TA-E7Bの写真
SONY  TA-E7B
STEREO  PREAMPLIFIER ¥150,000

1976年に,ソニーが発売したプリアンプ。外観は当時の同社の高級プリメインアンプTA-F7B
にそっくりの当時のソニーESシリーズに共通のデザインですが,単体プリアンプとして性能 を追
求した意欲作でした。

全体の構成は,イコライザーアンプとフラットアンプを基本的にDCアンプで構成し,信号経 路も
イコライザーアンプ→フラットアンプというシンプルなものとなっていました。そして,トー ンコント
ロール,フィルター回路がすべてOFFのときは,フラットアンプの出力がダイレクト出力さ れる
ようになっており,TUNER,AUX,TAPE各端子からOUT PUTまでには挿入さ れるコンデン
サが1つだけ,フラットアンプの出力側に挿入されるのみということになり,位相ズレが起こ りに
くく,応答特性にすぐれた構成となっていました。

イコライザーアンプは,初段にデュアルFETによるカレントミラー差動増幅を 採用し,2段目は,定
電流源負荷でPNPトランジスタのダーリント ン接続という2段直結構成のNF型イコライザー DCア
ンプとなっていました。特に,初段には温度特 性の揃ったデュアルFETを採用し,高い回路の 安
定度を確保し,カップリングコンデンサを取り 除いたダイレクトカップリング入力となっていま した。
さらに,デュアルFETの共通ソース抵抗としてトランジスタによる定電流源を挿入し,CMRR(Co-
mmon Mode Rejection Ratio=同相分抑圧比)を大きく取ることで,同相成分のハ ム,雑音
電源変動による不要成分を打ち消していました。ま た,RIAA再生カーブを作り出す帰還回路 の
CR素子には,吟味されたスチロールコンデンサと金属皮膜抵抗が使用され,さらに,このRIAA帰
還回路とは別にFETによるDC帰還回路を採 用して,アンプ回路の動作点の安定化を図ってい ま
した。

フラットアンプは,初段がFETによる差動増幅,2段目が定電流負荷をもったPNPトランジ スタとい
う2段直結DCアンプという構成で,入力はダ イレクトカップリングで,利得20dBのDCア ンプとなっ
ていました。イコライザーアンプ同様,初段差動アンプの共通ソース抵抗としてトランジスタによる
定電流源を挿入し,CMRRを大きくとっていました。

TA-E7Bでは,MCカートリッジに対応して,ヘッドアンプが内蔵されていました。この ヘッドアンプ
は単売されていた高性能ヘッドアンプHA-55と同一回路構成のものでした。初段は,低雑 音の
LECトランジスタを並列接続して等価雑音を下げたカレントミラー負荷の差動回路,次段は ダーリ
ントン接続のエミッターホロワという構成で,70dBの裸利得に44dBの負帰還をかけ 26dBの利得
とするとともに,低歪み,高安定度化を図っていました。また,帰還回路は固有雑音を下げる ため
に極めて低インピーダンス設計となっていました。これらの結果,ヘッドアンプ単体の入力換 算雑
音−157dB/Vと限界値に近い値を実現し,ヘッドアンプが挿入されたPHONO2端子 から出力端
子までを通しても,75dB(IHF-A)という高SN比を実現していました。

TA-E7Bの内部

電源部は,電源に起因するクロストークをできるかぎり抑え,各段の相互干渉を防ぐ設計と なって
いました。電源トランスは角形シールドケースに封入されて漏洩フラックスが抑えられ,2次 巻線は
ヘッドアンプ用,主信号系およびヘッドホンアンプ用,メーター回路用と3巻線独立とされて いました。
主信号系には,4,700μF×2の大容量コンデンサと高リップルリジェクション,低出力 インピーダ
ンス特性を持つFETバッファ電源によって±30Vが供給されるようになっていました。 ヘッドアンプ
には,専用FETバッファ電源で±10V,さらにヘッドホンアンプ,メーター回路には各々 の定電圧回
路から±24V,±12Vが供給されるようになっており,この4系統電源方式とFETバッ ファ電源によ
り,電源に起因するクロストークが大幅に低減されていました。
電源部のみでなく,線材の処理,部品配置等でもクロストークの低減に配慮されていました。 イコラ
イザーアンプやヘッドアンプを入力ピンジャックのそばに配置し,PHONO1・2の切換に は微少信
号切換用に開発したリードリレーを採用し,フロントパネルのセレクタースイッチからリモー トコント
ロールするようになっていました。さらに,線材の一本一本の引き回しも十分に検討されてい ました。

TA-E7BのボリュームTA-E7Bのトーンコントロール

ボリュームは,32ステップのディテント型アッテネーターで,各ステップごとにトリミング行われ,左右
チャンネルの連動誤差は0.5dB以内に抑えられていました。トーンコントロールは,ターンオーバー
切替可能のCR型で,挿入損失が14dBとなっており,14dBのゲインのトーンアンプで補っていました。
トーンアンプは初段にFET使用のダイレクトカップリング入力,2段目に定電流負荷の2段直結アンプ
となっており,トーンディフィートスイッチでバイパスすることも可能となっていました。
その他,機能的には,オーソドックスながらも比較的多機能で,LOW FILTER,HIGH FILTER,
−20dBのミューティングスイッチ,REVERSE/STEREO/L+R/L/Rの5ポジションのモードセレク
ターなどが搭載されていました。
TA-E7Bは,プリアンプながらレベルメーターが装備され,OUT PUT端子の出力レ ベルをチェック
できるようになっていました。メーター回路は,LOG AMP(対数圧縮回路)などの主要 部分のIC化
をはじめ,メーターのドライブにバッファアンプを介したり,電源のON-OFFのメーター の振れを抑え
るミューティング回路が挿入されているなど,精度と信頼性の高いものでした。メーターのレ ベル指示
は,AVERAGE/PEAK/SAMPLING HOLDの切換ができるようになってい ました。

以上のように,TA-E7Bは,パーツから回路構成,内部レイアウトまで,当時のソニーが 「ESシリーズ」
の中核機としてこだわりを見せて作り上げた様子がうかがえる1台でした。使いやすい豊富な コントロー
ル機能を備え,外観のイメージにも通じるクリアな音 質を実現していた実力機でした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



シンプルな回路構成による
高SN比,低ひずみ率。
MCヘッドアンプ内蔵や
豊富なコントロール機能。
入力ソースの微妙なニュアンスにも
確かな表現力を持つプリアンプです。


◎増幅段のシンプルな構成とともに,
 優れた物理特性を実現させる礎。
 DCアンプ構成
◎入力換算雑音−157dB/V,
 高SN比を誇るヘッドアンプ。
◎各アンプステージの良さを十分に引き出す,
 FETバッファ電源。
◎リレー切替えによるPHONO入力,
 単純化した信号経路など。
 低クロストーク化とSN比向上を
 さらに徹底させました。
◎操作性を考慮したパネルレイアウト,
 機能的なファンクション群。
◎ピークレベルの変化が的確に読みとれる
 サンプリングホールド機能もついた,
 3モード指示方式の大型レベルメーター






●TA-E7Bの規格●

入力感度
PHONO 1・2:2.5mV
HEADAMP:0.125mV
TUNER,AUX1・2,TAPE1・2:150mV
入力インピーダンス
PHONO 1・2:50kΩ
HEADAMP:25Ω/100Ω
TUNER,AUX1・2,TAPE1・2:50kΩ
入力容量
PHONO 1:100pF
PHONO 2:140pF
SN比
PHONO 1・2(IHF-Aネットワーク):85dB
HEADAMP (IHF-Aネットワーク):75dB
TUNER,AUX 1・2,TAPE 1・2(IHF-Aネットワーク):105dB
フォノ最大許容入力電圧
(1kHz,高調波ひずみ,0.01%)
PHONO 1・2:250mV
HEADAMP:1.25mV
出力電圧
REC OUT 1・2:150mV(最大15V)
OUT PUT 1・2:1.5V(最大10V)
出力インピーダンス
REC OUT 1・2:1kΩ
OUT PUT 1・2:1.5kΩ
HEADPHONES:8Ω以上のHEADPHONEに適合3.3Ω
高調波ひずみ率
0.003%以下(OUT PUT 1.5V出力時)
混変調ひずみ率
(60Hz:7kHz=4:1)
0.003%以下(OUT PUT 1.5V出力時)
周波数特性
PHONO 1・2:RIAA±0.2dB
TUNER,AUX 1・2,TAPE 1・2:1Hz〜150kHz+0−1dB
トーンコントロール
BASS:30Hzにて±10dB
     (ターンオーバー周波数150Hz)
     60Hzにて±10dB
     (ターンオーバー周波数300Hz)
TREBLE:20kHzにて10dB
     (ターンオーバー周波数4kHz)
       40kHzにて±10dB
     (ターンオーバー周波数8kHz)
フィルター遮断特性
HIGH 12dB/oct(カットオフ周波数9kHz)
LOW 12dB/oct(カットオフ周波数30Hz)
ミューティング
20dB,OFF
残留雑音
6μV(IHF-A)
メーター部
周波数特性:20Hz〜70kHz+0−3dB
応答特性:AVERAGE 300ms
       PEAK 最小応答パルス幅 1mS
指示範囲:−40dB〜+10dB
      (0dB=1Vrms METER SENS Min)
       −60dB〜−10dB
      (0dB=0.1Vrms METER SENS Max) 
指示誤差:−10dB〜+10dB ±0.5dB
       −30dB〜−10dB ±1.5dB
電源
100V 50/60Hz
消費電力
22W
電源コンセント
SWITCHED 1個 400Wまで供給可
UNSWITCED 2個 合計400Wまで供給可
大きさ
430W×170H×320Dmm(最大突出部寸法 端数切り上げ)
重さ
11.2kg(本体のみ)
回路形式
低雑音ヘッドアンプ
ダイレクトカップリングNF形イコライザーアンプ
ダイレクトカップリングフラットアンプ
CR形トーンコントロール(トーンディフィート回路付)
SEPP OTLヘッドホンアンプ
PEAKメーター(AVERAGE,PEAK,SAMPLNG HOLD切替)
4系統定電圧電源
使用半導体
FET20個,トランジスタ139個,ダイオード29個,IC 1個

※本ページに掲載したTA-E7Bの写真,仕 様表等は1977年4月の
 SONYのカタログより抜粋したもので,ソニー株 式会社に著作権が
 あります。したがってこれらの写真等を無断で転載, 引用等をする
 ことは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 
★メニューにもどる            
 
 

★セパレートアンプPART4にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた 方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。 
                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp