スピーカーのコーナー
                    PART4
 

 国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたり,思いっきり贅沢に
作られていたり,先端技術を取り入れていたり・・と,
かつての名機・銘機たちはとても印象的でした。
機種が多くなったので,ついに4ページ目に入りま
す。

 

M-6のページへ
ONKYO M6

1976年にオンキョーが発売したスピーカーシステム。中級機ながら大口径
の強力なウーファーを搭載し,鳴りっぷりの良さが高い評価を受け,ロングセ
ラーとなりました。


ZERO-FX9のページへ
Victor ZERO-FX9

1985年にビクターが発売したスピーカーシステム。ZERO-FXシリーズの
最上位機として発売され,セラミック振動板をしっかりと使いこなし,物理特
性と音楽性のバランスがとれたビクターらしい実力派スピーカーでした。


SB-10のページへ
Technics SB-10

1979年にテクニクスが発売したスピーカーシステム。平面型振動板のス
ピーカーの初期の1台で,テクニクス自慢の「ハニカムディスク」振動板 と
「ダイレクト節ドライブ」方式を採用し,優れた特性を実現していました。


FX-3のページへ
YAMAHA FX-3

1980年にヤマハが発売したフロア型スピーカーシステム。同社の孤高の
名機NS-1000Mで開発された技術をベースに堂々たるフロア型に仕上げ
た1台で,NS-1000Mにより豊かさを加えた音はまた違った魅力がありま
した。


SCEPTER500のページへ
ONKYO Scepter500

1977年にオンキョーが発売した大型のフロア型スピーカーシステム。ホー
ン型ユニットと大口径ウーファーを搭載した4ウェイという堂々たる1台で,
スピーカーユニット群の名前としても使われていた「セプター」の名の通り
優れた単体ユニットの集合体ともいえるシステムでした。


S-5000TWINのページへ
PIONEER S-5000TWIN

1990年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。1987年発売の
S-55twin以来パ イオニアが展開していた仮想同軸型2ウェイシステム,
「バーチカルツイン」シリーズとして,パイオニアブランドでは最上級機に
あたる1台でした。


SS-GR1のページへ
SONY SS-GR1

1991年にソニーが発売したフロア型スピーカーシステム。全体が曲面に
なった凝った作りのエンクロージャーに4ウェイシステムを作り込んだ力作
でした。


Zero-7のページへ
Victor  Zero-7

1980年にビクターが発売したスピーカーシステム。当時のZeroシリーズ
の最上級機で,弟機とは異なり平面形ユニットを搭載した4ウェイ構成で
よりワイドレンジをねらった設計となっていました。

AFP-1000のページへ
Technics AFP-1000

1988年に,テクニクスが発売したスピーカーシステム。AFPは「オー ディオ
フラット・パネル」の略で,平面型の大面積の振動板によってワイドレンジ
で低歪みの再生を実現しようとしたもので,AFP-1000は,このシリー ズの
中の最上級機でした。

CS-3000のページへ
PIONEER CS-3000

1971年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。スピーカーは海外製
といわれていたこの時代に,ARに負けじと開発したブックシェルフ形の高級
機として開発された力作でした。


SX-661のページへ
OTTO SX-661

1975年にオットー(三洋電機)が発売したスピーカーシステム。か つては三洋
電機もOTTOのブランド名で,力の入ったオーディオ機器を出していました。こ
のSX-661も海外製のユニットと美しいエンクロージャーを持つ本格的な1台
でした。

SS-8150のページへ
SONY SS-8150

1974年にソニーが発売したスピーカーシステム。カー ボン繊維を混抄
した自慢の「CARBOCON」ユニットを搭載した,大型のフロア型システ
ムで,ソニーらしい理詰めの作りが見られる高級機でした。


SB-MX10のページへ
Technics SB-MX10

1986年に,テクニクスが発売したスピーカーシステム。リ ニアフェイズ,平面
振動板とユニークなシステムを追求してきたテクニクスが発売した一見非常に
オーソドックスなシステムでしたが,各部の作りなどテクニクスならではの高い
技術が生かされたコストパフォーマンスの高い1台でした。


CS-H9のページへ
PIONEER CS-H9

1974年にパイオニアが発売したスピーカーシステム。白 木の外観が
印象的なオールホーン型システムで,当時のパイオニアブランドの
最上級機でした。

SP-G88のページへ
SANSUI SP-G88

1987年にサンスイが発売したスピーカーシステム。当 時の598戦争
の中に投入された1台で,カー ボンファイバーのユニットとハードドーム
ユニットによる3ウェイで,コストパフォーマンスの高い力の入った中級
機でした。

SS-F90のページへ
Aurex SS-F90

1982年にオーレックス(東芝)が発売した3ウェイスピーカーシステム。
オーレックスが初めて発売した平面型ユニット搭載のスピーカーで,CD
時代に対応して開発された高性能なスピーカーでした。


LS-CX7のページへ
KENWOOD LS-CX7

1992年にケンウッドが発売した2ウェイスピーカーシステム。コ ンパク
トな外観からは想像できないほどしっかりとした音を持つ小型高級機
で,ケンウッドブランド最後の本格的な高性能スピーカーシステムとなっ
てしまいました。

NS-890のページへ
YAMAHA  NS-890

1978年にヤマハが発売したブックシェルフ型スピーカーシステム。ヤマハ
ではNS-1000MとNS-690が有名ですが,その中間に存在した4ウェイ
スピーカーシステムで,また違った魅力を持った1台でした。

SS-G777ESのページへ
SONY SS-G777ES

1988年にソニーが発売したスピーカーシステム。平面型ユニット
のAPM方式に力を入れていたソニーが,オーソドックスなコーン
型ユニットにたち返り発売した本格的な3ウェイブックシェルフ型
システムでした。

CP-3830のページへ
gauss OPTONICA CP-3830

1979年にオプトニカ(現シャープ)が発売したスピーカーシステム。
アメリカのガウス社のユニットを用いた日米合作ともいえるスピーカー
システムで,堂々たるモニタースピーカーでした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。 
       
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる