スピーカーのコーナー
PART 3
 

 国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたり,思いっきり贅沢に
作られていたり,先端技術を取り入れていたり・・と,
かつての名機・銘機たちはとても印象的でした。
機種が多くなったので,3ページ目に入ります。
 

SX-1000のページへ
Victor SX-1000

ビクターが1988年に発売した3ウェイスピーカーシステム。SXシリーズの別格的
な最上級機として,SXシリーズの音楽再生という志向と,ZEROシリーズの技術
的成果を集大成したともいえる高性能スピーカーでした。


SB-MX200のページへ
Technics SB-MX200

1988年にテクニクスが発売したトールボーイ型スピーカーシステム。早くから
トールボーイ型システムに取り組んでいたテクニクスが完成させた外観も音も
美しい1台でした。テクニクスらしい歪み感のないレンジの広い音が印象的で
した。


HS-500のページへ
Lo-D HS-500

1968年にローディーが発売したブックシェルフ形スピーカー。「ギャザード
エッジ」のルーツとなった1台で,強力なユニットを生かした優れた性能を
誇り,長くブックシェルフ形2ウェイの王者として君臨した名機でした。


FX-1のページへ
YAMAHA FX-1

1977年にヤマハが発売した本格的なフロア型スピーカーシステム。大型
のフロア型システムは海外製が中心であった当時,国産の本格的フロア型
システムとして,ヤマハが作り上げた意欲作でした。


SB-9500のページへ
Technics SB-9500

1977年にテクニクスが発売した超弩級機。高さが2mに迫るリニアフェイズ
システムで,業務用を考えたシステムだったのでしょう。ショウルームで見か
けたその偉容は今でも印象に残っています。


SX-P1のページへ
OTTO SX-P1

1976年にオットー(三洋電機)が発売したフロア形スピーカーシステム。この
ころ各社が発売していた13万円クラスの大型システムの競争の中でオットー
が出したのが本機で,一番コストのかかった1台だったともいわれていました。
当時のオットーの気合いが感じられます。


CP-5000のページへ
OPTONICA CP-5000

1975年に,オプトニカ(シャープ)が発売したスピーカーシステム。新開発のリボ
ン型トゥイーターを軸に,高性能な新開発の各ユニットを3ウェイシステムとしてま
とめ上げた意欲作でした。


XL-900Cのページへ
SANSUI XL-900C

1983年にサンスイが発売したスピーカーシステム。アンプのイメージが強い
サンスイですが,伝統的に優れたスピーカーを作りだしていました。そのサン
スイがデジタル時代に向けて先進的な技術を投入して作り上げたモデルでし
た。


2301のページへ
EXCLUSIVE 2301

1978年にエクスクルーシブランドから発売されたスピーカーシステム。
メーカー製としては珍しいオールホーン型システムで,中域に重点を置
いた癖の少ない音を持っていました。オール木製ホーンの作りの良さも
エクスクルーシブならではでした。


APM-8のページへ
ESPRIT APM-8

1979年にソニーがエスプリブランドで発売した4ウェイスピーカーシス
テム。ソニー独自の平面振動板ユニット「APM方式「の第1号機で,
その歪みの少なさ,フラットな特性など,未来的かつ高性能なソニーの
プレステージ機でした。


SB-1000のページへ
Technics SB-1000

1973年にテクニクスが発売したブックシェルフ型スピーカーシステム。
ごく普通の大きさのブックシェルフ型スピーカーシステムに見えますが
極厚重量級のエンクロージャーをはじめ,低歪みを追求した先進的な
内容をもつ高性能スピーカーシステムでした。


SS-L8Sのページへ
Aurex SS-L8S

1978年にオーレックス(東芝)が発売したスピーカーシステム。非常に
凝った作りのエンクロージャーに,強力なユニットを搭載し,ネットワーク
も高級品を投入するなど,価格を超えた強力な内容をもつ赤字必至の
名機でした。


HS-530のページへ
Lo-D HS-530

1976年にローディー(日立)が発売したスピーカーシステム。メタル素材
の振動板に熱心に取り組んでいたローディーが世界で初めてアルミ単板
の大口径コーンユニットを搭載した画期的な1台でした。


SC-5000のページへ
DENON SC-5000

1980年にデンオンが発売したスピーカーシステム。40cmという大口径
ウーファーを搭載した堂々たる大型フロア型システムで,オールコーン形
の癖の少ない音を持った実力機でした。


HS-1400WAのページへ
Lo-D HS-1400WA

1975年にローディー(日立)が発売したスピーカーシステム。1970年に
同社が発売したユニークな低音再生方式をもったHS-1400Wの後継機
で,ケルトン方式を生かしたしっかりした低音再生は特徴的でした。


MONITOR100のページへ
ONKYO Monitor100

1979年にオンキョーが発売したブックシェルフ型スピーカーシステム。
当時の10万円クラスの王者,YAMAHAのNS-1000Mに対抗する
機種として発売されたモデルで,ユニット,エンクロージャーとも強力な
内容を持った意欲作でした。


SX-511のページへ
Victor SX-511

1987年にビクターが発売したブックシェルフ型スピーカーシステム。
当時の激戦区598クラスにビクターが投入した戦略モデルともいう
べき1台で,強力なユニットとキャビネットは,598クラスを大きく超え
るものすごいものでした。


HS-5000のページへ
Lo-D HS-5000

1979年にローディー(日立)が発売した大型のフロア型システム。
発泡樹脂充填型の平面振動板をいち早く開発したローディーならで
はの意欲作でした。


SP-LE8Tのページへ
SANSUI SP-LE8T

1966年にサンスイが発売したシングルコーンのスピーカーシステム。
当時サンスイが輸入元となっていたJBLの名ユニットLE-8Tを搭載し
たフルレンジシステムで,サンスイの伝統的な木工技術を生かした美
しい格子グリルのキャビネットも印象的でした。


S-922のページへ
PIONEER S-922

1980年にパイオニアが発売したフロア型スピーカーシステム。3ウェイ
+大口径のパッシブラジエーターという構成から,ワイドレンジな再生を
実現した1台でした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。        
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる