スピーカーのコーナー
PART 2
 

 国産スピーカーは個性がないとよく言われますが,
どうしてなかなか個性的な音を聴かせてくれたり,
個性的なスタイルをしていたりと,かつての名機・
銘機たちはとても印象的でした。機種が多くなった
ので,2ページ目に入ります。

 
Scepter5001のページへ
ONKYO Scepter 5001
オンキョーが1986年に発売した高級ブックシェルフスピーカーシステム。
大きさや見た目はやや大きめのブックシェルフスピーカーといった感じで
平凡な感じですが,その中には,不要な共振を排除する凝った構造が隠
されているため,重量が70kgもあるヘビー級でした。高剛性を追求した
名機として記憶しています。




 
APM-77のページへ
SONY APM-77/77W
APMユニット搭載のスピーカーとして初めてソニーブランドで登場したのが
本機でした。その凝った構造ゆえに高級機としてESPRITブランドで展開さ
れていたAPMスピーカが初めて手の届くところに降りてきたといった感じで
した。歪み感の少ないフラットな音は,その外観と一致していました。APM
スピーカーのその後の大々的な展開の発端となったモデルでした。


 
NS-2000のページへ
YAMAHA NS-2000
ヤマハが1982年に発売した大型のブックシェルフ形スピーカー。名機
1000Mを超えるべく開発された意欲作で,特に,ピュアカーボンを使った
強力なウーファーの搭載が大きな特徴でした。同社自慢のベリリウムドー
ムユニットの改良とともに,鮮烈で引き締まった新しい時代の音を感じさせ
てくれたことを思い出します。ユニットが強力なだけにアンプの性能を要求
するなど,使いこなしがいのある名機だったともいえるでしょう。


 
S-180Aのページへ
PIONEER S-180A
パイオニアが1980年に発売した中級クラスのブックシェルフ型スピーカー。
1978年のオリジナルモデルS-180をルーツとし,モデルチェンジで改良
を加えられ,ロングセラーを続けたS-180シリーズの2世代目でした。クラ
スの水準を超えた強力なユニットとバランスのとれた明るい音で人気を得て
いた名機だったと思います。このシリーズは,かつて使っていたという方も多
いのではないでしょうか。

SB-10000のページへ
Technics SB-10000
テクニクスが1977年に発売したリニアフェイズスピーカーシステム。テクニク
スが世界の一流品と言われるスピーカーと肩を並べるべく持ち前の技術を投
入したリニアフェイズスピーカーの頂点ともいえるシステムでした。
 

NS-690Vのページへ
YAMAHA NS-690V
ヤマハが1980年に発売した3ウェイスピーカーシステム。1973年に発売さ
れたオリジナルモデルNS-690から数えて3世代目にあたるモデルで,伝統
のソフトドームユニットと新たに採用されたスプルースコーンによる音は,同社
の名機NS-1000Mとはまた違った魅力を持っていました。

X-Zのページへ
CORAL X-Z
コーラルが1980年に発売した3ウェイブックシェルフ型スピーカー。コーラルは
今はもうありませんが,ユニットメーカーとして自作派に広く知られていました。
そのコーラルがスピーカーシステムの分野で広く認められるようになったのが,
このX-Zからだったように思います。価格を超えた強力なユニットと強靱なキャ
ビネットで10万円クラスに匹敵するといわれた名機でした。

SX-3のページへ
Victor SX-3
ビクターが1972年に発売したブックシェルフ形スピーカーシステム。ネットのな
い白木のエンクロージャーという従来の常識を覆した大胆なデザインとソフトドー
ムユニットの美しい音で人気をさらいました。その後白木ブームが起きたきっかけ
ともなったヒット作でした。

LS-990Aのページへ
KENWOOD LS-990A
ケンウッドが1984年に発売した598クラスの主力スピーカーシステム。いわゆる
598戦争の中で生み出された強力モデルで,今ではとうていこの価格でこれだけ
の強力なユニットとエンクロージャーを持ったスピーカーは作れないでしょう。当時
ケンウッドは,このスピーカーに非常に力を入れており,モデルチェンジを繰り返し
ながらより強力なスピーカーへと変化していきました。オーディオ業界が元気だっ
た頃を象徴していたのかもしれません。

SX-10spiritのページへ
Victor SX-10spirit
ビクターが1982年に発売したブックシェルフ型スピーカーシステム。1972年発売
のSX-3の伝統を受け継いだ集大成的モデルとして発売されていました。ソフトドー
ムユニットをベースとした美しい音は人気を博しました。バイオリンを思わせる,その
美しいエンクロージャーも素晴らしいものでした。

3401Wのページへ
EXCLUSIVE 3401W
パイオニアが1979年に発売したフロア形スピーカーシステム。当時,このような大
口径ユニットを搭載した本格的フロア形システムは,JBLなど海外製が主流でした。
その分野にパイオニアが果敢に挑戦した意欲作でした。そのバランスのとれた豊か
な音は,高い評価を得ました。

SS-G9のページへ
SONY SS-G9
ソニーが1978年に発売した大型のフロア型スピーカーシステム。G7で高い評価を
得ていた「Gシリーズ」の最上級機として発売され,4ウェイユニットから雄大でかつユ
ニットの音が溶け合ったバランスのとれた音を聴かせてくれたものでした。

ZERO-5のページへ
Victor Zero-5
ビクターが1978年に発売したスピーカーシステム。SXシリーズとは違ったアプロー
チで作られた新しいシリーズとして高い評価を得ました。各ユニットの物理特性を高
めワイドレンジを追求し,モデルチェンジを続けながらロングセラーモデルとなりまし
た。

S-3000のページへ
PIONEER S-3000
パイオニアが1987年に発売した3ウェイスピーカーシステム。同社が当時バッフル
板の無共振化を目指して展開していた「ミッドシップマウント方式」採用のスピーカー
システムの中でも最上級機にあたり,優れた性能を持つユニットとあいまって歪み感
の少ない鮮明な音を聴かせてくれた1台でした。

LS-G5000のページへ
KENWOOD LS-G5000
ケンウッドが1987年に発売したスピーカーシステム。名機LS-1000をより
高性能化したという感じで,重量48kgにもおよぶ高剛性・大型の3ウェイシス
テムが聴かせてくれる音は,何か凄みを感じさせたものでした。

ZERO-L10のページへ
Victor ZERO-L10
ビクターが1985年に発売した大型のスピーカーシステム。「ラボラトリーシリ
ーズ」の一つとして出されただけあって,その中身は「ZEROシリーズ」の頂点
あるいは一つの到達点といえるものでした。ビクターは現在でもスピーカー部門
で頑張りを見せている貴重なブランドです。これからも頑張ってほしいものです。

GS-1のページへ
ONKYO Grand Scepter GS-1
オンキョーが1984年に発売した超弩級の高級スピーカー。「グランセプター」
の名の通り,オンキョー史上でも最高級機でした。オールホーンという個性的
な設計により独自の世界を追求した名機でした。生産数が少なかったためか
ロングセラーながら滅多に実物を見ることがなく,幻の1台でもありました。
 
DX-7のページへ
CORAL DX-7
コーラルが1983年に発売したスピーカーシステム。X-Zの発展型とも言えそ
うですが,ユニット,エンクロージャーとも大幅に進化し,X-Zの元気の良さに
滑らかさも加わっていました。コストパフォーマンスの高さは相変わらずでした。

 
TRIO LS-202
1979年にトリオ(現ケンウッド)が発売した3ウェイスピーカー。当時トリオが
展開し始めていた「LSシリーズ」の末弟にあたる機種でしたが,バランスの
とれた使いやすいスピーカーとして人気機種となりました。

S-1000TWINのページへ
PIONEER S-1000TWIN
1989年にパイオニアが発売したフロア形スピーカーシステム。S-55TWIN
以来の「バーチカルツイン方式」の集大成的システムでした。エンクロージャー
等の作りもすばらしく,その優れた音場は高い評価を得ました。

※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
意ください。        
      
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp
 
 

メニューにもどる