■■はむ公の部屋■■

はむ公分身!!!(嘘)


(1)

[ホームへ] [2P目へ] [3P目へ] [4P目へ] [5P目へ] [6P目へ] [7P目へ] [お墓]




●ここでは、私のペット、「はむ公」の事について、書いています。


■はじめに

私はペットで、ジャンガリアンハムスター(サファイアブル−)を 飼っています。
(店のおじさんがサファイァブルーと言っていたから多分そうなんでしょう(爆))

オスらしいです。いつ生まれたのかは分かりません。
名前は「はむ公」と呼んでいます(爆 < そのままやんけ!!


■はむ公との出会い(1996)

ハムスターを飼うんだ〜とペットショップへ行って、 篭の前で行くと、ハムスターの篭の中にはあんまりいないんだなぁと感じつつ・・
覗いてみると、・・・
1番にはむ公が出迎えてくれました。<(ああ・・思い込み(笑))
・・・もう、この時点で私の心は決まっていました。(爆
1匹だけ、色々、篭を登ったり、パフォーマンスを披露するはむ公・・・
15分程観察・・・・・
元気もいいし、もう決めた!!やっぱり決めた!!(笑

で、ペットショップのおじさんを呼んで、「どれにします??」と、 おじさんが、篭の中の新聞紙をはぐってみてビックリ!! 上に7匹くらい、いたのと、妙に平らだったので一枚の古新聞紙が敷いてある ように見えたんですが、数少ないなあと感じていた、篭に敷いてあるように見えた 新聞紙の下にはハムスターが、いるわいるわで・・皆寝てました(爆

でも、心は、はむ公だったので、迷わずに、決定!!(笑
一応、抱かせて貰って、相性チェック!!
・・・・・う〜ん、良く分からない・・・^^);
私「はむ公、うちへ来るかい?」
はむ公「もふもふふ・・」
・・・さっぱり分からない・・・
まあ・・いいや〜はむ公気に入ったから!! とそのまま、そそくさと、飼育用品一式買って連れて帰ったのでありました。

これが、私と、はむ公の出会いでした・・(爆


■ジャンガリアンハムスターはむ公

ジャンガリアンはゴールデンハムスターより大分、小さいです。顔つきも、 ゴールデンは顔がちょっと、のほほ〜んとした、間延びした顔つきなので、 かなり愛敬がある感じですが、ジャンガリアンは引き締まっているでしょか?
むひょ〜!!かわいいでし!!(爆・・・<ハマッテいる?!
ねずみ系って上から見た時と下から見た時では、相当受けるイメージが違うって 感じます(爆
上から正面の範囲で見ると超、かわいいんですがアオリで見ると ちょっと恐いでしょか?(笑

寿命がハムスターとかやはり、犬とかに比べると非常に短いそうで・・・
3年ぐらいだそうです。
死んだりしたら、凄く悲しいんだろなと今から不安になっています・・
「はむ公!!長生きしろよ!!」(爆

はむ公ですが、本当は写真を撮って載せたい所ですが・・デジタルカメラも スキャナーも持っていないので悲しいですができません。
・・・・というわけでイラストで勘弁してください。(爆

●エサ食い、はむ公(ヒマワリの種)

●いじけて、平面フテ寝、はむ公!!

●同じくいじけて、フテ寝、丸はむ公!!

●警戒モード、はむ公!!目の玉出ちゃいそう(爆

●真夜中に発見!エサを食おうとして寝たのか?
無理な体勢で寝るはむ公!!

●回し車、失敗!!ドジはむ公!!


■はむ公の観察日記

観察日記と言ってもぉ・・・・・・
はむ公は、毎日、食う!!寝る!!遊ぶ!!だけだもん・・・(爆

昼間は2、3時間ぐらいの周期で、たまに起きてエサをの補給しつつ寝る。
夜中の3時ぐらいに、き〜こき〜こ!!(回し車がきしむ音)と運動をやって いるらしいです。
どびし!!はむ公、食う寝るばっかやんか!!(爆
・・・で、じ〜っ!!とひつこく見つめていると、段々いじけて、平ぺったく 平面化したり、丸くなって、フテ寝します。

暗くなると、運動能力が上がります。
明るい時は、「のそのそそ・・」ですが、暗くなると「すたすたたた〜」で 別の生き物みたいです。(爆笑

ティッシュペーパを小さ目に破って渡すと、「もががががが!!」っと
狂ったように入るだけ口の中に詰め込み、自分の寝床に持って行きます。
これがはむ公の仕草で一番見ていて、面白いと思っています。

●狂った様に、頬袋にティッシュペーパを詰め込むはむ公!!

後は、びっくりして、警戒モードになった時も、面白い!!と思ってしまいます。
2本の足で立って手は幽霊のポーズ?(笑
しかも眠そうな時とは違って、本当に見て分かるくらいに目の玉が飛び出して いるので、目の玉こぼれそうとか思ってしまいました。(笑
(上から見ると目が出てるのがよく分かります)

ハムスターは他に飼っている人に聞いた所、怒ったりすると、鳴くそうなんですが 私は、はむ公が鳴くのを聞いた事がありません。

餌と間違えてとか、ちょっと怒った時とか私の指をかじろうとしても 途中でやめますね。「がじっ」じゃなくって「がっ」で止める感じ。
はむ公・・やさしい奴だ。<・・・だから思い込みだって(爆
ハツカネズミなら確実に指噛まれて血だらけでしょか?(経験済み)(笑


■はむ公の食べ物について

主食はヒマワリの種と配合飼料をやっています。
(店のおじさんがこれだけやってればで大丈夫って言ってたけど、
これだけのみにしたらどうなるんだろう??(爆))

主食とは別に好きな物はなんだろう?と、色々、おやつとしてやってみて
調査してみました。
(注)甘い物とか塩分の強い物は動物にはヤバイので避けています。
ネギも避けています。犬とかにもやったら駄目だし、うんうん。

・レタスよりキャベツが好き。
・にんじん、ちょっと食う。
・トマトの皮、好き。
・きゅうり、普通。
・玉子焼き、嫌い。
・生カボチャ、嫌い。
・茹でとうもろこし、好き。
・枝豆、普通。
・クルミ、好き。
・煮干し、嫌い。(「もふ!」とそっぽ向きます、ふん!いらんわ! という感じ?お魚は嫌いみたいです。)
・チーズ、好き。
・ピーナッツ、好き。
・豆腐、好き。
・うどん、好き。(さすが讃岐生まれだなあ!!、はむ公(笑))
・梨、あんまり好きじゃない。
・桃、好き。
・りんご、普通。
・バナナ、普通。
・パン、ちょっと食う。
・バターロール、好き。
・ゆで卵の黄身、嫌い。
・アロエチーズケーキ、好き。(しかし、なんだろう?この商品・・(^^);)

歯の伸び過ぎを防止する、ペット用のガムがあるんですが・・
(ハムスター用はかじりんぼー、ウサギ用はガリガリ君という商品名・・(笑)
ガムとは言っても、超、固めのクッキーみたいな物なんです。)

ハムスター用と書いてあるんですが、多分ゴールデン用なんでしょう?・・
すごくでかいんです(笑、
固いので鋸で切って与えました、
メーカさん、ジャンガリアンとかロボロフスキーみたいな
小型用の物も出して下さ〜い(笑

お魚が入っているので、うちのはむ公は当分、全然、見向きもしませんでした。 でも、最近はかじれる物がないときに少しづつ、かじっているみたいです。 ウサギ飼っている人の話を聞いた所、ガムやると一気にかじってしまって あたりを真っ赤にしてる(ウサギ用のは赤い色が付いているので)そうなんです。 好物だったらそうなりますよね?
む〜やはり、はむ公は魚が嫌いっていう所があるせいでしょかね?


■冬の訪れ

ハムスターを飼い始めて、最初の冬になったわけですが 私は今まで飼っていなかったので、どのようにして冬を過ごせば いいものやら分かりません。 寒さにはどれぐらい抵抗力があるのか私にとっては全くの謎です(^^);; 私の住んでいるこちらでは、北国とかとは違って、そこまで寒くならないし、 雪なんて降る方が珍しいくらいではありますが。

ハムスターは元々、乾燥地帯に生息する動物らしく、 野生では地中に穴を掘って、巣穴の中で生活しているそうです。 穴の中なら外気温が下がっても大分耐えられるはずですが 籠の中で飼っているとそうはいかないでしょうね。 寒くなり過ぎると疑似冬眠もするそうです。 ゴールデンもジャンガリアンも同じな物なんですかね?(^^); 疑似冬眠状態をすると体調を壊す恐れもあるそうなので そんな状態になるのは避けたいと思いました。

只、私は、ハムスターを飼っている自分の部屋にもエアコンがあるのですが 夏場は耐えられないのでオンにしますが、 冬場は部屋全体の温度が上がるとどうしても、 頭がぼ〜っとなってしまうのが嫌いなので、どんなに寒くても、 スイッチは入れずに赤外線コタツのみで耐えます(笑 しかし、これでは、ハムスターの籠の温度が保てないので・・・

・・・こんな風に、丁度、余っていた小さい温風ヒータと紙筒と段ボール箱を 組み合わせて暖房するようにしてみました。

直接ヒータの風を送るとかなりの高温になるために はむ公が死ぬ恐れがあるので 温風ヒータは風を上下から出して温風を分散して弱めて 紙の筒でその一部を送るようにしています。

開いた段ボール箱の中に籠を入れて・・ 段ボール箱の中で風が反射されるのを利用して暖めようという ものです。(^^);;

段ボール箱を閉じて直接送風の方が効率はいいですが、危険なので、 普段の監視ができるのと、もし、温度が上がり過ぎても、 はむ公が風の来ない所へ待避すれば 大丈夫なので、敢えて空けてる方法を取っています。

そして、もう一つ防寒対策として中に入るのが好きな ポテトチップスの空の紙筒をちょっと短くして 固定して巣箱に利用しています。(^^);;

●おやつを餌皿に入れるとポテチの紙筒から眠そうに、目も開けず鼻だけ出して 匂いでだけで確認するはむ公。コラ!!ちゃんと起きろ〜!!(爆

●お互いにビックリ!!!!!はむ公と飼い主の私。
冬場は、やはりはむ公も、籠もりがちで、はむ公ともあまり出会わないですが 出てきてないよねっと思って、籠の前を通りすがりに覗いたりした時に たまたま、餌食いとかに出てきているはむ公と遭遇すると お互いに「ドキッ!!」としちゃいます(爆

もしよろしければ、ハムスター飼育歴の長い方、冬場はこうしたらいいよ っていうのがあれば、良いアドバイス下さいませ。(^^);;


■はむ公と遊んでみる

図の様に、片方に籠を置いて、反対の手の平にはむ公を乗せると ててててて〜と首の背中側を通って反対の手の平まで 走って渡ります・・(笑

体の向きを変える事により数回往復します(^^);;

これを私はテトごっこと呼んでいます。(爆(^^);

普段は、はむ公を抱いていると(抱いて・・と言っても小さいので、 乗せてるって感じですが(^^);) まあ、飼い主の体を登り下りしたり隙間に潜り込もうとしたり 服の布のたるんだ部分をガジカジして遊んだりしますね。

●服をガジガジするはむ公

小さ過ぎるので、間違って踏みつぶす危険もいつも存在しているわけで もし、どこに潜り込んだか分からない状態で間違って踏む事 を考えるだけでも、凄い怖いです。(T_T)ぞぞぞ・・・ だから、存在を忘れてしまう程長時間は、籠の外で遊ばせてやるわけには いかないのがちょっとかわいそうですね。

でも、ちょっと考えただけでも コンセント、引き出し、カーテンを登った上にある換気扇、 かじると有毒な物質、排水溝、うろつく人間・・・ 人間のお部屋には、ハムスターを放して遊ばせてやるには 本当に危険な物がいっぱいですから出来ませんね。 間違って部屋の外に逃げてしまったら、天敵の猫もいるし・・ 籠の中が一番安全な場所です。 ハムスターにとっては窮屈でしょうけど、死んでしまいますから、 かわいそうでも我慢してもらわないと・・(^^);;;


・はむ公の絵
(1997.01.26、16M色、SIZE-446*405)

ペインターを立ち上げたついでに、お気楽に はむ公を描いてみました。(^^);; (イメージをクリックすると元のサイズで見れます)


■はむ公の遊び場を作ってみる

・その1

飼っている篭より3倍くらい広い、ダンボールの箱があったので、 この中なら、篭の中より広いし、はむ公が安全に遊べるだろうなと思い付き、 箱庭感覚で、空缶、ペット用はしご、紙筒、登れるように古新聞紙を丸めた物、 潜れるように破いた古新聞紙をそれなりに配置して遊べるようにしてみました。

結果:NG
最初は、新聞紙の切れ端に潜ったり、新聞紙の丸めた物を登ったり 空缶の中で、毛づくろいしたり、それなりに遊んでいたのですが しばらくすると・・・・

もふふふ!!(もう、飽きた〜!!)

ふもももも!!(ここから、出しちくりぃぃぃ〜!!!)

飽きたのと、やはり落ち着かないのか、はむ公は気に入らないみたいでした。 隠れる場所はあっても、広い所はあんまり落ち着かないんでしょうか?

・その2

元々、ハムスターは穴に住む動物だったはずなので、 潜れる物があれば、潜って遊ぶかも知れないということで、 底のある大きな紙筒があったので、巣材用に売られていた、おがくずを 入れてみた物で試してみました。


おがくずの中に潜行するはむ公!!

・・・・・しかし、5分後・・・

結果:NG

ふももも!!(ここから、降しちくりぃぃぃ〜!!!)

一番底の方まで潜っていたので、予想通り、潜る事は好きそうでした・・・しかし、 はむ公が潜るにはまだまだ、底が浅いのかもしれないです、またちょっと狭いですし。 後、掘った穴が崩れるとか、おがくずはいまいち気に入らないとか、 あるのかもしれませんね。(^^);(土ならいいのかも?) ・・・・ということで 今回のはむ公の遊び場を作ってみようというのは見事に失敗でした(笑。


ホーム 次へ