TU-D707の写真
SANSUI TU-D707
Digtaly Quartz Locked Tuner ¥69,800

サンスイが1979年に発売したバリコン式チューナー。当時のサンスイの07シリーズとのペアを想定したチュー
ナーで,写真のように名機D907との組み合わせも想定された高性能チューナーでした。サンスイも本機以降
シンセサイザー方式に移行していくことになり,同社最後の世代の本格的なバリコン式チューナーでもありまし
た。

TU-D707は,局部発振周波数を安定させる方式として「デジタリー・クォーツロック・システム」を搭載していま
した。これは,水晶発振子に管理された周波数カウンターで受信周波数を検出し,万一,周波数がずれた場合
直ちにD-Aコンバーターが誤差に比例した電圧を発生し,ローパスフィルターを通してフィードバック電圧を得,
局部発信周波数を安定させるというものでした。従来の位相比較器による方式に比べて,ローパスフィルター
の時定数を大きくすることができ,安定した周波数ロック動作のまま高SN比が得られるというメリットがあると
いうことでした。さらに,IFのセンターを正確に調整できるオフセット機能を有しているため,歪率最少点でロック
動作ができるという特徴も持っていました。

フロントエンドは,低雑音のデュアルゲイトMOS FET3個とワイドギャップ精密5連バリコンによる構成で,IF
部は,ダーリントン差動ICを活用した10段IF回路を搭載していました。
TU-D707では,低歪伝送を可能にするため,部品の群遅延特性を高めるだけでなく,等価量を変化でき,部
品相互のわずかな乱れも排除する回路を新たに開発していました。この回路を搭載した等価量可変型群遅延
等価器の採用と動的群遅延特性を平坦にするためダーリントン差動IC採用したことにより,高SN比,低歪特
性を実現していました。検波段には,十分な帯域幅と優れた直線性を持つワイドレンジ特性の新開発のトリプ
ルベース・ダーリントン差動ICを採用したハイパワーレシオ検波器を搭載していました。

TU-D707のフロントエンドTU-D707のパーツ

多局化に備え,近接した電波の妨害信号によるビートの除去のため,検波器の後に群遅延等価器を備えた位
相直線型のアジャセント・チャンネルフィルターを搭載して実使用上のSN比を向上させていました。
MPX段には,パイロット信号をスイッチング回路に入る前に打ち消してしまう,パイロットキャンセラー回路を搭
載したPLL MPXデコーダーを採用していました。

AM部にも,帯域切換スイッチを装備し,IFフィルターにWIDE用とNARROW用を別々に設け,IF帯域フィルタ
ーには,3ポール広帯域IFTを採用して音質的に有利な十分に広い帯域を確保していました。また,アンテナ同
調回路に復同調回路を採用し,十分に帯域とシャープな妨害排除特性を両立させていました。
オーディオ部には,アンプのサンスイならではのプッシュプルドライブのDCアンプを搭載し,サンスイトーンの優
れた音質を実現していました。

以上のように,TU-D707は各部にTU-X1譲りの高精度な回路構成と高品質なパーツを投入して作り上げら
れた高性能でコストパフォーマンスの高いチューナーでした。性能だけでなく,風格ある堂々たる筐体は,オー
ディオ機器として持つ喜びを感じさせてくれるものでした。
 
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 
 

サンスイはクリスタルの精度をデジタリークォーツロックに
発展させました。いま,チューナーの音質が飛躍的に向上。
Dシリーズ・アンプとペアで高品位なエアチェックを。

◎メインスペックに影響を与えず,高精度受信を実現する
 サンスイ独自のデジタリークォーツロック・システム搭載(PAT.PEND)
◎5連バリコン使用の高級FMフロントエンド,
 優れた50dBクワイティング感度を実現
◎等価量可変型群遅延等価器により
 総合群遅延特性を平坦化
◎新開発トリプルベース・ダーリントン差動IC採用の
 ハイパワーレシオ検波器
◎多局化にも対処できるアジャセント・チャンネルフィルター
◎パイロットキャンセラー内蔵のPLL MPXデコーダー
◎新開発のオートマチックノイズフィルターが
 クリアーなサウンドを確保
◎AM帯域切換スイッチを採用
◎AM部のアンテナ同調回路に復同調回路を採用
 
●主な規格●

●FM部●

 
実用感度(IHF) MONO   9.0dBf
STEREO 15dBf
50dBクワイティング感度(IHF) MONO   12.5dBf 
STEREO 34.0dBf
SN比 MONO   83dB以上 
STEREO 80dB以上
歪率(IHF,65dBf) STEREO 100Hz  0.09%以下 
        1kHz    0.06%以下 
       6kHz   0.15%以下
キャプチュアレシオ(WIDE) 0.9dB以下
選択度(IHF,400kHz) NARROW 80dB以上(400kHz)
WIDE    50dB以上(400kHz)
スプリアスレスポンス比(IHF) 110dB以上(83MHz)
イメージレスポンス比(IHF) 110dB以上(83MHz)
IFレスポンス比(IHF) 平衡  110dB以上(83MHz) 
RF相互変調(IHF) 75dB(83MHz)
AM抑圧比(IHF) 60dB以上
ステレオセパレーション 1kHz   50dB以上 

 

●AM部●


実用感度(IHF,バーアンテナ) 50dB/m(300μ/m)
選択度(±9kHz) 33dB以上
SN比(入力100dB/m) 65dB以上
歪率 0.35%以下(30%変調,90dB/m)
イメージレスポンス比(IHF) 70dB以上(1000kHz)
IFレスポンス比(IHF) 70dB以上(1000kHz)

●その他●


可変出力電圧/インピーダンス 0〜1V/2.5kΩ
定格消費電力(電気用品取締法) 22W
寸法 430W×168H×402Dmm
482W×168H×419Dmm(ラックマウント・アダプター付)
重量 9.6kg
10.1kg(ラックマウント・アダプター付)
※本ページに掲載したTU-D707の写真,仕様表等は1979年11月の
 SANSUIのカタログより抜粋したもので,山水電気株式会社に著作
 があります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等するこ

 とは法律で禁じられていますのでご注意ください。                          
 

★メニューにもどる       
 
 
 

★チューナーのページにもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp