スピーカーのコーナー
                           PART5


 国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたり,思いっきり贅沢に
作られていたり,先端技術を取り入れていたり・・と,
かつての名機・銘機たちはとても印象的でした。
機種が多くなったので,ついに5ページ目に入りま
す。



セプター10のページへ
ONKYO  SCEPTER10

1976年にオンキョーが発売したスピーカーシステム。当時,各社から
13万円前後で大型システムが競うように発売されました。このセプター
10もその1台で,大口径のウーファーとホーン型ユニットによる堂々た
るスピーカーシステムでした。


SS-930sのページへ
Aurex  SS-930s

1977年にオーレックス(現東芝)が発売したフロア形スピーカーシステ
ム。アメリカ・ホーレー社製コーンによる大口径のウーファーとホーン型
トゥイーターを大型のキャビネットに搭載した,精悍なスタイルのスピー
カーシステムでした。

NS-1000Xのページへ
YAMAHA  NS-1000x

1984年にヤマハが発売した3ウェイスピーカーシステム。ヤマハにとって
超えざる名機NS-1000Mの後継機として,あるいは上級機としてはたま
たNS-2000の弟機として作り上げたと位置づけられる1台で,20年間
の新しさが盛り込まれた力作でした。

APM-66ESのページへ
SONY  APM-66ES

1985年にソニーが発売した3ウェイスピーカーシステム。APM方式の
平面型ユニットを搭載したスピーカーで,当時の598戦争の中でも最も
コストがかかっていたのではという1台でした。

FB-7のページへ
Victor  FB-7

1976年にビクターが発売したフロア型スピーカーシステム。メーカー製
では比較的珍しい存在のバックロードホーン型スピーカーシステムの高
級機で,異彩を放つ存在でした。

S-HE100のページへ
PIONEER  S-HE100

1992年にパイオニアが発売したトールボーイ型スピーカーシステム。
バーチカルツイン方式で好評を得ていた同社が,さらに能率の良さ,
鳴りっぷりの良さを追求して積極的にホーン型ユニットを取り入れて新
たな展開を求めた1台でした。

SX-900のページへ
Victor  SX-900

1988年にビクターが発売した3ウェイスピーカーシステム。SX-1000
の弟機として発売され,SX-1000に準ずる内容を持った高性能なシス
テムでした。音の面では,ジュニア版というより,また別の魅力を持って
いた1台でした。

NS-7のページへ
YAMAHA  NS-7

1993年にヤマハが発売した2ウェイスピーカーシステム。ヨーロッパの
スピーカーを思わせる,ソフトドーム型ユニットをトゥイーターに持つ2ウェ
イスピーカーで,美しいエンクロージャーも印象的なスピーカーでした。

SB-E500のページへ
Technics  SB-E500

1978年にテクニクスが発売したフロア型スピーカーシステム。SB-7000
で「リニアファエイズ」を提唱した同社が,SB-10000の弟機的存在として,
ホーン型ユニットを中高域に使用して作り上げた堂々たる4ウェイシステム
でした。

Scepter2002のページへ
ONKYO  Scepter2002

1990年にオンキョーが発売したスピーカーシステム。ホーン型スピーカー
に継続的に取り組んできたオンキョーが超弩級機GS-1の技術的成果も
導入して完成させたトールボーイ型スピーカーシステムでした。

S5のページへ
EXCLUSIVE  S5

1988年にパイオニアがエクスクルーシブブランドで発売したトールボーイ
型のスピーカーシステム。仮想同軸をめざした「バーチカルツイン」のシス
テムで,エクスクルーシブブランドではただ1つの「バーチカルツイン」のスピ
ーカーシステムでした。

SX-7のページへ
Victor  SX-7

1974年にビクターが発売した3ウェイスピーカーシステム。名機SX-3
の上級機で,より充実した音を目指した設計は完成度の高いものでした。
そして,後のSX-10spirit等へとつながっていく1台でした。

SB-8000のページへ
Technics  SB-8000

1979年にテクニクスが発売したフロア型スピーカーシステム。あの名機
SB-7000(テクニクス7)の上級機といえるモ デルで,リニアフェイズとと
もに,大きくワイドレンジ化が図られていました。

S-07のページへ
PIONEER  S-07

1995年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。小型のエンクロー
ジャーならではのすぐれた音場再現性を実現しようとした,本格的な小
型2ウェイシステムでした。

D-7のページへ
ONKYO  D-7

1981年にオンキョーが発売したスピーカーシステム。オンキョーが
紙以外の新素材をウーファーにも投入してきた意欲作で,同社のス
ピーカーシステムの中で,中級機の主力モデルでした。

D-77のページへ
ONKYO  D-77

1985年にオンキョーが発売したスピーカーシステム。いわゆる
598戦争の発端になったともいわれる,ある意味戦略的モデル
で,当時話題となりました。また,その後継機が営々と続いていっ
たという意味でも,注目される1台といっていいでしょう。

SC-A7のページへ
DENON  SC-A7

1982年にデンオン(現デノン)が発売したスピーカーシステム。
CD元年のこの年,デジタルオーディオへの対応も考えられた,
当時のデンオンの中級クラスの主力モデルで,それまでとはデ
ザインイメージも大きく変わりました。


Zero-100のページへ
Victor  Zero-100

1982年にビクターが発売した3ウェイスピーカーシステム。
Zero-1000の弟機として発売されましたが,3ウェイのす
べてのユニットをファインセラミックス系のダイアフラムで構
成するなど,独自の魅力をもっていました。

S-933のページへ
PIONEER  S-933

1979年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。S-955の
弟機として発売されたスピーカーでしたが,当時,NS-1000Mが
君臨していた10万円クラスへのパイオニアの挑戦でもあったよう
です。

S-9500のページへ
PIONEER  S-9500

1983年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。S-933の
後継機として発売され,ウーファーを中心に強化が行われ,10万
円クラスへのパイオニアの意欲がうかがえる1台でした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる