チューナーのコーナー
FM放送は数多くの専門誌があったほど人気のあるソースで
した。そのため,数多くの個性あふれるチューナの名機たちが
存在していました。そんな名機・銘機たちについて振り返って
みましょう。

 
L-02Tのページへ
KENWOOD L-02T
FMチューナーといえば,これを取り上げないわけにはいかないでしょう。
とにかく価格もさることながら超弩級のチューナーでした。その性能,特
にそのあまりに生々しい音にはただ驚きでした。個人的に当時欲しくて
たまらなかったのですが,ついに手にすることはありませんでした。これ
でFMエアチェックをしたらどんなにか音が良かったでしょう。(FM放送も
今より音が良かったような気がします。)とにかく,FM放送全盛期の最期
を飾った名機でした。これを実際に所有していた方のご感想をぜひお聞き
したいです。

KT-9900のページへ
TRIO KT-9900
FMのトリオが1976年に初のパルスカウント方式のチューナーとして発表
したKT−9700に続いて,2年後の1978年にパルスカウント検波のIC化
に成功し,初めて搭載して発売した最高級チューナーでした。後のL−02T
に引き継がれていくサンプリングホールドMPXなどの新技術を搭載し,各部
部品などにも贅を尽くして開発したため,価格が当時で200,000円にも達し
重量もL−02Tより3kg近く重い15kgもある高性能重量級チューナーでした。
ちょっとした高級プリメインアンプ並のその筐体は,シンセサイザーチューナー
時代の現代から見ると隔世の感がありますが,オーディオ機器としてのどっし
りとした存在感が印象的です。

L−01Tのページへ
KENWOOD L-01T
1979年に,トリオは高級品のLシリーズ専用のケンウッドブランドを国内向け
に使い初めました。その第1号機のプリメインアンプL−01Aとペアになる高級
チューナーとして同年発売されました。KT−9900の技術を受け継ぎ,さらに
マグネティックディストーションを排除するための非磁性体構造を採用し,検波
回路やMPX回路の電源部を他から独立して設けた2電源構成などを加え,性
能を向上させて登場しました。何よりも,非磁性体構造による全身樹脂製ブラッ
クパネルとアクリル製のフロントパネルを持つ独特のデザインは当時きわめて印
象的で,従来のトリオのチューナーのイメージを変えるものでした。

     
T−429Rのページへ
ONKYO T-429R
 

T−437のページへ
ONKYO T-437

それほど目立ってはいませんでしたが,オンキョーも性能の良いチューナーをいろい
ろ作っていました。ここに上げた2機種は,同じカタログ(1983年9月)の中に並んで
掲載されていました。
T−429Rは1981年発売のT−429の改良版として1983年に発売され,7連バリ
コン採用の高性能アナログチューナーとして優れた性能を発揮していました。オンキョ
ーの優れたアンプ技術を生かしたサーボアンプICをオーディオ部に採用し,トリオとは
また違った柔らかみのある厚みのある音を実現していました。
T−437は,同じく1983年発売のデジタルシンセサイザーチューナで,バリコンの代
わりにバリキャップを使っており,サイズがやや小さくなり重量もやや軽くなり,AM部
も搭載して価格は同じ69,800円でした。カタログデータを見ても一長一短で,恐らく
T−437がお得に見えたのではなかったかと思います。しかし,個人的にはT−429R
の方が好きでした。みなさんは,今ならどちらが魅力的に感じますか?それぞれの詳
しいページを見て比較してみるのもおもしろいかもしれません。
この時代以降アナログチューナーは次第に衰退してゆき,バリコンを作るメーカーもな
くなっていきました。そして,FMチューナの絶頂期はL−02Tを最後に終わりを告げた
のでした。

F-700のページへ
PIONEER F-700
パイオニアは,トリオほど知られていませんでしたが,性能の良いチューナーを作って
いるメーカーでした。このF−700はトリオ以外で「パルスカウント方式」を採用していた
FM専用チューナーで,性能のなかなか良かったものです。パイオニアでは「ビートレス
・パルスカウント」と呼んで,歪みやSN比などの特性がより改善されているとうたってい
ました。価格も考えるとバランスの取れた製品で,当時,私も「チューナーは,やはりトリ
オかな。」と思いつつも気になっていたチューナーでした。

F-120のページへ
PIONEER F-120
パイオニアが1982年に発売したFM/AMチューナー。上記のF−700から2年後の
製品です。この頃になると,シンセサイザー方式全盛となり,アナログ式チューナーが
見られなくなっていました。それとともにチューナーが話題に上らなくなっていきました。
そんなとき登場し,新しい回路方式,復調過程のデジタル化で久々に大いに話題にな
り,人気を博したチューナーでした。実際,手ごろな価格の割に音もよく使いやすい実
用的なチューナーだったことが印象に残っています。同じパイオニアの上記のF−700
と比較してみてもおもしろいかもしれません。どちらが魅力的に感じますか? 

L-03Tのページへ
KENWOOD L-03T
 

KT-3030のページへ
KENWOOD KT-3030

ケンウッドは最後までバリコンを使ったアナログ式チューナーにこだわりを見せたメー
カーでした。このL−03Tは,L−02Tの弟機として発売されましたが,シンセサイザ
ー式への時代の流れの中で最後のアナログ式チューナーとなりました。これ以降,バ
リコンを作るメーカーも技術者もいなくなり,アナログ式のチューナーは完全に姿を消し
ました。KT−3030はそんな中,L−03T発売の約1年後に発売されたケンウッド初
の高級シンセサイザー式チューナで,音質的にアナログ式に劣るといわれていたシン
セサイザー式チューナへのケンウッドの一つの回答だったのかもしれません。しかし,
時代は移り変わり,チューナー自身が話題の中心とならなくなっていってしまったので
す。(FMエアチェックも死語となりましたね。)

TU−X1のページへ
SANSUI TU-X1
サンスイが1979年に,発売した高級チューナ。大型で超弩級のプリメインアンプ
AU−X1とペアになるチューナーとして発売されていました。当時は,プリメインア
ンプと同じ大きさのチューナーというのが普通でしたが,それにしてもパネル高が
20cmもあり,重量も16kgもあるまさに超大型重量級のチューナーでした。これは
FMチューナーとAMチューナの2台が一体化した設計になっていたためで,FMの
音だけでなく,AMの音も重視した設計により,AMの音はとてもAMとは思えない
ほどしっかりしたものでした。今作るといくらかかるか分からないほど凝った設計が
印象的な1台です。  

T-419のページへ
ONKYO T-419
オンキョーが1979年に発売したFM専用高級チューナー。新開発のセラソイド検波
という高性能な検波器を持ち、7連バリコンによるトリプルチューン、スーパーサーボ
方式を初めて搭載したオーディオ部など中味の濃い優れた性能の高級チューナでし
た。デザインが半値以下の弟機T-417とほとんど変わらず特に高級感を外観に出
そうとしていないところがオンキョーらしいところで、外観で損をするタイプのオンキョー
の最高級機でした。

T-9のページへ
YAMAHA T-9
ヤマハが1979年に発売したアナログ式の高級チューナー。ヤマハらしい繊細なデ
ザインと高性能を誇るヤマハ製アナログチューナー最後の名機だったと思います。
シンセサイザー式チューナーへの過渡期に現れたチューナーとしてアナログ式ながら
プログラム選曲機構を持つというユニークなチューナーとしても印象に残っています。

ST-G7のページへ
Technics ST-G7
テクニクスが1983年に発売したシンセサイザーチューナー。このころにはすでにチュ
ーナーはシンセサイザー方式が主流となり,チューナーも軽薄短小化が進み,5万円
以上のチューナーは珍しくなっていました。そのような中で,テクニクスが持ち前のデ
ジタル,コンピューター技術を投入して作り上げた高性能チューナーでした。7万円を
こえる価格の本機は,当時すでに高級品的存在となっていました。その後のテクニク
スのチューナーの基礎となったチューナーだったともいえると思います。

ST-70のページへ
Nakamichi ST-70
ナカミチが1986年に発売した高級チューナー。ナカミチの高級システムステレオとで
もいった「System70」の一員として開発されたチューナーでした。ステレオ受信が高
音質でできるエリアを大きく拡大する「ショッツNR」というシステムを搭載していたことが
特徴でした。


 
KT-1000のページへ
TRIO KT-1000
トリオが1980年に発売したAM・FMチューナー。KT-9900,L-01Tなどの高級チュー
ナーの流れを受け継ぎ,そこで開発された技術を投入して作り上げられた中級クラスの
アナログチューナーで,その受信性能と音の良さは高い評価を得ました。手の届く高性
能チューナーという感じでした。


 
ST-910のページへ
Aurex ST-910
オーレックス(東芝)が1974年に発売したシンセサイザーチューナー。当時海外では
ぼちぼち登場し始めていたデジタルシンセサイザー方式を取り入れた国産初のシンセ
サイザーチューナーとして画期的な1台でした。ツマミが1個もなく,ガラスパネルをタッ
チして操作するそのデザインは,非常に未来的なものでした。

T-8のページへ
YAMAHA T-8
ヤマハが1981年に発売したシンセサイザーチューナー。ヤマハもチューナーの分野で
よく頑張っていたメーカーでした。シンセサイザーチューナーには比較的慎重な姿勢を見
せていたヤマハも,T-6を皮切りにシンセサイザーチューナーで力の入ったモデルを発売
していきました。その中で,このT-8は,ヤマハのシンセサイザーチューナーの技術的な
基礎を完成させたという意味で名機だと思っています。その洗練されたデザインも今見て
も美しいと思いますが・・・。

ST-A7Bのページへ
SONY ST-A7B
ソニーが,1976年に発売した高級チューナー。ラジオの分野で優れた技術を持って
いただけに,チューナーの分野ではソニーも優れた製品を出していました。ST-A7B
は,5連バリコンにクリスタルロックを組み合わせた高性能チューナーで,ソニーのバ
リコン式チューナーとしては,最後の高級機でした。ガンブラックの精悍なデザインが
印象的でした。

T-2000Wのページへ
YAMAHA T-2000W
ヤマハが1983年に発売した高級チューナー。サイドウッドを配した優美なデザイン
の中に,これまで培ってきたヤマハ独自のチューナー技術を投入して作られたシン
セサイザーチューナーでした。ヤマハらしさを持った重厚かつ洗練されたデザインは
同時期のチューナーの中でも目立っていました。

ST-9700のページへ
Technics ST-9700
テクニクスが1974年に発売した,高級チューナー。9連バリコンをはじめ,各所に当時,
最高のパーツと回路を投入した贅沢な作りのチューナーで,アナログチューナーとして,
水準をはるかに超えた優れた性能を誇りました。テクニクスの歴史の中でも,最高級機
になるのではと思います。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・著作権
等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写真を無断で転載
等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注意ください。        
    
    
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる