'98.11.15

title.gif (18918 バイト)

 クラシック音楽を中心に第1印象を綴るページです。従って、専門用語はほとんど出てきません。鑑賞・コレクションの一助となれば幸いです。只今、構築中。

newitem.gif (725 バイト)

作曲家 曲   名 コメント 備考
グラズノフ 交響曲 第4番 忘れられた名曲。大変充実していて聞き応え十分。さらに、チャーミングなメロディーが目白押し。 ***  
リスト 交響詩「ハムレット」 暗く陰鬱すぎる。    
ドビュッシー 交響詩「海」 表題を見事に再現した凄い音楽。鑑賞には想像力が必要とされる。BGMとして楽しむことはできないのでは? ***  
フォーレ 前奏曲 Op.103 第1番 表面的には静かで穏やかだが、内部に不安、暗さが隠れている。  
カバレフスキー チェロ協奏曲 第1番  全体的に陰鬱でソビエト的、ショスタコーヴィチ的な個性的な曲。中に美しいメロディーが散らばっている。    
モーツァルト,L トロンボーン協奏曲 ト長調 バロック風の古雅な曲だが、繰り返しが多く、やや単調。録音は残響が多めで、心地よい。 NAXOS
ショスタコーヴィチ 交響曲 第1番 独特のメロディーとリズム感を持ち、非常に現代的。心を慰めてはくれない。  
アイアランド あの頃に 詩情をたたえ暖かく美しい曲 **  
ボッテジーニ コントラバスとピアノのための作品集第1集〜エレジー、夢想 大変、聞きやすく、掘り出し物。 *** NAXOS
ブルッフ ヴァイオリン協奏曲 第2番  第一楽章は映画「シンドラーのリスト」に似たメロディーが出てくる。美しいメロディーのオンパレードで、シンフォニックな協奏曲。 **  

mail.gif (1264 バイト)