■■はむ公の部屋■■

はむ公分身+1!(嘘)


(2)

[ホームへ] [1P目へ] [3P目へ] [4P目へ] [5P目へ] [6P目へ] [7P目へ] [お墓]



■はむ公のお友達(お嫁ちゃん?)登場!!(1997.4)

ついに、はむ公の、新しいお友達(お嫁ちゃん?)が登場しました。(笑

やっぱり1匹じゃ寂しいだろうという事で、お友達(お嫁ちゃん?)を 買いに走りました。 今回、私が買いに行った時は、いつもなら数十匹はお店に置いてあるのですが、 なぜだか、ハムスターの数が3匹しか置いていなく、少なくなっていて・・ 品物入れ替え時期だったのかも知れません。

取りあえず、店員のおじさんにメスを1匹下さいって頼んで見て貰った所、 その中には、メスが1匹しかいなかったのですが、抱かせて貰って なかなか可愛く、元気そうで、気に入ったので、その子にしました。

買って連れて帰って、すぐ、ふ〜ん・・名前を決めないといけないなぁ・・と 考えた所、なんとなくパッと閃いたので・・・アカネ(茜)ちゃんに決定・・・(爆 (まあ、いつも雰囲気で決まります・・・(笑))

はむ公も、来てから数ヶ月しか経ってないはずですが・・ 小さいながら、大きくなったなあと思いますね、 来た頃は、茜ちゃんくらいだったのですが・・もう、体格差が2倍近いかも???^^; 3〜6ヶ月?生まれ違いくらいなハズなのに。 目がはむ公よりほんのちょっぴり切れ長の目?かなって思います。


■御対面!!

別々に飼われていたハムスターとかは、いきなり一緒にしないで 慣れるまで、別々に、側で飼って慣らすとか普通はするそうです。

最初に一応、相性チェックとして、最初は金網越しに、見せてやりました。 本当に相性が悪かったらここで、まず攻撃しそうになるから分かるでしょう?。 初めて顔を合わすので、ドキドキものです・・・。

「はむ公!!ほら、茜ちゃんだよ!!仲良くね!!」(笑

金網越しに、くんくん匂いをお互いに嗅いで、 お互いに興味があるのか?いい感じで・・しかも・・ はむ公「もふもふ!!」(早くこっちに来てくれよ!!)・・って感じでした。(^^); 茜ちゃんも、まんざらでもない感じで、危険な感じはありませんでした。

じゃあ・・ということで、今度は、金網を外し、 (危険時はすかさず退避できるように) 籠の台の部分だけにして、2匹を中に入れて様子を観察・・・ しかし、心配とは別に、はむ公は気にいった感じを受けました。 茜ちゃんも、警戒とかしなくて、いい感じでした。

次の段階として、籠に一緒に入れたままで、すぐ目の届く所に置いておきました。 すると、30分くらいで、側で寄り添って丸まって寝始めたました・・・

相性が悪いならこれはないだろう・・OKだろうということで 私の感覚じゃ、初対面だったハズなのに、全然、悪くない相性に見えました。 人の目が離れた時に、いじめたり、喧嘩する事もあるという話も聞いたので・・ まだ、心配がありましたが・・しばらく放っておいても 喧嘩とかしていない感じで、怪我もなく、 どうやら、そういう事は全くないみたいでした。 というわけで、無謀な感じに思われるかもしれませんが・・ 今回、うちでは、慣らし期間なんて、全く殆どないまま、買って来たその日に もう一緒です・・(爆 ・・・こういうのは珍しい方なのでしょうかね???(^^);


■やさしいはむ公?

はむ公1匹の頃は、ハムスターが鳴くのを聞いた事もなかったのですが・・ 茜ちゃんは、鳴きますね^^;; 「けっ!!けっ!!」?という風な泣き声をあげるみたいですね。 (小さい子供用の歩くと音がする靴から出る音や、縫いぐるみのお腹を押すと 音がするものがありますが、それを軽く押さえた時のような音に聞こえます。) 怒ったりすると鳴くって、前、聞いていたのですが・・ 喧嘩してるっていう訳ではなさそうです。

はむ公は一応、年上の感覚があるのかどうかは分かりませんが・・ はむ公が寝ていて・・・ 「けっ!けっ!」(そこに行きたいからそこをどいてよ!!)って感じの 茜ちゃんのワガママを寝ていても・・怒って喧嘩とかはしなくて のそのそ・・・っと起きて場所を空けたりして聞いてるみたいです。(^^);; よく鳴くのは茜ちゃんだけでしょうか? はむ公は怒って鳴いたりしてないみたいですね。 ・・・はむ公やさしい奴だ・・(笑


■ちょっぴり、うらやましい・・?(^^);

わさわさ、狭い所で、丸まって寝ているはむ公の上に 茜ちゃんが覆い被さった上、・・・どういう寝方なんだ?!!と思える様な なんか無理な体勢で、気持ち良さそうに、寝ているのを見てると・・

はむ公の背中とか、ふわふわしていて、とっても、なんか気持ちよさそうなので・・ はむ公が巨大だったり、人間が小さかったら・・いいなあとか思ったり・・ ちょっとだけ茜ちゃんがうらやましいかも?(爆・・・あはは(^^);;; まあ・・たまには、はむ公が、茜ちゃんを枕にしている時もあるみたいです(笑


■2匹だと面白い?

2匹いると、結構、間抜けな場面を目撃してしまいますね。 1匹が回し車で、遊んでいる所に・・・ もう1匹が同時に乗り込んで、2匹が反対方向へ向かう場合は 勿論、回る訳がないのですが・・・

「もふ?」(おや?)
「もふふふ!!」(回らないぞ?!)
「ももも!!」(なんでなんじゃ!!)
と同時に回し車、内で登ろうとすると・・茜ちゃんの方が体重が軽いので・・ ぐりん!!と茜ちゃんが一回転してしまう場面を見掛けてしまいました。(笑

この場合、どちらかが弾き出されて、まあ普通に遊べる様になりますが・・(^^);
回し車が回らない時の2匹の悩み具合が見てて「ぷっ」っと笑えてしまいます。

また、同時方向に向かう場合は、回し車は、2匹で走れるような 幅はないので、団子状態になったり・・・ あたしがするぅ!!オレじゃ!!っと軽い奪い合い状態 になったりする時もありますね(^^);; まあ、1匹の独占状態にはならなくて、交代でやっているみたいです。(^^);


■茜ちゃんの得意な事

はむ公達は、部屋が暗くなると、活動が活発になるんですが・・ 夜中、起きて手元の明かりを点けた時に薄暗い部屋の 籠の上の方にぴょこぴょこ動く物が見えて・・・ な、なんじゃ?!と思って良くみて見たら、茜ちゃんでした。(笑


(籠の上部からはみ出して見える謎の物体(笑))

茜ちゃんは、籠渡りが得意みたいです。 落ちたりしないで、上手に天井まで登って渡って遊んでいますね。 見てると・・3分くらいは平気でぶらさがりぱなしで・・・ ひょいひょいひょい〜とジグザグに渡ったりして遊んでいます。 飽きると、落ちないで、ちゃんと側面からうまく下まで降ります。

茜ちゃん、前世は、もしかしてサル?!とか思ったりして・・(爆(^^);

はむ公は、得意ではないので、天井登りはしません。 籠の側面を登っても、そこで、どてっ!!っと落ちちゃいますね。(^^);


■茜ちゃん

茜ちゃんは、飼い主の顔を見る時、顔を横に向けて、じ〜っと こちらを観察しています。(はむ公は、正面でこちらを見ます。) 単に、頭の中では「なんかおやつくれないかな?」なんて 事しか考えていないのかもしれませんが・・(笑


■ちょっと気が付いた事

はむ公が回し車で遊んでいる所を、ふと、見てて気が付いたのですが・・ 前後から見てると・・・

時々、回し車の梯子状になってる間から、 足が出てる事に気が付いてしまいました(^^);; 気が付くまでは、うまく踏み外さないで遊んでいるんだなあと思っていたのですが 意外とそうではなく、強引に遊んでいるものなんですね。 ・・・なんか、へたすれば、足の骨折れそうとか思ったりして・・少し恐かったです。 足を取られて、「ぐりん!!」とか、なりつつも はむ公達は、そんな事は関係なく、ガンガン遊んでいますけど。(^^);


■ジャンガリアンハムスターの体

ハムスター見ていると、犬や猫に比べて、なんでこんなに形が変わるのかな?っと 思えて、面白いです。 丸まったり、ビール瓶形状だったり、ナメクジ形状(^^);;だったり・・ 自分で丸まって、体に頭を入れている所を見ると、鼻、口の部分が引っ込んで 顔が平らに近くなったりもしますね。 いじけている時なんか、もうまっ平らです。(笑

また、普通のねずみのように長い尻尾だと、 体のバランスを取ったり出来ると思うのですが 退化したのか、何の役目があるのかは分かりませんが 5mmほどの小さい尻尾が、ちょこんと白くて、これがまたかわいいんです。(笑 ・・・やはり、見てて、飽きません(^^);;

・・私は、このビール瓶形を見ていると、なぜだか・・ 幻の動物、ツチノコ!!っていう物が、 連想されてしまいます(^^);


■赤ちゃん誕生!!

茜ちゃんが、うちに来てからそんなには経っていませんが・・・ 赤ちゃんが産まれました。 ハムスターの妊娠期間は2週間くらいだそうなので、それくらいの時間はもう経って いますけど、なかなか早かったように思えます。 茜ちゃんが、ガンガン、はむ公並に大きくなっているなあと思っていたら こういう事だったみたいです。^^;; しかし、現実の生き物なので、 単にかわいいよねだけではなく、 生や死に関する事は、起こってしまいます。 うれしい事だけでなく、運命のいたずらというか、 1部死産という、悲しい事もあります。

(免疫のない人には、かなりショックな内容ですので、別ページに書きますが 興味があっても、あまり読まない方がいいでしょう。 悲しい事

多分、茜ちゃんも初産だと思いますし、 ハムスターの出産は、私にとって、初めての経験でしたが・・・ 初回から、厳しい物を見てしまいましたね〜(;_;)

というわけで、1匹の赤ちゃんが増えました。

普通なら、食物連鎖の下の方の生き物は、子供が多いのですが・・ こうなってしまったら、数は、人間とかと大して変わらない事に なってしまいました。

目はまだ瞼が出来ていないので、塞がったままで 毛は生えていなく、ピンク色です、2cmくらいでしょうか?。

<-何これ?^^;(爆)

X-FILE宇宙人ネタのような宇宙人みたいで色がピンクです。(爆) 時々、チーチー鳴いています。

まあ、こういう赤ちゃんは、昔、十姉妹の雛が生まれた時に見慣れているので、 そんなに、気持ち悪いとは思いませんね。 ぱっと見なら、似た様な感じの赤ちゃんです。(爆

一応、茜ちゃんは面倒みている様なので、 育児放棄はしていないみたいなので、一安心です。

オスメスは、まだ不明なので、名前は大きくなってから 付けようと思っています。当面は、子はむとでも呼んでおきましょう(笑。


■私は心配性??

本来なら、1回の出産で4〜十数匹くらい、生まれて それが育つ訳ですが・・・ 今回、生きているのが1匹ですからね。

親がたたでさえ小さいのに、その子はもっと小さいですから・・・・ まだ、目も見えない、ちょっと親に踏まれたりしただけで すぐ、死んでしまいそうな、まだまだ、弱々しい体ですので とても心配です。 (しかも、今回の一部死産の事もあり、とても脆いように思えて・・)

親が餌を食べに外に出ている時に、 子はむが、親を捜して、巣から外に這い出て変な所へ行こうとしているのを 発見したりすると、心臓、ドッキーン!、目の玉でそうになってしまいます。^^;; 育児放棄とかの恐れがあるので、あまり覗き込んだり、 へたに人間が触って連れ戻したりするのは良くないのです。だから

「茜ちゃん!!はやく連れ戻して〜!!!」と祈るだけです。

(一応、親が気が付かない時の非常時用に 人間の匂いが移らないようにして巣に戻す用の プラスチック製のスプーンを準備はしていますけどね。^^;;;)

巣の中でチーチー鳴いているのが確認できたら、無事に生きているんだと 毎回、ほっと一安心です。

ハムスターの親より、飼い主の方が心配していたりして?・・・ うううううう・・・胃が痛い!!(爆 早く、踏まれても大丈夫、自分で餌が食べられるくらい大きくなって欲しい〜!!

子はむが吸い付いている状態で茜ちゃんがそのまま外に出たりして 引きずられて外に子はむが・・・・また変な所へ潜り込もうとしている・・・ 茜ちゃんは全く気づいていない・・・

「茜ちゃん!!!早く気がついて、連れ戻してぇぇぇ!!」(爆

全然、安心できません(爆

はあ・・心配、ふう・・心配・・・胃がいたぁぁぁぁぁい!!!(爆

・・・巣の中でチーチー鳴いている・・・ほっ・・・。

・・・と色々心配しまくりましたが・・・どうやらみんな無事に大きくなりました。


■子はむ、成長観察日記(1997.5)

最初に生まれた子はむ「ハジメ」ちゃんの観察日記です。

子はむの成長観察日記を見てみる


戻る ホーム 次へ