HOME はなびし Link Profile BBS
ホーム まんが もじ しゅみ 過去 リンク HighTech? 掲示板

ハイテクまんがの本の使者、その名もハイテクマン「ガノフォン」! ハイテクまんがの本

 気がついたらスーパードールリカちゃんの設定年齢9歳って自分の娘でも全然おかしくないんだよなあと思ってちょっと考えてしまった30歳独身の誰かさんな今日この頃、皆様いかがお過ごしですか。ここは神尾陸奥の本業である(うそ)変な絵やマンガなどを紹介しようって企みです。企画って言えよ。
とゆーわけで、ここだけ本当に更新頻度が低いのですがこれは何も神尾が悪いんじゃなくて社会が悪いのさとか言いながら刹那的に生きる今どきの若者として僕も何かをなさねばならぬとか思った。(何をブツブツと)
まあ気長に待って遅れ、もとい、おくれ。どのくらい待つかというとまあ一概には言えませぬが単位は世紀。ほら宇宙では長さの単位が光年じゃないですか。あれあれ。(何が)

紙に書いていたマンガ群


昔の同人誌とかは過去の栄光に掲載しているのでみんなも見るといいと思った。新しいweb用マンガは今計画中ですと言いながら早2年。やだなあ。信用してくれよう。


theおなじとこ探し


企画モノです。神尾としてはAVは企画モノがいいですなあ。
それはさておき、昔ある本に応募したおなじとこ探しの原稿が出てきたので載せたのだった。
ここから見るがよい


なにこれというようなアレ

まあ何ですな。アレですな。代名詞では分からん。
PhotoShopとかタブレットとかハイテク機器その他を揃えいっぱしのCG作家みたいですが中身はこれ。
こんなポンチ絵でも貴重な回線資源を消費しているのかと思うとちょっと感動ですな。ようし、もっと描くぞ。

1:関取さんの絵 2:お箸名人さんの絵 3:ヤンキーさんの絵 4:美少女天使凌辱(おい)



春の4コマ(ほのぼの系)

 神尾の所属する某団体発行の機関誌用に描いたものです。
 最近職場関係の多くの人にまんが描いてることがばれて(ってゆーか隠さないし)あれ描いてこれ描いてってモテモテですがまいったねどうもハー、あ〜あ(疲れとるやないの)これもその一つなわけです。
 しかしどうも職場向けのまんがは好き勝手できんのでつらいね。いつもの神尾のまんがを知ってる人には何これつまんないわペッペッペッソーランアレマってな感じですが許してくだせぇ。
 そうそう、サイズ等の関係上ちと読みにくいかもしれんですが、こればっかしはどーしようもあるけどめんどいのでどうもしてないです。とゆーわけで耐えてけろ。


↓これがそれだ↓(レイモンド風に((C)おはスタ)
キャラ設定:一応シリーズ化を念頭に置いてるのでキャラ設定があるぞ。まず右側の男性の名は東久邇宮長六郎土佐日記スペシャル。お酒大好きお酒星人&実は左の娘に惚れ惚れホーレソレなので機会があれば酔わせてうーひょひょひょなどと考えているがその願いは後述により一生かなわないのだ。彼のチャームポイントはうなじにある金のほくろだが前向いた絵描いといてそりゃねえだろという意見にはごもっともと返して謝るがその前にちょっと僕の話も聞きたまえ。って、あっもう言うことないや。次に左側の娘だが名前は稗炉繰府(ヒエログリフ)シャンポリオン佑実スペシャルエディション。チャームポイントは右太ももの内側にある蝶の形したほくろ。って書いといて図解の一つも無しかよそりゃねえだろって自分で自分を責めてみたりしたら許してくれるだろうか。あと一昔前に流行ったウーパールーパーの可愛いプリント入りのパンツが自慢だったがこないだお母さんが間違えて捨てちゃったので怒り心頭に達し必殺のフライング・クロス・チョップで母を華麗に殲滅しようとしたらカウンターで軽やかに返され流血の大惨事だったが慣れたものだったので2秒で止血したことは君と僕だけの秘密さ。お酒は嫌いだが一回にウォッカを6兆リットル飲んでも腹裂けて死んじゃうことを除けば全然平気ってくらい強い。って死んでるやん。なのでのでので東久邇宮と飲酒対決をして樽酒を7樽空けたところでコップ7杯でギブアップしてる東久邇宮に気付き仕方ないので車で送ってあげたという逸話があるほどの優しい娘さ。でも翌日妙なうわさが立って困ったので対策を十分考えた結果もっと妙なうわさを自分で流して確かにさっきのうわさは消えたけど余計に自分の首絞めちゃうなんて馬鹿なところもあるお茶目さに僕らはメロメローメローイエロー。何で誰も賛同してくれないのさ。

上の文読んでくれました?(読めるか)
ちゅーわけで、タイトルはこれだ!クリックしてけろりんが星人。
新人さんいらっしゃい(ヘボ題)



 どうでしたか?山田君全部持っていきなさい。はいかしこまりました。


本を選び直す
ハイテクまんがの本 ハイテクもじの本 ハイテクしゅみの本 ハイテク過去の栄光

トップページに戻る
はなびし What's HIGH-TECH?
リンク応変マン