事業案内

地質調査とは?

日本列島は、皆さんご存知のように地震の多い国です。
また土砂・岩盤の崩落事故、地すべり等、常に危険と隣り合わせの多い国です。

そんな日本に、家やマンションなどの建物を建てるときに必ず行うのが「地質調査」です。
地質調査を行うと、地中の地層構成や土の強さなどが分かります。
地上から見ただけではわからない地中の特性を判定して、そのデータを建築工事や土木工事、構造物の維持管理、防災などに役立ることができます。

調査は通常、硬い地層(支持層)がどれくらいの深さにあるのかを確認します。
構造物を支える基礎の形式をどのようにしたらよいか、杭基礎だったら杭の長さや杭径・本数はどれぐらいかなどを考えます。

また環境保全の調査も地質調査に含まれます。
例えば、土壌・地下水汚染などです。

地質調査の大きな流れは現地で調査・計測・試験を行ったり、その結果を解析・判定したりして、最終的に報告書として提出します。

地質調査はトラブル防止、災害防止に役立っています。

砂層や粘性質からなる軟弱地盤に建つ建物は年々傾いたり、地震の液状化で傾く可能正があります。
また土壌汚染が予想される土地の場合、土壌汚染がどの程度なのか、土壌汚染が地価にどの程度影響するのか等を調べておくことが大切です。地盤に関するトラブルを防ぐために地質調査が必要となります。

地盤調査に関する各種発注方式例

増田地質工業では、地盤の分布状況、各層の土質、硬さなどの地層構成を調べ、地盤の強さや耐震性・透水性などを分析します。
また過去の資料などで災害に遭いやすい地盤だとわかることもあります。

十分な地盤調査を行えば、それぞれの地盤に合った工事を行うことができ、トラブルを防ぐだけでなく過剰な工事や追加工事も省け、コスト削減にもつながります。

増田地質工業

  • ホーム
  • トピックス
  • 事業案内
    • 建設コンサルタント
    • 地質・土質調査
    • 土質試験
    • 磁気探査
    • 土木工事
    • 土壌汚染調査
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 地域コミュニケーション
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
株式会社 増田地質工業
【本社】
〒760-0005
香川県高松市宮脇町1丁目18番23号
TEL. 087-862-5255(代)
FAX. 087-862-5201
【大阪事務所】
〒562-0001
大阪府箕面市箕面8丁目11番52号
TEL. 072-722-2008
【土質試験室】
〒761-8044
香川県高松市円座町1401番地
TEL. 087-885-8288

ページの先頭へ戻る