左がKEN(2007年8月よりのALOA新会長)・右はBOb(今年までの会長)と記念撮影
< 授業の様子 朝8時から5時まで 三日間の講座 もちろん全部英語で(汗) >
2007.08.23-25

番号の分からない100万通りあるダイヤルを理論的に解明する講座で、必死にグラフを書いて番号を見つける作業を
続けています。インストラクターって言うのはとても格好がいいのですが、現実は大変でかなり複雑な説明をしないと、
生徒の皆さんは納得してくれませんでした。英語力は余り自信がないのですがそこは日本人です。心と親切な対応で
私の説明を理解してくれました。                                            (講座の内容)

それから向こうではインストラクターに対する対応は特別で会期中行われた教室は100以上あり、その中で重複して
インストラクターとして活動していたのは全部で40人程度であったと思います。各講座を受講した延べ人数は700人以上
であった思います。   お昼は大きな会場で一緒食事をするのですが毎回インストラクターに全員で拍手してくれました。
私の3日目の最終日などは生徒全員が起立して座っているインストラクターに拍手を貰った時はとても嬉しかったです。
数え上げればきりがないですが本部でのインストラクターに対して尊敬の気持ちが感じられ、名誉なことだと一人感激を
していました。今回はなんとかうまくいったようで、 初のインストラクターとしての仕事も無事に終えることが出来ました。
アメリカでは講習の最後に生徒が無記名で講座の評価表を提出します。当然インストラクターが見ることは出来ませんが
この評価によって次回にインストラクターとして継続できるかどうかの判断が事務局でなされます。お陰様で今回は及第点
がでましたので来年からも本部でのインストラクターを依頼されました。頑張った甲斐がありました          (感想)



< 講座の合間にクラスの前で記念撮影 >


修了証書に私の署名があるでしょう。漢字で書いたので受け取った生徒の皆さんはとても喜びました。
  左からデニス渡辺
    世界的に有名な金庫開錠のエキスパートで
    私がインストラクターをした教室の主任インストラクター
    彼は日系の3世で言葉は英語のみです。
    私が初めてアジアからインストラクターとして選ばれたのは
    彼と奥さんの援助によるものです。(とても感謝)

  フランシス渡辺
    デニスの奥さんで彼のアシスタント
  デイビッドローエル
    以前の会長でALOA本部の上席理事・教育担当
ALOA2007の展示会場で出会った
美和ロックの社員の皆さんと一緒に記念撮影
(隣の美人は誰って聞かないで!)
ALOA2007のコンベンション入場者 イモビライザー関係の会社の技術者と一年ぶりに再開
ジャニー(台湾)とグレッグ(英国AD社長)