SP-G88の写真
SANSUI  SP-G88
3WAY SPEAKER SYSTEM ¥59,800

1987年にサンスイが発売したブックシェルフ型スピーカーシステム。この当時,国産スピーカー
の世界では,熾烈な598戦争が始まっており,各社物量を投入した強力なモデルを発売してい>
ました。そんな中にサンスイが送り出した,これも力の入った598モデルでした。

ウーファーは,32cm口径のコーン型で,「マルチレイヤー・カーボン・ダイアフラム」を採用して
いました。この振動板は,新開発のウーファー用の特殊高分子発泡体に,強度の高いグラスファ
イバーの裏スキン材とクロスカーボンの表スキン材でサンドイッチした構造で,高剛性と適度な
内部損失を実現していました。表スキン材のクロスカーボンは7分割貼りされて折り目が整えられ
カーブドコーン形状がとられ,より高剛性化していました。

スコーカーは,10cm口径のコーン型で,こちらも「マルチ レイヤー・カーボン・ダイヤフラム」が採
用されていました。スコーカーの「マルチレイヤー・カーボン・ダイヤフラム」は,特殊高分子発泡
体のコア材を表・裏ともクロスカーボンを7分割貼りした構造で,すぐれたリニアリティを実現して
いました。>

トゥイーターは,2.5cm口径のドーム型でした。ベース素材としてチタンを使用し。チタンの剛性
を高め,適度な内部損失を持たせるために,表面を特殊加工したチッ化チタンダイヤフラムとし
ていました。

各ユニットの磁気回路は,ツインマグネットシステムが採用されていました。スピーカーユニットの
マグネットは高磁束密度なほど,高能率で高リニアリティが得られますが,磁束漏洩によるネット
ワーク等への影響が出てきます。ツインマグネットシステムでは,メインマグネットとは逆方向に
着磁されたサブマグネットを持つ磁気回路構造により,大型マグネットに匹敵する高磁束密度を
得ながら,磁束漏洩が大きく低減され,ネットワークへの悪影響が排除されていました。

ネットワークは,ウーファーの背圧による振動の影響をできるだけ抑えるためにフローティング
方式を採用し,吸音材の上に防振材を貼ったハードボードを置き,各ネットワーク素子はバンド
で固定されていました。各ユニット毎に3次元的に独立配置された3分割ネットワークとなってい
ました。コイルと直径0.18mm・50芯の配線材はすべてOFC材が使用され,結線部はすべて>
接触抵抗の少ないカシメ方式,入力信号はすべてバランス給電とされていました。

ウーファーとスコーカーのフレームは,剛性の高いアルミダイキャストフレームとされていました。
重量級マグネットとユニットの振動エネルギーをしっかりと受け止めるために,振動モード解析か
らフレーム自体の共振を抑え込むために,太さの異なる2種類のブリッジを使用したフレーム構
造とし,ウーファーでは8本,スコーカーでは6本のブリッジでフレーム全体を高剛性化していまし

さらに,ユニットのバッフルへの取付けに,鬼目ナットを使用し,ウーファーには直径8mmのボル
ト8本,スコーカーには直径6mmのボルト8本,トゥイーターには直径5mmのボルト4本を使用し
てしっかりとした固定をしていました。

SP-G88の内部

エンクロージャーは,バスレフ型で,エンクロージャー内の背圧を効果的に利用するために,ダク
トをリアバッフルに装備したリアダクト・バスレフ方式としていました。的確な吸音材により,背圧を
最適に制御し,低歪みでリニアリティに優れた低音再生を実現していました。
各ユニットからの回析現象による音質劣化を防ぐために,フロントバッフルは4面ラウンドバッフル>
としていました。
また,ウーファーからのバッフルの共振がスコーカーやトゥイーターに伝わるのを抑えるために,
スコーカー,トゥイーターを独立したサブバッフルに固定し,専用エンクロージャーとしてウーファー
の背圧の影響も排除した「ダイナミック・アイソレーション・エンクロージャー」としていました。これに
よりフロントバッフルの剛性も高まり,共振の大幅な低減が図られていました。
さらに,ユニットが取り付けられたフロントバッフルと反対側のリアバッフルとの重量のアンバランス
(重心が前に偏っている)によるエンクロージャー全体の前後の振動と,重量的に軽いリアバッフル>
の共振による音質劣化を懸念し,リアバッフルには厚さ25mmの音響用高密度ボードを2枚使用し
前後のバランスをとり,厚いリアバッフルでエンクロージャー全体の剛性を高めた「高剛性ウェイト
バランス方式」がとられていました。

以上のように,SP-G88は,激戦の598クラスに投入すべく,ユニット,エンクロージャーなど各部
にしっかりと物量が投入された実力モデルでした。各部の性能が高いだけに,アンプでしっかりドラ
イブしてやると,低音から高音までしっかりとした音を出してくれる1台でした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



音極点へ。
深い静寂から音が躍動する。
予期していても,感動をおさえきれない。

◎共振を抑え,高剛性思想で高S/N感をもたらす
 ダイナミック・アイソレーション・エンクロージャー。
◎上下左右に伸びやかな音場を再現する
 4面ラウンドバッフル。
◎低音域の干渉を防ぎ,クリアーな低音域を
 実現したリアダクト・バスレ フ方式。
◎振動や磁気干渉による音質劣化を排除した
 フローティング・トライアングル・ネットワーク。
◎16,800ガウスの高磁束密度。しかも磁気干渉
 を防ぐツインマグネット・システム。
◎低音域をパワフルに再生するマルチレイヤー・
 カーボン・ダイアフラム採用 の32cmウーファー。
◎中音域を高解像度に再生するマルチレイヤー・
 カーボン・ダイアフラム採用の10cmスコーカー。
◎周波数特性・過渡特性に優れた
 チッ化チタンドーム2.5cmツィーター。


高剛性思想を素材,構造に集約し,
高い音楽性を実現。

◎S/N感を飛躍的に向上させる
 ダイナミック・アイソレーション・エンクロージャー。
◎不要共振を排除する50mm圧リアバッフルの
 高剛性ウエイト・バランス方式。
◎スピーカーユニットのエネルギーを強固に支持する
 高剛性アルミダイキャスト・フレーム。
◎ス ピーカーユニットとエンクロージャーの
 剛性を高める鬼目ナット。




●主な仕様●

型式
バスレフ方式3ウェイブックシェルフ型
スピーカーユニット
32cmコーン型ウーファー
10cmコーン型スコーカー
2.5cmドーム型ツィーター
最大入力
200W
インピーダンス
6Ω
出力音圧レベル
91dB/W/m
再生周波数帯域
28Hz〜40kHz
クロスオーバー周波数
700Hz,3.5kHz
寸法
380W×690H×350Dmm
重量
31.8kg
※本ページに掲載したSP-G88の写真,仕様表等は1987年1月
 のSANSUIのカタログより抜粋したもので,山水電気株式会社
 に著作権があります。したがってこれらの写真等を無断で転載,
 引用等をすることは法律で禁じられていますのでご注意ください。


 

★メニューにもどる        
 

★スピーカーのページ4にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp