TU-S607の写真
SANSUI  TU-S607
QUARTZ SYNTHESIZER TUNER ¥49,800

1981年に,サンスイが発売したFM/AMチューナー。同社の主力アンプ「07シリーズ」とのペアを想定し
たモデルで,同時期のAU-D907F,707F,607Fとデザイン上でのマッチングが図られていました。中
身の方も,前モデルTU-D707とは異なり,クォーツシンセサイザー方式が採用され,同社初のシンセサ
イザー方式のチューナーとなっていました。(なお,弟機?システムステレオ・「フォーメイション」用のチュー
ナーTU-S7もほぼ同時期で,シンセサイザー方式でした。)

TU-S607の最大の特徴は,上記のように「クォーツPLLデジタルシンセサイザー方式」の採用でした。こ
の方式は,フロントエンドに内蔵された局部発振回路からの周波数とシンセサイザー部の正確な基準発
振周波数とを位相比較し,誤差があれば瞬時に修正するという方式であるため,従来のバリコン方式で
問題となっていた,温度,湿度変化など外的影響による周波数変動もなく,きわめて安定した受信が可能
となるため,1980年代になって,広く一般化していきました。反面,当時シンセサイザーチューナーはSN
比等で,従来のバリコン式チューナーに及ばない面もあると指摘されていました。

TU-S607では,フロントエンドとPLLシンセサイザーシステムに検討を行い,ループの応答性の速さを徹
底的に追い込むとともに,パーツのSN比を高めるなどの努力を行った「ピュア・アクティブドライブ・ループ」
を採用していました。「ピュア・アクティブドライブ・ループ」では,バリキャップにバックツーバック型を使用し,
隣接局のイメージ妨害排除能力を向上させ,ローパスフィルターは,高SN比のDCアンプを採用してループ
の応答性を高め,誤差が生じたときの修正能力が高められていました。DCアンプには,独立安定化電源で
駆動され,高速ダイオードでハイスピード化され,スイッチングノイズも低減されれていました。さらに,バリキ
ャップは,フリケンシーコントロール・インピーダンス型の電圧給電で駆動されており,駆動インピーダンスは
制御領域では十分に低く抑えられ,局部発振のSN比低下を防いでいました。これらの工夫がなされた「ピュ
ア・アクティブドライブ・ループ」により,SN比85dB(MONO),80dB(STEREO)というスペックが実現され
ていました。

フロントエンドは,デュアルゲートMOS FETを使用し,上述したように,バックツーバック型のハイQバリキャ
ップを採用して,4連バリコン相当のフロントエンドとして,妨害排除能力が高められていました。
IF段には,群遅延特性のすぐれたセラミックフィルターで高選択度と低歪みの両立が図られていました。さら
に,検波段は,ダブルチューンによる新開発クオドラチュア検波ICが搭載され,高SN比が確保されていまし
た。MPX段には,パイロット信号をスイッチング回路に入る前に打ち消してしまう,パイロットキャンセラー回
路が搭載され,出力アンプにはサンスイ自慢のハイスルーレイトDCアンプが搭載されていました。

シンセサイザーチューナーらしく,多様なチューニング機能を備えていました。UP/DOWNボタンによるオート
チューニング,FM・100kHzステップ,AM・1kHzステップのマニュアルチューニングの他,1〜10のプリセッ
トキーで周波数を直接数字で打ち込むダイレクトセット機能も搭載されていました。プリセットは,AM/FMラン
ダムに10局までメモリーすることができるようになっていました。また,電源を切る前の同調状態を記憶する
ラストワンメモリー機能も備え,タイマーによる留守録音に対応していました。
その他,FMマルチパスインジケーター,FMノイズキャンセラー,キャリブレーション発振器など,チューナーと
して基本的な機能もきちんと装備されていました。

同社のプリメインアンプ・07シリーズを初めアンプやチューナーなどの機器は,これまでブラックパネル一辺倒
でしたが,AU-D907F,707F,607Fよりシルバーパネルのモデルが登場し,TU-S607にもシルバーパネ
ルのモデルもありました。

TU-S607シルバーパネル

以上のように,TU-S607は,サンスイ初のシンセサイザーチューナーでしたが,操作性,受信性能等,高い
完成度を持っていました。チューナーではあまりメジャーなブランドではなかったため,人気モデルとはいえま
せんでしたが,音の面でもサンスイらしさを持った実力機でした。この後,TU-S607EXTRA,TU-S607G
EXTRAと改良モデルにモデルチェンジされ,その技術は受け継がれていきました。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



音質重視の思想が細部に生きる。
クォーツPLLシンセサイザー・
チューナー。
クォーツも使い方ひとつで音が変わる。クォーツ
シンセサイザーは操作性のためだけではなかった。


◎同調ズレゼロ,電波をクリアーにキャッチ
 するクォーツPLLデジタルシンセサイザー。
◎新開発「ピュア・アクティブドライブ・ループ」
 を搭載し,85dB以上の高SN比を実現。
◎電波を鮮やかにキャッチする高感度FM
 フロントエンド。
◎素材の吟味で,高選択度と低歪を両立
 させたIF段,高SN比の検波段。
◎サンスイアンプ技術をフルに導入し,ハイ
 スルーレイトDCアンプとパイロットキャン
 セル採用。
◎AMの入口も重視,ノイズに強い高感度
 のAMループアンテナ。
◎放送局の周波数を直接数字で打込める
 ダイレクトセット機能。
◎AM/FMにかかわらず自由にメモリー,
 瞬時に選局できるAM/FM10局ランダム
 プリセットチューニング。
◎2パターン選局,正確な同調,オート・
 チューニング・システム。
◎留守録音に欠かせないラストワンメモリー。
◎電源コードを抜いても,長時間記憶する
 メモリーバックアップ機能。
◎FMマルチパス・インジケーター。
◎FMノイズキャンセラー。
◎キャリブレーション発振器。
◎75ΩF型同軸用/300Ωアンテナ真鍮
 製入力端子。




●規格●



■FM部■

受信周波数
76.0〜90.0MHz(100kHzステップ)
実用感度(IHF,MONO) MONO   10.5dBf (旧IHF 1.8μV)
50dBクワイティング感度(IHF) 36.0dBf(STEREO)
SN比 MONO   85dB以上 
STEREO 80dB以上
周波数特性(STEREO)
30Hz〜18kHz(+0.3dB,−0.8dB)
歪率(IHF,65dBf)MONO/STEREO 100Hz  0.06%以下/0.07%以下
1kHz    0.06%以下/0.07%以下
6kHz   0.06%以下/0.07%以下
キャプチュアレシオ 1.0dB以下
選択度(IHF) 60dB以上(400kHz)
スプリアスレスポンス比(IHF) 80dB以上(83MHz)
イメージレスポンス比(IHF) 70dB(83MHz)
IFレスポンス比(IHF,平衡) 80dB以上(83MHz) 
RF相互変調(IHF) 65dB(83MHz)
AM抑圧比(IHF) 55dB以上
ステレオセパレーション 100Hz  40dB以上
1kHz   52dB以上
10kHz  42dB以上
アンテナ入力インピーダンス
300Ω平衡/75Ω不平衡




■AM部■

受信周波数
531〜1602kHz(1kHzステップ,ロック時9kHz)
実用感度(IHF,ループアンテナ) 55dB/m(562μV/m)
選択度(±9kHz) 34dB以上
SN比 46dB以上(入力80dB/m)
歪率(30%変調,80dB/m) 0.5%以下
イメージレスポンス比(IHF) 45dB以上(1000kHz)
IFレスポンス比(IHF) 35dB以上(1000kHz)



■その他■

出力電圧/インピーダンス 0.5V/2.2kΩ
定格消費電力(電気用品取締法) 14W
寸法 445W×102H×310Dmm
重量 4.2kg


※本ページに掲載したTU-S607の写真,仕様表等は1981年6月の
 SANSUIのカタログより抜粋したもので,山水電気株式会社に著作権
 があります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等すること
 は法律で禁じられていますのでご注意ください。

 

★メニューにもどる        
 
 

★チューナーのページPART3にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp