■悲しい事

なぜか、篭から、いつもと違う気配がある事に気が付き・・・ 見てみると・・・茜ちゃんが子供を産んでいました。

しかし、とても悲しい事に・・・ 私が気が付いた時には、ぴくりとも動かない3匹の亡骸があり 1匹しか生存を確認できませんでした・・・(T_T) X-FILEの宇宙人惨殺みたいな状態・・・

ハムスターの出産は私は初めての経験であり、茜ちゃんも 多分、最初なはずですが・・・・・ 今回は、みんな元気で幸せというわけにはいかなかったみたいです。 初回から、厳しい現実を見せられてしまいました。

親に噛まれたとかの外傷とか血とか・・ 特に見当たらないかったので、死産だったか 生まれてすぐ、なんらかの原因で死んだのでしょう・・・・ 育児放棄によるものだとは、思えませんでした・・・ 産後とか気が立っている恐れもあるので、 へたな事はしないでそのまま放置するしかないわけですが・・

死んだ彼らのお墓が立つ事はありません・・なぜなら・・ 数をあまり生まない哺乳類ならそんな事はしないと思いますが 食物連鎖の下の方の動物は、生き残り、増やす確率を高めるために 何でも利用するんでしょう。 たとえ、我が子でも死んでいたら、只の肉の塊で栄養のある物でしかなく これからの子育てに必要な栄養、食料としてしまいます。 かなりショックな事かもしれませんが・・食べられてしまうので 亡骸はないのです。はむ公か茜ちゃんのお腹の中でしょう。 考えようによっては、はむ公達の体の一部になり生きていますという事も 言えるでしょうか?(;_;)

これも、厳しい野生の掟なのでしょうかね?・・(爆

本来なら、1回の出産で4〜十数等、生まれるらしいのですが・・・ 5匹くらい生まれていたとしても・・4匹は死んでしまった事になります。(T_T)

・・・今回、生きているのが1匹ですからね。 ・・とは言え、1匹でも生き残ってくれて、まだ、幸運だったのかもしれませんし、 全滅よりかは、悲しみが少ないですから、まだ良かった方でしょう。


戻る