Zero-100の写真
Victor  Zero-100
3WAY SPEAKER SYSTEM ¥125,000

1982年にビクターが発売したスピーカーシステム。前年に発売されたZero-1000の弟機と
して,その先進的な設計は受け継ぎつつ,より手の届く価格で発売されたスピーカーシステム
でした。当時,ビクターがうたっていたW&D(ワイド&ダイナミック)思想のとおり,反応の速い
明るい音が特徴的でした。

Zero-100は,4ウェイシステムであったZero-1000に対し,より一般的な3ウェイシステム
として構成され,しかもすべてのユニットにファインセラミック・ダイアフラムが使用されているこ
とが最大の特徴でした。

ウーファーは,32cm口径のコーン形で,Zero-1000の技術を受け継ぐものでした。紙コーン
では不可能な頂角の浅い強度の高いアルミニウム・コーンをファイン・セラミックスで処理する
ことで,形状効果(コーンくぼみによる周波数特性のあばれ)や不安定なローリング現象を防ぎ
余裕を持ってピストニックモーションの領域のワイドレンジ化が実現され,通常の紙コーンでは
800Hz程度であった高域共振周波数が3kHzにまで達していました。このウーファーを500Hz
までという余裕の使用帯域で使用し,不要音放射を抑えるシールデッド・エッジとあいまって,自
然で軽やかともいえる低音再生を実現していました。

Zero-100のウーファーZero-100のウーファーの構造

スコーカーは,6.5cm口径のドーム形で,半球に近い深絞り加工を施したアルミ基材のドームに
ファインセラミック処理を施すことで,さらに剛性を高め,16kHzに及ぶ高域共振周波数を実現し,
トゥイーターとしても使えるほどのワイドな特性を確保していました。このダイアフラムをウーファー
なみの強力な磁気回路で駆動し,クリアな中域再生が実現されていました。

Zero-100のスコーカーZero-100のスコーカーの構造

トゥイーターは,3.0cm口径のドーム型で,スコーカー同様に深絞りのアルミドーム基材にファイ
ンセラミック処理が施されたものでした。トゥイーターでは,ウーファー,スコーカーとは異なり,より
軽質量化と高剛性化を図るために,物理蒸着によって,ドームの両表面に2μm厚の結晶化ファ
インセラミック層を形成するという技術を採用し,アルミ材では10数kHz程度の高域限界周波数
を32kHzにまで高めていました。振幅歪みの少ないタンジェンシャルエッジを採用し,19,500
ガウスに及ぶ高磁束密度の強力な磁気回路での駆動ともあいまって,高いリニアリティと耐入力
を実現していました。

Zero-100のトゥイーターZero-100のトゥイーターの構造

エンクロージャーは,Zero-1000と同じく密閉型で,ユニットの垂直軸上配列も継承されていまし
た。青い色が印象的なフロントバッフルは,UGレジン材によるもので,木材では実現しにくい頑丈
で適切な補強を施したスーパー楕円形状により,回析効果による音質への悪影響を抑えていまし
た。Zero-100に用いられたUGレジンは,より軽量で強度の高い改良素材の新UGレジンでした。
また,このUGレジンは木材に勝るとも劣らない音響特性,鳴きや濁りの少ない響きの良さももって
いるということでした。エンクロージャー内部では,吸音材として100%ウールが使用され,吸音材
からの微細なノイズの低減も図られていました。
内部のネットワークや内部配線には特殊な同芯撚り構造の無酸素銅ワイヤーが用いられ,各素子
間の接続部分からハンダ付けは一掃され,すべてカシメと樹脂封入による酸化防止が図られてい
るなど,細部まで歪みの原因の追放が行われていました。レベルコントロールは,銅接点の定イン
ピーダンス型が搭載され,音の放射に影響を与えにくいように,エンクロージャーのバッフル面では
なく,サイドパネルに配置されていました。

以上のように,Zero-100は,上級機Zero-1000に比べ,3ウェイ構成と,規模は縮小されたシス
テムであるものの,細部までしっかりと物量や技術が投入された力作で,その軽やかでクリアな音
は実に新しさを感じさせるものでした。私自身,当時,スピーカーをグレードアップすべく10万円台
のスピーカー選びをしていて,購入候補の一つにあげて考えていたことを今でも思い出します。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



感動鋭利に
オール・ファインセラミックスの音。


新しい時代がみえる,
ワイド&ダイナミック・クオリティ。


◎オール・ファインセラミック・ダイアフラムの
 ワイド&ダイナミック3ウェイ。
◎圧倒的な強靱さで晴れやかにうたう低音,
 32cmファインセラミック・コーンの
 シールデッド・エッジ・ウーハー。
◎忠実度をここまで極めて
 クリアーにフォーカスする中音,
 6.5cmファインセラミック・ドーム・スコーカー。
◎音楽のディテールをくまなく
 精妙に描きぬくオーバートーン,
 3.0cmファインセラミック・ドーム・ツィーター。
◎木質素材を超えた音響特性を追求,
 新UGレジン・ボードのスーパー楕円バッフル。
◎コンピューター・モーダル解析による
 高剛性W&Dキャビネット。
◎あらゆる歪を徹底的に抑えた
 高リニアリティ・ネットワーク。




●Zero-100型仕様●

種類 3ウェイ密閉型
スピーカー・ユニット 32cmファインセラミック・コーン 
6.5cmファインセラミック・ドーム 
3.0cmファインセラミック・ドーム
最大入力 130W(ミュージックパワー)
再生周波数帯域 28Hz〜32,000Hz
インピーダンス 6Ω
出力音圧レベル 92dB/W・m
クロスオーバー周波数 500Hz/4,500Hz
レベル・コントロール 定インピーダンス ステップ式
(スコーカー及びツィーター)
寸法 420(幅)×740(高さ)×365(奥行)mm
重量 35.5kg


※ 本ページに掲載したZero-100の写真・仕様表等は1982年
 10月のVictorのカタログより抜粋したもので,日本ビクター株式
 会社に著作権があります。したがって,これらの写真等を無断で
 転載,引用等をすることは法律で禁じられていますのでご注意く
 ださい。

★メニューにもどる        
 

★スピーカーのページ5にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp