ST-8600の写真
Technics ST-8600
FM/AM STEREO TUNER ¥72,800

1975年にテクニクスが発売したFM/AMチューナー。オーソドックスなアナログチューナーですが
前年に発売された最上級機ST-9700の技術を受け継ぎ,この間の技術的新しさも盛り込まれた
中身の充実した中級クラスの実力機でした。

FMフロントエンドには,電気的精度が高く,温度変化や経年変化にも強い新開発の周波数直線型
5連バリコンが搭載されていました。これに,4極MOS型FETを用いたRF増幅段が組み合わされ,
複復の同調回路が設けられ,すぐれた妨害排除能力が確保されていました。
局部発振回路は,VHFローノイズトランジスタを用い,アルミコア入り発振コイルとステアタイト(特 殊
な高周波絶縁体で,高周波コイルのボビンや絶縁物として用いられる)との組み合わせで,高い性能
を実現していました。この局発回路で発振された信号は,エミッタフォロアによるバッファー回路を通
して,デュアルゲート4極MOS型FETによるバランスドミキサーに供給されるようになっていました。
さらに,IF段から狭帯域AGCがRF増幅段にかけられ,すぐれた受信性能が実現していました。

IF回路の信号系のフィルタには,波形伝送特性にすぐれた2素子構成の群遅延平坦型セラミックフィ
ルタを4個用いて選択度特性を高めるとともに,リミッタ特性のよい,差動増幅6段のIF増幅系を構
成して,振幅特性を高めていました。これらの結果,選択度85dB,SN比80dBという混信や雑音の
極めて少ないFM受信・復調が実現していました。
制御系IF回路は,AGCのかかった5段構成の増幅部とセラミックフィルタを2個使用し,電界強度
計用として用いられ,さらに独立したL・C複同調回路による帯域制御回路とのアンド回路によりミュー
ティング回路が形成されていました。入力レベル制御は2段で行われるようになっていました。
さらに,テクニクス独自の19kHzパイロット信号キャンセル回路が搭載され,リークキャリア(キャリア
のもれ)を−65dBという極めて少ない値に抑えながら,フィルタを用いないため,位相の乱れも少な
い状態で20Hz〜18kHz+0.2,−0.8dBというきわめて平坦な周波数特性を実現していました。

正確なチューニングを保持するために「サーボチューニングシステム」が搭載され,安定度の高い
受信が実現されていました。このシステムは,フロントエンドだけでなく,IF回路も含めた広い回路で
周波数ズレ,同調ズレを検出し,電子微同調して正確な同調点保持する独自のシステムで,送信周
波数のズレにも追随して正確な同調ができる柔軟性のある同調システムとなっていました。「サーボ
チューニング」はservo tuningスイッチをAUTOにすると働くようになっていました。
また,ステレオ感をできるだけ損なわず雑音を低減する「ハイブレンド」も搭載され,hi−blendスイッ
チがAUTOの位置では,入力電波の強弱によりハイブレンドがON-OFFされ,manualの位置では
常にハイブレンド回路が動作するようになっていました。

AM受信回路は,周波数直線形3連バリコンが搭載され,RF増幅段,ミキサー段,局発回路,IF増
幅回路とL・Cフィルタで,音質と受信性能を両立したAM部としていました。

その他,ユニークな機能として,FM放送のプリエンファシス(送信時の高域を持ち上げた状態)の
ままテープに出力し,それを再びチューナーでディエンファシス(高域を下げてフラットな状態に戻す)
ことにより,ノイズリダクション的な効果を持たせた「FMローノイズ録音・再生システム」が搭載されて
いました。そのため,ST-8600のリアパネルには,通常のラインアウト以外にテープデッキ専用の
入・出力端子が装備されていました。
また,録音レベル調整やスピーカーの音質調整,位相確認等に便利なピンクノイズ(−6dB)発生器
も装備されていました。

以上のように,ST-8600は,中級クラスのチューナーでしたが,ST-9700でも採用されていたテク
ニクスのすぐれたチューナー技術が投入された1台で,すぐれた性能を実現していました。また,テク
ニクスらしさを漂わせた,ホワイトパネルを上品に照らす,周波数,信号強度計等,見やすい表示部
を持った,雰囲気のあるデザインも魅力的でした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



20Hz〜18kHz,+0.2〜-0.8dBの
周波数特性
音の良さを裏づける超高域まで
平坦な特性です。

◎19kHzパイロット信号キャンセル回路により
 18kHzまで伸びた周波数特性。透明度の高い
 音質です。
◎波形伝送特性と選択度特性。相反する2つの
 条件を克服。帯域の広い周波数特性と85dB
 の選択度を実現しています。

  ●+0.2〜-0.8dBで20Hz〜18kHzの周波数特性
   ステレオセパレーション45dB(1kHz),35dB(10kHz)
  ●2レベル選択できるFMミューティング
   正確でリニアなメータ出力を確保した制御系

◎感度0.9μV(75dB),イメージ,IF妨害比
  105dB・スプリアス妨害比は100dB。
  受信機としても極めて高い水準です。

  ●新開発周波数直線形FM5連AM3連バリコン採用
  ●VHFローノイズトランジスタを使用した局発回路
◎周波数ズレ,同調ズレを電子微同調する
  サーボチューニングシステム。高安定度受信を
  実現しています。
◎ステレオ感をそこなわず雑音を軽減する
  オートハイブレンドスイッチつき
◎周波数直線形バリコン使用のAM部
◎AF回路は±2電源・ICによる
  完全コンプリメンタリSEPP回路
◎プリエンファシス信号をそのまま録音
  FMローノイズ録音システム内蔵

  ●録音レベル選定などに便利なピンクノイズ発生器内蔵



●ST-8600定格●


■FMチューナー部■

受信周波数 76〜90MHz
感度 0.9μV(75Ω)
高調波歪率
MONO:0.15%
STEREO:0.25%(100%変調時)
SN比
(400Hz,100%変調)
80dB
周波数特性 20Hz〜18kHz(+0.2,−0.8dB)
選択度(IHF) 85dB
キャプチュアレシオ 1.0dB
イメージ妨害比 105dB(82MHz)
IF妨害比 105dB(82MHz)
スプリアス妨害比 100dB(82MHz)
AM抑圧比 55dB
ステレオセパレーション 45dB(1kHz),35dB(10kHz)
リークキャリア −65dB(19kHz)
アンテナ端子 75Ω不平衡形




■AMチューナー部■

受信周波数
525〜1605kHz
感度(S/N 20dB)
30μV
選択度
25dB
イメージ妨害比(1000kHz)
100dB
IF妨害比(1000kHz)
85dB




■総合■

出力
OUTPUT :0.777V〜1.55V
REC OUT:0.6V
電源/消費電力
AC100V 50/60Hz/22W
外形寸法
450W×173H×385Dmm
重量
8.6kg


※本ページに掲載したST-8600の写真,仕様表等は1975年10月
 のTechnicsのカタログより抜粋したもので,松下電器産業株式会社
 に著作権があります。したがって,これらの写真等を無断で転載,引用
 等することは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 

★メニューにもどる       
 
 

★チューナーのページPART3にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp