■■子はむの成長観察日記■■


■子はむの成長観察日記(1997)

・人間がドタバタすると、育児放棄をしたりする恐れがあるので、 巣の中を覗き込んだり、子はむを取り出しての観察はしていません。 外に出ていたり、はみ出ていた時の記録になりますね^^;;;。 その為、間が抜けていたりします。

5月7日

子はむ誕生!、悲惨な結果の出産でしたが(T_T)、 幸運な子はむ、1匹が誕生しました。 体長、2cmくらい、瞼が出来てないので目もまだ開いてなく、毛も生えていないので 体はピンク色。

5月8日

茜ちゃんが外で餌を食べていると・・・ 子はむが親を捜して、ほにょほにょ・・巣から外へ出ている・・・・ ドッキーン!!! しかも見当違いの方向へ向かっている・・・ 目も見えなければ、毛も生えていない・・ 親に踏まれたりしたら、即死んでしまいそうなくらい 弱々しいので、焦ります・・・・ 「茜ちゃ〜ん!!早く、連れ戻して〜!!!」と祈る。

餌を食べ終えた、茜ちゃんがやっと気づき・・連れ戻したようだ・・・ 巣の中から、ちーちー泣き声が聞こえた・・一安心・・。

5月9日

もし親の機嫌が悪く、一噛みなんかされたら、即死。踏まれ所が悪かったら すぐ死んでしまう弱々しい体なので、非常に心配・・・ 巣の中から、泣き声が聞こえた・・・生きているようだ・・・一安心。

5月10日

巣の中から、泣き声が聞こえた・・・ほっ・・・生きているようだ・・・一安心。

5月11日

巣の中から、泣き声が聞こえた・・・生きているようだ・・・一安心。

5月12日

茜ちゃんが、子はむが吸い付いている事に気が付いていなくて

そのまま、外に出てきた・・、子はむも外へ引きずり出されてしまった・・・ やばい!!子はむが、茜ちゃんから離れて変な所へ潜り込もうとしている・・・・ やっぱりまだ凄く弱々しいので、焦る・・・ 「茜ちゃ〜ん!!早く、連れ戻して〜!!!」 物の影になっているのか茜ちゃんは全く気が付かないみたいだ・・・ やばい!! 気が付くように遮蔽物を取り除き、しばらく観察 茜ちゃんがやっと気づき・・連れ戻したようだ・・・ 巣の中から、ちーちー泣き声が聞こえた・・一安心・・。 しかし、うううう、胃が痛い・・・・・

2.5cmくらいで、将来の毛の模様状に、ピンク色の表皮に一部黒くなってきました・・

5月13日

巣の中から、泣き声が聞こえた・・・良かった、生きているようだ・・・一安心。

5月14日

巣の中から、泣き声が聞こえた・・・生きているようだ・・・一安心。

5月15日

親の巣の出入りで、寝床にしてある、破いたティッシュペーパー と一緒に巣から子はむがはみ出している・・・・・どき〜ん!!

うっすらと、産毛が生えてきています・・・ 目はまだ瞼ができていません・・・ 本来、数匹いる子供の所、1匹なので、栄養がいいのか メキメキ成長しているように思えます・・4cmくらいの大きさになっています。 しかし、まだ安心できる程、たくましいという訳ではないです・・

はむ公達が作ったティッシュペーパーで作られた仕切りごと、外に はみ出しているので、親達が気が付いていない・・・・ またしても、変な所へ行こうとしている・・・、 手で触れられないので、仕方ないので「念」を送ってみる(爆^^;; 「(そっちはヤバイよぉぉぉ!!!)」
・・・んっ!?通じたのか、ヤバイ方向への進行を止めた子はむ。(爆 茜ちゃんを呼んでみる・・・茜ちゃんが来た・・ 子はむに気が付いたみたいだ・・・ しばらくすると連れ戻した・・・ 巣の中から、泣き声が聞こえた・・・・一安心。

元気に生きている、子はむを見掛けるのはうれしいですが、 どうも、心臓に良くないです・・・(爆 胃も痛いです・・・(爆^^;;

子はむが寝ついたのか?子育て合間の息抜き・・・巣の外で 一緒に休んでいる、茜ちゃんとはむ公・・・やっぱ仲がいい?・・^^;;

5月16日

巣の中から、泣き声が聞こえた・・・生きているようだ・・・一安心。 早く、自分で餌が食られるくらいに大きくなって欲し〜い!!(爆

5月17日

今日は見かけない・・ 巣の中から、泣き声が聞こえた・・・生きているようだ・・・よかったよかった。

5月18日

よぼよぼぼぼぼ・・・と少しだけ外に出ていた・・・ 茜ちゃんが連れ戻す・・前ほどほ神経質ではなくなったみたい・・ 白い部分の毛の色が、大分白色に見えて来た・・・5cmくらいになっている。 まだ目は開いてないが、瞼を確認できるようになってきた・・。

ちょっとくらいは親に踏まれても大丈夫そうな体になって来たので、 大分安心できます。^^;;

こうして見ると・・・子供は、体に対しての尻尾の比率がかなり大きいです。 大人になっても全然成長しないから、あの小さなかわいい尻尾になるんですね(笑

5月19日

目が開いてないが、1匹でうろうろし始めた、子はむ・・。 ふらふら、あちこち行っている・・^^;; 茜ちゃんも、巣の外で世話をするのも多くなって来た。 キャベツとかも、少しかじって、食べ初めているようだ・・ 目は開いていなくとも、歯はあるので、ひまわりの種なんかも 興味を示してかじっている・・毛も全体に殆ど生えて来た・

もう、大丈夫そうに思えるくらい大きくなってきたので、安心?^^;

巣の外で、お乳を与える茜ちゃん・・・ 仰向けの無理な体勢で飲んでいる、子はむ。

5月20日

時々、うろうろして変な所かじったり、毛繕い、転がったりしている・・ 目が少し開いて来た。まだ、よく見えていないようだ。 元気そうでなにより・・うんうん。

しかし、親ですら、小さくてとても可愛いのに、その子供はもっと小さくって 可愛い過ぎますぅぅぅぅぅぅ!!(爆^^;;; 自信はあまりないですが、どうやら、子はむは男の子のようです。

5月21日

毛も生え揃い、目が半開き状態まで、開くようになって来た。

眠そうな顔つきに見えます。(笑 まだ、目がよく見えてないようで、手をかざしてみても どこを見ているのか分からないような状態です。 (ハムスターの目は、顔に見えている部分がすべて黒目なので どこを見ているかなんて普通は分かりませんが・・まあ雰囲気^^;)

5月22日

はむ公が、壁登りをしていて、一番高い所から、子はむの上に落ちる・・ゲゲ!! しかし、子はむは元気、元気!!

もう、はむ公の壁登りから滑り落ちる直撃を受けても 大丈夫な体になったみたいです。喧嘩、病気さえなければもう安心です。 よかった、よかった。 キャベツの切れ端を、子はむに与えようと入れると・・ キャベツの弾力で切れ端が子はむの顔に、ぺとっと当たり・・ びっくりして、すとととと〜っと巣に逃げ帰る子はむが、お茶目で可愛いです。(笑

5月23日

1匹で餌箱の中でひまわりの種を食べたりしている子はむ。

もう、茜ちゃんが連れ戻すという事をしないでも、 自分ですたたっと巣に帰れます。 きっと、やんちゃなんでしょうね。(笑、 親にじゃれているのか、喧嘩の時の様なジーッジーッ!!という 子はむの声が、巣から時々聞こえます。

体に対して手足、尻尾の比率が大きいです。 子供の頃の毛なのか、親達にはない薄い茶色い毛があります。 口の回りの毛が長くてふわふわして大きく見えるので 顔つきが、なんとなくビーバーを連想してしまいますね。

5月24日

殆ど、離乳したような感じの子はむ。 おそるおそる、そろりそろりと、回し車にも挑戦しています。 回し車なんて、自然には存在しないものなのに、どうしてハムスター達は 遊んでしまうのでしょう?、特に親が教えている訳でもないのに・・ とても不思議です。う〜ん、本能に訴えかける何かがあるのかもしれませんね^^;; 発明した人は凄いかも?(笑

5月25日

もう、回し車もやり方を覚えたのか、き〜こき〜こと上手にもう遊んでいます。 タイミングが悪いとはむ公、茜ちゃん、子はむが同時に回し車に乗り込んで 親の体重で転がされてしまう時もあり・・もうなんだか分からない状態ですね^^;;

子はむの顔を見ていると、親とは違って、本当に子供らしい表情をしていますね。 顔大きさや目の間隔や、顔と目の大きさの比率とかの外面的な事ばかりではなく 内面的な物?、雰囲気もやはり子供らしいと感じてしまいます。 これは人間であろうが犬や猫であろうが、同じ物を感じてしまいます。 もしかすると一応哺乳類だから似ているものなのかもしれませんね。^^;

5月26日

子はむが親にじゃれているのか、そして怒られているのか、 時々なんかギャギャー賑やかです。 喧嘩か?!!と思うような大きな声ですが、見てみても怪我とか してないみたいで、なんだ?!って顔でこっちを見るので・・ やはりじゃれているんでしょう? しかし、はむ公のみの時なんて、鳴き声は聞こえた事もないのに・・ 茜ちゃんがやって来て、子はむが生まれて、 本当に賑やかになってしまいました^^;

親達の2匹の背中の谷間で寝る、子はむ。 ・・・・こんな寝方・・まるでマンガみたいに思えてしまいます^^;

5月27日

またしても、様子がなんか変だなと思って見てみると・・・ がび〜ん!!茜ちゃんが子供を産んでいます。(爆 子はむが離乳してすぐかい?!早すぎるのと、違うのかい!!なんて 思ってしまいました。^^;; 最短で生む事もないと思うんですけど・・・ う〜ん、さすがネズミ系、凄い・・・凄すぎる!! 巣を覗き込んでは調べていませんが、茜ちゃんの出産は2回目となり 今回は4匹程いそうです・・・ ハムスター10匹くらいならいいかなとは思っていましたが・・ あっと言う間になってしまいそうです。(^^);;;;; あ〜あ・・・子はむも、もうお兄ちゃん?です(笑、 名前は安直にハジメちゃんにでもしておきましょう。^^;

5月28日

新子はむ2匹が、巣と篭の台の細い隙間に自分で潜り込んでいるのを発見。 どき〜ん!!、これは、ヤバイと思い、慌てて取り出す。

ちょっとすぐ出てこれないのと、母親が気が付いても連れ戻せないので ヘタをすれば死んで、ミイラになってしまう所でした・・・ 発見出来てよかった、ううう、また胃が痛くなるような感じ・・(爆

5月29日

しかし、他にも余裕はあるのに、どうしてハムスターは狭い所で ギュウギュウになって寝るのでしょうか? やはり、安心するんでしょうか? む〜、子はむも、茜ちゃんも、はむ公も狭い所で 新子はむもいっぱいいるので、潰れないのが不思議なくらいです。^^; 取りあえず、新子はむ達も、わきわき元気に生きているようです。 前にも増して、新子はむ達の、ち〜ち〜という声も混ざり、 ち〜ち、けっけっ、ぎゃ〜ぎゃ〜 っとハムスター篭は賑やかですね。^^;;;

5月30日

どうやら、新子はむ達は5匹いそうです。 しかし、ハジメちゃんは茜ちゃんに甘えたいのか? 構って!!っと茜ちゃんにじゃれて、たまに忙しいのか 怒られていますね・・・ やはり、お母さんに甘えたい年頃?なのに・・いきなりお兄ちゃんですから ちょっとかわいそうかも?(笑、 まあ、たまには、けづくろい?で舐めて貰ったりしています。^^; やんちゃなハジメちゃんが、新子はむ達にじゃれて怪我とかさせそう とかも思いましたが、ちょっとは分かっているのか? 茜ちゃんが外へ食事の間、ハジメちゃんは 新子はむ達を舐めて面倒を見てあげたり?しているみたいです^^;

・・・・・新子はむ誕生で、振り出しに戻ってしまった感じ・・(爆) 、という事で子はむの成長観察日記は、これで終わりです。(^^);

戻る ホーム