SONY  ST-J75
FM STEREO FM-AM TUNER ¥67,000

1980年に発売されたシンセサイザー方式のFM/AMチューナー。1978年のST-J88に続
き,同年のST-J60(¥54,800),1979年のST-J55(¥49,800)と中級機クラスのシン
セサイザー方式のチューナーで高い技術を見せていたソニーが,中級機クラスで,最上級機の
ST-J88に迫る,より高い性能を実現しようとした実力派の中級機でした。

ST-J88以来の「クリスタルロック・シンセサイザー方式」が採用され,便利で安定した受信が
可能となっていました。シンセサイザーチューナーとしてVOC(電圧制御発振器)を使用した局
部発振回路を採用し,加える電圧の大小によってFMは100kHz(0.1MHz),AMは9kHzス
テップで発振周波数が変化するようになっており,この発振周波数を基準信号と位相比較して
制御するPLL方式を採用したPLLシンセサイザー方式となっていました。基準信号にすばらし
い安定度を持つ水晶発振子を用いているため,「クリスタルロック・シンセサイザー方式」と称し
ていました。この方式により,水晶精度で非常に安定した同調が可能になり,かつチューナー
の小型化・薄型化が可能でした。そのため,この当時のソニー製シンセサイザーチューナーに
共通する薄型で機能的な外観をもっていました。

また,ST-J75は,これより後のソニーのシンセサイザーチューナーに採用されている「ダイレ
クトコンパレーター」の技術を初搭載していました。これは,シンセサイザーチューナーの弱点
を解消する技術のひとつでした。シンセサイザーチューナーでは,フロントエンドの局部発振周
波数を分周した比較周波数と,水晶発振子で発振させた基準周波数を比較し,そのズレを検
出して送り出す一種のサーボ機能があり,安定した受信を実現していますが,通常,この周波
数を比較するためのPLL ICの処理限界から,25kHzなど低い周波数が比較周波数として使
われてきました。このため,19kHzのパイロット信号と干渉を起こし,ノイズやビートの原因とな
るおそれがありました。そこで,「ダイレクトコンパレーター」では,220MHzという高い周波数ま
で扱えるPLL IC(CX-778)を開発し,これにより,比較周波数を日本のFM局の置局間隔と
同じ100kHzまで上げていました。この結果,19kHzのパイロット信号だけでなく,38kHzのサ
ブキャリアとも十分に離すことができ,ビートやノイズを大幅に低減することができていました。
そして,あまり知られていないことですが,世界で初めてワンチップマイコンを搭載したチューナー
でもあったのです。

ST-J75のワンチップマイコン局名表示板

ST-J75では,8局までのプリセットチューニングが可能になっていました。プリセット機能は,
「マルチ・プロセス・メモリー」と称し,受信周波数の記憶だけでなく,モード(stereo/mono),
ミューティング(on/off),といった受信状態も同時に記憶させる機能を持ち,受信放送局を
切り換えるたびにファンクションを操作する必要がないというものでした。
さらに,ST-J60以来の,FM/AMにまたがってランダムにプリセットできるランダムプリセット
方式が採用され,付属の局名表示がバックからLEDで透過照明される方式とあいまって,FM
/AMチューナーとしての操作性を高めていました。
プリセットに採用されたメモリーICは,電源コンセントを抜いても記憶が解除されない,電源バ
ックアップを必要としない不揮発性メモリーが搭載されていました。

フロントエンドには,5段バリキャップが搭載され,デュアルゲートMOS FETによるRFアンプ
とミキサーにより高感度が実現されていました。この後のESシリーズでは4連相当が多かった
ことを考えると,その性能や力の入れようがうかがえます。
IF段は,高い選択度と高水準のオーディオ特性を両立させた新しいIF段が搭載されていました。
初段にFETバッファーアンプが搭載され,4個のユニフェイズフィルターと10段のリミッタアンプ
で,90dB(400kHz)60dB(300kHz)の高選択度で0.07%(ステレオ時)の低歪率と86dB
(ステレオ時)という高SN比を実現し,IF帯域切換や感度切換をいっさい搭載せず,安定で高
音質な受信性能を保証した,ある意味プロ機的な設計ともいえました。

検波段は,シンセサイザー方式のチューナーながら,レシオ検波(コイルとコンデンサとを結合
することによって位相差を設け、ベクトル的な復調を行う回路方式)が搭載されていました。これ
はどちらかというとバリコン式のチューナーに伝統的に搭載されていた方式ですが,きちんと調
整されたものは性能が高く,ズレに対してもアナログ的な特性を持っており,急激な歪みの増加
等も少ないというメリットもありました。
MPX段は,PLL ICによるパイロット信号キャンセル部が搭載され,低歪率,高セパレーション
フラットな周波数特性を確保していました。

ST-J75のブロックダイヤグラム


AM部は,2連バリコン相当のフロントエンドと,450kHzセラミックフィルターを搭載したIF部な
ど,おまけではない本格的な設計となっていました。アンテナもよくあるループアンテナではなく
より感度のよいバーアンテナが装備されており,良好な受信性能をもっていました。AM部には
急峻な特性を持つノッチフィルター,またミューティングスイッチと連動したAMノイズフィルター
も搭載されていました。

以上のように,ST-J75は中級クラスのチューナーながら,力の入った設計で,技術的に見て
も充実した中身を持ち,その後のESシリーズチューナーの基礎ともなった1台でした。当時,
受信性能とオーディオ性能を両立させた実使用時のすぐれた性能は高く評価されていたもの
でした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



音質,操作性,受信性能−すべてにわたって,
FM多局化時代のチューナーのあるべき姿を追求。
クリスタルロック・シンセサイザーの高級機。





●主な仕様●



■FMチューナー部■

受信周波数
76MHz〜90MHz
アンテナ端子
75Ω不平衡型
中間周波数
10.7MHz
SN比50dB感度
モノ   :3.8μV(IHF),16.8dBf(新IHF)
ステレオ:40μV(IHF),37.3dBf(新IHF)
実用感度
1.9μV(IHF),10.8dBf(新IHF)
SN比
92dB(モノ),86dB(ステレオ)
高調波ひずみ率
       モノ    ステレオ
100Hz:0.05%  0.08%
 1kHz:0.05%  0.07%
10kHz:0.05%   0.2%
混変調ひずみ率
0.05%(モノ),0.07%(ステレオ)
ステレオセパレーション
55dB(100Hz),60dB(1kHz),45dB (10kHz)
周波数特性
30Hz〜15kHz+0.2,−0.5dB
実効選択度
60dB(300kHz),90dB(400kHz)
キャプチュアレシオ
1.5dB
AM抑圧比
65dB
イメージ妨害比
95dB
IF妨害比
100dB
スプリアス妨害比
100dB
RF相互変調妨害比
85dB(IHF),105dB(2.4MHz)
キャリアリーク抑圧比
75dB
ミューティング/自動選局動作レベル
LOW:25dBf,10μV
HIGH:45dBf,100μV
出力
750mV,600Ω
キャルトーンレベル
400Hz FM50%変調相当




■AMチューナー部■

受信周波数
522kHz〜1602kHz
アンテナ
フェライトバーアンテナ
外部アンテナ端子付き
中間周波数
450kHz
感度
200μV/m(バーアンテナ使用時)
SN比
55dB
高調波ひずみ率
0.5%
周波数特性
30Hz〜4kHz(−3dB)
選択度
35dB(9kHz)
イメージ妨害比
45dB
ミューティング/自動選局動作レベル
LOW:0.5mV/m
HIGH:2mV/m




■電源部・その他■

電源
AC100V,50/60Hz
消費電力
20W
大きさ
430W×80H×325Dmm(最大突起部を含む)
重さ
4.8kg

※本ページに掲載したST-J75の写真,仕様表等は1980年4月のSONYの
 カタログ及び広報資料より抜粋したもので,ソニー株式会社に著作権があ
 ります。したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等することは法律
 で禁じられていますのでご注意ください。

 

★メニューにもどる       
 
 

★チューナーのページPART3にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp