先月 11月 2017 来月
    week 44 1 2 3 4
    week 45 5 6 7 8 9 10 11
    week 46 12 13 14 15 16 17 18
    week 47 19 20 21 22 23 24 25
    week 48 26 27 28 29 30
    オンライン中のユーザ
    現在
     ゲスト 89 人
     がオンラインです
    Visitors Counter
    mod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_counter
    mod_vvisit_counter今日112
    mod_vvisit_counter昨日1158

    Your IP: 54.224.102.26
    Today: 11月 24, 2017

    2005年

    2005年コンサートマップ


    より大きな地図で 2005年コンサートマップ を表示
     

    高野まつり サウンドスピリッツコンサート

    ユーザの評価: / 1
    悪い良い 

     先週の東京遠征に続き、今回は和歌山県・真言密教の聖地 高野山にお出かけです。しかも、世界遺産が集まった「壇上伽藍」特設ステージでの野外ライブとなれば出かけない訳には行きません(どんな理由?)

    ■04:30 神戸上陸
     いつものように深夜フェリーで神戸港へ。ここから西宮まではよく知った道でしたが、大阪市内に入って緊急事態その1です。幹線道路の国道43号線が事故のため通行止め。迂回しようにも土地感が無いのでさっぱりわかりません。案の定道に迷ってしまいました。さらにはポツリポツリと「雨だれ」が・・・。予定のコースを外れて一番わかりやすい和歌山へ向かう事を決断。国道26号線をやや遠回りしながら南下しました。

    ■09:00 壇上伽藍到着
     一番乗りは伊勢さんファンのご家族でした。パイプ椅子が並べられるまでの2時間半、御影堂で雨宿りしながらお互いのお気に入りアーティストの情報交換。本当に楽しい時間でした。これもコンサート遠征の楽しみです。

    ■11:30 席取完了
     雨も小雨になり、パイプ椅子が並べられたのが11時半過ぎ。最前列の席を確保して一安心。壇上伽藍内の東塔大会堂准胝堂などを駆け足で観光。

    ■13:00 郷土芸能
     根本大塔の演台で行われた「天狗の舞」と「しみず温泉アテガワ太鼓」を見ている頃には雨足はますます激しくなり、特設ステージは滝のような雨が降り注ぐ状態に! 電子ピアノはずぶ濡れ、大型スピーカーからは電気がショートしたような鈍い音。野外ライブは本当に中止かもしれないと観念しました。(泣)

    ■15:30 野外ライブ中止決定
     いっこうに止む気配が無い雨の中、悲しい放送が・・・・・「壇上伽藍特設ステージでの野外ライブは別会場で実施いたします。車で10分ほど離れた高野山会館にお集まりください。」 土砂降りの中、バイクカバーを外し再度荷造り・大慌てで移動しましたが高野山会館に着いた時にはすでに15名ほどの行列が! ガーン!! 朝早くから並んだのは何だったんだ~!!! それでもこんな緊急事態だからしょうがないと思い並んでいると前部の方からやさしいお言葉「あなた、一番前に座ってた方ですよね。どうぞ前に来て下さい。」 あ~なんて優しい伊勢さんファンなんだ。高野まつりスタッフの方々も急な変更にてんてこ舞いながらも、来場者・会館職員・出演者にと細かい気配りをしながらの対応。感激しました。

    ■16:40 コンサート開演
     開演前、司会者からの挨拶でこのコンサートが一旦は中止になった事を知らされました。高野まつりスタッフが出演者に中止を伝えたところ、余りにも残念だという事で急遽別会場での手配になったそうです。伊勢さん・裕美さん・伍芳さんありがとうございます。いろいろなアクシデントがあった分、間違いなく記憶に残るコンサートになりました。まるで4日前に放送された「NHK TV 音楽・夢クラブ」を生で見ているかのようなすばらしい演奏。特に、ラスト曲「なごり雪」では伍芳さんの古筝と伊勢さん率いるストリングスメンバーの生音が加わってTV放送以上の完成度でした。やっぱり生音はいいですねぇ~。

    ■18:30 山道&雨 帰りは辛いよ
     
    コンサート終了が18:00。会館前の軒下でバイクの整備をしていると裕美さんたちを乗せたマイクロバスが目の前を通過していきました。その際、窓側に座っていた伊勢さんがこちらに手を振っていただきました。さあ、これからがもう一がんばりです。街灯一つない真っ暗な雨の山道をバイクのヘッドライトだけで帰らなければなりません。安全運転で和歌山港に着いたのが20:30。後はゆっくりフェリーで寝て帰りました。



    ■曲目&MC要約



    伊勢正三 伍芳 太田裕美  
          永遠の道 チャイナドレス&優雅な演奏のしぐさにすぐにノックアウト!
          MC いきなりマイク不調。まだまだハプニングが続きそう(笑)
          戦台風 チューニングも見事なものです
          MC  
          彩虹橋 思わず指笛が出てしまいました
          雨だれ 大田アプリコで半分しか聞けなかった分、最前列で堪能しました
          MC 急遽会場が変更になりましたが、いつもの気持ちの100倍がんばります。
          雨降りお月さん アカペラ・生声Ver 2mの至近距離で聞きました v(^o^)v
          MC 正やんGuiter手伝ってください。
          君と歩いた青春 譜面を忘れても関係なし 完璧なGuiterでした>伊勢さん
          MC 正やんは想定外でウキウキしてるんですよ。
          木綿のハンカチーフ 青裕美さんが跳ねる跳ねる
          MC 今日は雨の歌を唄う決まりなのかな。
          雨の物語  
          MC ストリングスメンバー紹介
          海岸通り  
          MC 改めて細井さん紹介 やっぱり代表曲を歌って帰らないとね。
          22才の別れ  
          アンコール 拍手が鳴り止むはずもありません この会館大好きです。(伊勢さん談)
          ささやかなこの人生 裕美さん・伊勢さん・細井さん・ストリングスメンバーの皆さん
          MC 伍芳さんを呼んでいよいよラスト!
          なごり雪 古筝の音色がなごり雪にぴったりでした
    演奏終了後、司会者から三人のメッセージが! 「壇上伽藍」で是非ともリベンジしたいとの事でした
    7 4 6 敬称略

    GSX1100SR走行データ 高松→フェリー→神戸港→43号→26号→24号→高野山壇上伽藍→高野山会館→13号→24号→和歌山港→徳島港→高松  総距離304km

     

     

     

     


     

     

    太田裕美コンサート

    ユーザの評価: / 1
    悪い良い 

    10/2(日) open17:30/start18:05-
    大田区民ホールアプリコ

     5月の蒼空コンサート以来、久しぶりのソロコンサートです。さらには、当日の「グローバルフェスタ2005」というイベントで裕美さんのサイン入りギターがチャリティオークションに出品される事が判明。コンサートは日曜日なので、会社のロッカーに月曜日用の着替えとスーツを準備。得意の夜行バスによる車中2泊・3日の強行軍で出掛けました。

    ■06:20 新宿駅南口到着
     コンサート開演までは11時間、チャリティオークション開始まででも9時間もあります。お金は無くても時間だけはたっぷりあるので、朝の東京散策でもしようと思い新宿駅前の交番で日比谷公園(グローバルフェスタ2005会場)までの道を聞きました。

    私:「日比谷公園まで歩きたいのですが道を教えてください。」
    警:「え! 日比谷公園? 無理、無理、行けないよ! 本当に歩くつもり?」
    私:「だって、10Kmは無いでしょう。2時間ぐらい歩けば着くでしょう?」
    警:「ん・・・まぁそうだけど。本当に歩くの? だったらアルタの前の道を・・・」

    よほど信じられなかったんでしょう。しぶしぶ教えてくれました。都会の人は歩かないんでしょうね。新宿→防衛庁前→市ヶ谷?の釣堀→後楽園→水道橋で方向修正→皇居→日比谷公園。随分遠回りしたのはいつもの事です(笑)

    ■10:00 グローバルフェスタ2005

    伊勢正三 太田裕美  
        心象風景
        MC
        ピッツア・ハウス22時
        しあわせ未満
        赤いハイヒール
        MC
        雨降りお月さん
        最後の一葉
        MC
        SUNTORY 天然水 水の里
        遠い夏休み
        MC
        なごり雪
        MC
        空に星があるように
        MC
        涙憶
        MC
        海岸通り
        22才の別れ
        MC メンバー紹介
        僕は君の涙
        ドール
        さらばシベリア鉄道
        MC
        九月の雨
       

    アンコール

        君と歩いた青春
        木綿のハンカチーフ
        アンコール
        雨だれ
    7 17 敬称略

     

     
    さらに記事を読む...