晴らしかった事です。リクライニングの深さや座面の角度など申し分ありません。更に就寝中はカーテンで個室状態にしてもらえるのでいつもより眠りが深かったような気がします。目が覚めたのは関門海峡手前のPA。本州の西の端をしばし観賞。九州はすぐ目の前に広がっていて、瀬戸大橋を見慣れている私はちょっと拍子抜けしたかな。

    ■開演前いつもの一苦労

     小倉駅前到着がAM6:15分。いや~大きな駅舎にびっくりです。本来ならターミナル駅である小倉でじっくり朝食でも取りながら本日の行動予定を考えればよかったのでしょうが、気のはやる私はすぐに「行橋」行きの普通列車に飛び乗りました。そして案の定、失敗です。午前8時前の「行橋」駅前には朝食が取れるお店はなく、駅内のコンビニと売店のみ、道路を渡ったところにある喫茶店は開店前のようでした。お腹すいたよ~。

     コスメイト行橋文化ホールに着いたのがAM9:30頃。午前中は一階の図書館でたっぷり読書、お昼はホール2階の喫茶店で食事、それからいったん外に出てコンビニで3時の間食と飲み物を確保して戻ってきたのが2時前です。コンサート会場の入り口は2階ロビーなのですが、なんとロビーには冷房が入っていない! のです。開場までの4時間我慢大会が始まったのでした。

     この時間から並んだHiromistは私を含めて3人のようでした。永井龍雲さんの熱心なファンの方々の方が多かったです。さすが地元! 昨日も近くの会場でコンサートがあったようで皆さん連荘だとか。3時過ぎには山口のEさん・大阪のAさん・初めてお会いした九州のTさん・大御所のraindropさん・懐かしいソーダさんと合流。いつもの仲間が集まれば後の待ち時間はあっという間に過ぎていきました。

    ■コンサートについて

     430席のチケットは前売り完売だったそうです。私が肌で感じた内訳は、龍雲さんファン30%・裕美さんファン10%・お二人目当ての地元の皆さん60%といったところです。それでも、龍雲さん目当ての女性の方が圧倒的に多かったですね。

     裕美さんの衣装は白のジャケットに白のロングスカート、コルクソールの白いサンダル。一言で表すならばホワイティ裕美さん! 4時間並んで最前列確保の甲斐がありました。赤いハイヒールではここぞとばかりに手拍子も出来たし、久々に正調「木綿のハンカチーフ」をしっとり聴く事が出来て大満足。曲数もゲストにもかかわらず10曲と多かったので、龍雲さんの出番が少なくなってしまうのではないかと途中からひやひやしてしまいました。

    ■番外編

     開演前のアナウンス
      「ホールでCDを販売しております。ご購入の方にはコンサート終了後、サイン会を行います。」
     慌ててCD売り場を覗いてみると裕美さんコーナーにはマネージャーの佐藤さんがいらっしゃいました。
     私:「サイン会は龍雲さんだけですよね?」
     佐藤さん:「はい!(きっぱり) すいません。」
     私の心の声「いや、謝って貰わなくていいんですよ。」

     帰りはソーダさんに行橋駅前まで車で送っていただきました。ありがとうございます。
     また、小倉駅前まではraindropさんと電車で帰り、夜行バスの発車時刻までの短い時間でしたが九州ラーメンをご一緒していただきました。飛び込みで入ったお店は有名人のサインが壁一面に張られた人気店でした。(一蘭)

    永井龍雲 太田裕美 西海 孝  
          星月夜  
          俄か雨に見たものは  
          帰郷  
          MC 盛大な拍手に迎えられて裕美さん登場。龍雲さんのお姉さんと娘さんから花束のプレゼント。なんと! 大ハプニングが発生!! 早くから並んで最前列でよかった~!!! 詳細は恐ろしくて書けません

    パンジーのキャンペーンギャールの話←正確な表記です
          袋小路 ピアノ弾き語り
          雨だれ ピアノ弾き語り
          MC 九州の大雨被害の話。裕美さんが見た夢の話(自宅が水害で被害を受ける夢)
          雨降りお月さん ピアノ弾き語り
          MC ギターの西海孝さん紹介。ふらふら出歩くんですよ。何処行ってたんですか? 河原へ行ってきました。暑かったです。
          遠い夏休み ブルースハープ
          僕は君の涙 ブルースハープ 私の頭の中ではアリさんのダンパのリズムが聞こえていました。西海さんのギター熱演はわかるのですが、やはり寂しい。
          MC みんなのうたでは3曲歌っています。家族の話。子供を育てる事で世界が広がりました。
          パパとあなたの影ぼうし ピアノ弾き語り
          赤いハイヒール ピアノ弾き語りVer。ここぞとばかりに手拍子しました。
          MC まるで自分のコンサートのような手拍子ありがとうございました(笑)
    NHK MP2の宣伝。是非聞いてリクエストしてくださいね。
          君と歩いた青春 ピアノ弾き語り 実はこの辺りから龍雲さんのことが気になるまきびしなのでした。
          青空の翳り ピアノ弾き語り
          MC NHKのど自慢出演の話。前に出た時のもう一人のゲストは村田秀雄さんでした。今回は北島三郎さんです。大御所相手で緊張しました。今日はゲストに呼んで頂いてありがとうございました。
          木綿のハンカチーフ 西海さんのギター1本、手拍子なしの正調Ver。これが本来の木綿かな。じっくり、しっとり聴きました。そして最後はいつもの指笛でお見送り。
            龍雲さん再登場(よかった) 
          夏の夜  
          MC 今年は太田裕美さんがゲストで男性のお客さんが多いような・・・ もうここまでで成功という事で、でも料金分はやらないといけないんで。実はコンサート終了後に大イベントが控えています。
         
    同窓会
     
          十五のあいつ  
          MC 会場から「龍雲さ~ん。」 嬉しいですね。でも、若いんでしょうか声だけではわかりません(笑) 
          屋台  
          星のふる郷  
          暖簾  
          MC 実は最初に太田裕美さんに花束を渡したのが娘なんです。CDのジャケット写真になってます。コンサートに来ていただいた方々の歌を唄います。
          友と語れば 龍雲さんの熱心な歌唱指導付きで2回歌っていただきました。
          道標ない旅  
          木綿のハンカチーフ アンコール 龍雲さんプレゼントタイム 地元ってあったかいですよね。
    皆さんも一緒に歌ってください。こちらは手拍子&合唱Ver。
    12 11   敬称略
    永井龍雲さんの曲目リストは
    「My Collections 龍雲」より転載(ゆうさん、吾亦恋さん提供
    http://youyu015.hp.infoseek.co.jp/

     

    GSX1100SR走行データ

     

     

     

     

     


     

     
    さらに記事を読む...