先月 11月 2017 来月
    week 44 1 2 3 4
    week 45 5 6 7 8 9 10 11
    week 46 12 13 14 15 16 17 18
    week 47 19 20 21 22 23 24 25
    week 48 26 27 28 29 30
    オンライン中のユーザ
    現在
     ゲスト 75 人
     がオンラインです
    Visitors Counter
    mod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_countermod_vvisit_counter
    mod_vvisit_counter今日165
    mod_vvisit_counter昨日465

    Your IP: 54.80.146.251
    Today: 11月 21, 2017

    2000年

    2000年コンサートマップ


    より大きな地図で 2000年活動マップ を表示
     

    2000年12月17日 やまなみフェスティバル Piano弾き語りコンサート:太田裕美

    日時:2000年12月17日(日)1部 14:00~ 2部 15時半頃予定~
    場所:高知県長岡郡大豊町 大豊町大杉中学校体育館


    道中編
     当日、高松出発時にはすでに雨。流石です。本日は、チャット仲間のてーえふ氏と木綿豆腐氏のお二人と同乗で高知へ向かいます。てーえふ氏はバリバリのサイクリングマンなのでさぞや筋肉隆々太ももパンパンの競輪選手のような方かと思いきやさにあらず。木綿豆腐氏は怖い関西のお兄ちゃんかと思いきやこれまた印象が違いました。(よかったよかった)

    9時半には高松を出発。気のはやる私は雨の中120km/hで高知道を突っ走ります。大豊インターを出たのが11時前。出口を間違えたおかげで喫茶夢工房さんの前を通過しました。11時過ぎには道の駅大杉にてshino氏、中崎あゆむ氏と合流。道の駅にはコンサートのポスターがでかでかと張ってあります。あーやっぱりこんな山深いところに裕美さんが来るんだなぁと再確認。

     ベテランの皆さんがどっかり腰を据えている中、またまた気のはやる私のお願いで12時過ぎには会場へ。まさに大杉中学校の校門をくぐろうとした瞬間shinoさんの携帯電話が鳴りました。電話の主は横浜でお留守番のraindrop氏です。ジャストタイミングでしたね。

    待ちぼうけ編
     開場1時間半前には体育館入り口のチケット売り場に到着。1番乗りかと思いましたがなんのなんの、ベレー帽にアクセサリーがきらりと光るあのお方がすでにご到着です。職員室からは今回の立役者の一人やまなみ氏よりお声をかけていただきました。何でも裕美さんはリハーサル中とのこと。耳をすませばその歌声が雨音とともに聞こえてきます。ん?まてよ。ということはリハーサルを終えた裕美さんがもうじき出てこられるんじゃないの。わくわく。

     期待どおり12時半頃だったでしょうか、リハーサルを終えた裕美さんが登場です。マネージャーの佐藤氏らにガードされお顔の半分が隠れるようなマスクをした裕美さん。(後で風邪をひかれていた事が判明)私の後ろ50cmを渡り廊下を歩いて行かれました。声をかけることは出来ませんでしたが、薄化粧ながら綺麗な二重の瞳をじっと見つめてしまいました。感激。

    コンサート編
     さすがに1番乗りのベレー帽さん。最前列の中央やや左のベストポジションを確保。我々5人のメンバーは2列目中央を確保しました。(まきびしのみ最前列やや右)後で判明したのですが前列右側だと左サイドにセッティングされたピアノ演奏の際、裕美さんのお顔が隠れてしまうのです。うーん失敗。

     曲目はリストを参照していただくとして、個人的に今回収穫だったのが「袋子路」と「上弦の月」の2曲です。袋子路は私が最初に購入したLP「心が風邪をひいた日」のなかで木綿の次に始まる曲で、いわば私にとってのセカンド太田裕美ソングなわけです。かたや「上弦の月」はFirst QuarterのCD6に一曲だけ収録されている曲ですが、実はあまり聞いていなかったのです。(CD1枚に一曲、しかも最後の6枚目でしょ)反省反省。イントロが流れても曲目がわからなかったのでドキドキしました。いまではばっちり歌えますよ。とてもいい曲です。裕美さんの声も順調、ライブも順調に進みラストナンバー「風をあつめて」。とっても楽しそうに熱唱する裕美さんが印象的でした。

    花束&お酒作戦編
     いよいよアンコール。何がいよいよかというと、花束&お酒作戦で私がお花を渡す大役を任されていたのです。半月前の「ひろしま国際ホテルディナーショー」ではものの見事にチャンスを逃したリベンジなわけです。アンコールの拍手の中、心臓バクバクの腰はウズウズ中腰状態。右?左?着替え中?どっちから現われるの?ドキドキドキ…・・

     いよいよです。中学校の体育館というアットホームな雰囲気と、後ろから念を送ってもらった4人の仲間のおかげで本懐をとげました。

    「有志一同から 代表して花束とお酒です。受け取ってください。」
    「どうもありがとう。(
    握手)」

    この後はもう夢見ごこちでアンコール曲「雨だれ」を堪能しました。う~ん大満足。

    あとがき
     楽しい時間はあっという間に終わり、中崎あゆむさんとベレー帽さんは高知へ、我が愛車はてーえふさん 木綿豆腐さん ニャンちゅうさん shinoさんを乗せ高松ヘ向かうのでした。外は相変わらずの大雨。帰りの車内が木綿豆腐さんの携帯電話MIDIでHiromicカラオケ大会だったことはいうまでもありません。

    おまけ:高知新聞記事

     

     

    セットリスト&MC要約
    ★曲目★
         01.Candy(G)
         02.上弦の月(G)
    MC1
    こんにちは、太田裕美です。高知は久しぶりです。今日はちょっと冷え込んでますけど皆さんの身も心もホットになるようにがんばって歌います。
         03.袋小路(P)
         04.青春のしおり(P)
    ★曲目★
         01.Candy(G)
         02.上弦の月(G)
    MC1
    こんにちは、太田裕美です。高知は久しぶりです。今日はちょっと冷え込んでますけど皆さんの身も心もホットになるようにがんばって歌います。
         03.袋小路(P)
         04.青春のしおり(P)
    MC3
    外はすごい雨ですよね。いまどきの雨って珍しくありません?(木綿豆腐さん 突っ込みたくてうずうず)私ね雨女なんです。
    四万十川の青海苔食べてます。
         07.最後の一葉(P)
         08.海に降る雪(P)
         09.君と歩いた青春(P)
    MC4
    ギターリスト西海さん紹介。西海さんは中学時代ギター部の創設者で部長だったんですよ。
    リクエストありますか?
    会場:木綿のハンカチーフ 九月の雨 さらばシベリア鉄道 ドール 待ちくたびれて
    ありがとう。でもね、今日は二人なんでやれる曲が決まってるんですよ。(なんじゃそら)コミュニケーションとりたいな。みんなの声を聞かせてぇ(かわいい)
         10.僕は君の涙(HARP)
         11.木綿のハンカチーフ

    MC5
    「太田裕美白書」出版しました。買っていただいた方いますか?(会場:パチパチパチ)8人ぐらい?ピンポーン正解です。
         12.風をあつめて(P)
         ~アンコール~
         13.雨だれ(P一本)

    ※文中の写真は「やまなみフェスティバル実行委員会」の方が撮影したものを拝借しました。

     

     

     




     

     

     

    2000年11月29日 太田裕美スペシャルディナーショー

      「太田裕美白書」出版記念サイン会ですっかり裕美さんご本人の魅力にまいってしまった私は、ついにその歌声を聞くチャンスに恵まれました。しかも、コンサートをすっ飛ばして、いきなりディナーショーという贅沢な機会に恵まれました。

     さて、ステージの内容はというと、これぞプロ歌手のディナーショーと呼ぶにふさわしい素晴らしいものでした。裕美さんご本人の魅力・歌唱力・楽しいMCはもちろんのこと、深みのある実力派ミュージシャンの面々、マネージャーの佐藤氏、そしてホテルスタッフの方々、皆さんの対応が本当に気持ち良いものでした。初めて直接聞いた裕美さんの歌声は、完成された本物のそれでしたね。一時喉をいためてつらい時期がありましたが、今まさに絶好調ですね。感動しました。そして、ありがとうございました。

     精一杯の勇気で、花束とワインをプレゼントしようとステージに向かいましたが、タイミングが悪くてどうもすいませんでした。せっかく、マネージャーの佐藤氏がチャンスをくれたのに慣れないことで緊張してしまいました。そのおかげで、次の「雨だれ」の間はずーっと自己嫌悪に陥っておりまして、裕美さんの歌声が何処か遠くのほうで聞こえていました。


     いろいろ書きましたが、とにかく大満足の2時間でした。素晴らしい思い出をいただきありがとうございます。いつまでも変わらない裕美さんらしいHiromic Worldで、私達ファンを楽しませてください。

    おまけ

     翌日の早朝、ホテルのフロントでチェックアウトしていた時の事でした。夜明け前、5時過ぎのことです。ロビーには誰もいませんでしたが、ひときわ大きな荷物がネットに包まれています。ギターケースが3つ、ボストンバックが2つ、三越の大きな紙袋が1つです。あぁ、同じホテルに泊まっていたんだなぁと小さな幸せに浸っておりました。

     さて、お話はここで終わりません。フロントマンにタクシーの手配をお願いしたまさにその時、偶然にも1台のタクシーがホテル前で停まったではありませんか。そして、そそそそそして、中から降りてきた人は「裕美さん」ご本人。やや薄い色のサングラスにグレーのマフラー、赤いチェックのカーディガンとグレーのロングスカートだったかな。あまりに突然のことで記憶が怪しいです。すれ違った数秒は時が凍りついたように感じました。サインも握手も声をかけることも何も出来なかったけれど、いいんです。

     そのあと、裕美さんがたった今まで乗っていたタクシーのシートに座り、ほのかな残り香に浸ったことは言うまでもありません。


     最後に、素晴らしい接客マナーのひろしま国際ホテルスタッフの方々、裕美さんの私設ファンサイトで知り合ったチャット仲間の「黒帽子さん」「青いソーダの波さん」「raindropさん」、マネージャーの佐藤オバケ氏に感謝しております。ありがとうございました。

     


    演奏:KEY&pf:古川初穂
       GUITARS:西海 孝
       HARAP&PERCUSSIONS:松田 幸一
       Pf&GUITARS&VOCAL: 太田 裕美
    ★曲目★
    01.Candy(G)
    ~MC~
    02.赤いハイヒール
    03.しあわせ未満
    ~MC~
    04.最後の一葉(P)
    05.君と歩いた青春(P)
    ~MC~

    06.僕は君の涙(HARP)
    07.さらばシベリア鉄道
    08.木綿のハンカチーフ
    ~MC~
    09.風をあつめて(P)
    ~アンコール~
    10.九月の雨
    11.雨だれ(P一本)

    写真は今回のディナーショーのものではありませんが、衣装や雰囲気が同じなので載せております  

     

     

     



     

     
    さらに記事を読む...