SM-3000の写真
PIONEER  SM-3000
STEREO  POWER AMPLIFIER ¥125,000

1972年に,パイオニアが発売したパワーアンプ。前年に 発売されたスピーカーシステム
CS-3000,同年に発売され たフォノ モーターMU-3000に続いて発売され,翌年発売さ
れたペアとなるプリアンプSC-3000と ともに,当時のパイオニアブランドの上級機のラ イ
ンナップ「3000シリーズ」を構成することになりました。

初段から終段まですべての段間コンデンサーを追放した全段直結OCL方式で,シリコン
三重拡散型のNPN・PNPパワートランジスターによる3段ダーリントン純コンプリメンタ リー
回路方式を採用していました。パワー回路の終段には,コレクター損失100W,諸特性,
破壊強度とも揃った,シリコン拡散型のNPN・PNPトランジスターをパラレルに使い,ハ イ
パワーと高い信頼性を両立させ,85W+85W(8Ω,20Hz〜20kHz,両cH駆 動)の
出力を実現していました。

全段直結方式で問題になる直流的な安定に関しては,ドライバー段に差動アンプを2段
搭載することで解決していました。さらに,温度補償回路も強化し,−15℃〜+55℃の
範囲において±0.005Vの変動という高い安定性を確保していました。
また,保護回路として,トランジスター9石,ダイオード11石の電子回路とパワーリレーを
組み合わせて搭載していました。この保護回路は,インジケーター付きで,回路が働いて
いる間はPROTECTIONのランプが点灯するようになっていました。

入力端子は,2系統を装備し,前面のレバースイッチで切り換えられるようになっていまし
た。また,入力感度も,0.5V,1V,2V,5Vの4ポジションで,使用するプリアンプ に合わ
せて切り換えられるようになっていました。
スピーカー端子は,A,B,Cの3系統設けられ,前面パネルのスイッチで,A,B,C単独 使
用の他,A+B,A+C,B+Cの2系統の同時使用ができるようになっていました。

SM-3000の内部

さらに,低音域の雑音や,可聴帯域外の超低音域の雑音をカットするローカットフィルター
も装備されていました。7Hz,20Hzの2段切換で,減衰量は12dB/octに設定さ れてい
ました。

電源部は,大型のカットコアトランスと大型のフィルターコンデンサーによる強力なものが
搭載されていました。回路基板はガラスエポキシ基板が使用されていました。スピーカー
端子も,下位機種が小型のワッタッチ式のものであったのに対し,ネジ留め式のしっかり
したものが搭載されていました。

SC-3000とSM-3000

以上のように,SM-3000は,パイオニアブランドのパワーアンプの上級機として, 「3000
シリーズ」の1台として,しっかりした作りの1台でした。1台ごとに実測生データが添付さ れ
ていたのも,高級機として信頼性を感じさせるものでした。音の方もパイオニアらしく癖のな
い中庸を行くものでした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



ローレベル出力時の
繊細な表現を大切にした
全段直結純コンOCL方式。


◎ゆとりのハイパワー。
 20〜20,000Hz出力85W+85W
 (両ch駆動, 8Ω,歪率0.1%)
◎低歪率,広帯域再生を実現する
 全段直結純コンプリメンタリーOCL回路
◎DC電位を安定に保つ
 2段差動アンプの採用
◎電源ミューティングを兼ねた
 完璧な保護回路
◎応用の多様化時代 にマッチした
 4ポジション入力 感度セレクター
◎7Hz,20Hz2段切換えの
 ローカットフィルター
◎3系統のスピーカー切換えが可能
◎グレードにふさわしい厳選パーツが
 信頼性を裏付けます
◎綿密にチェックした
 実測生データを添付




●SM-3000の規格●

使用半導体 トランジスター 36,ダイオード他 26
回路方式 全段直結純コンプリメンタリーOCL方式
実効出力

(20Hz〜20kHz,両チャンネル駆動)
 85W+85W(8Ω,歪率0.1%以下)
(1kHz,両ch駆動)
 90W+90W(8Ω),130W+130W(4Ω)
(1kHz,片ch駆動)
 100W/100W(8Ω),150W/150W(4Ω)
ミュージックパワー(IHF)
250W(8Ω),400W(4Ω)
高調波歪率 0.1%以下(実効出力時)
0.05%以下(8Ω,50W/50W出力時)
混変調歪率 0.1%以下(実効出力時)
0.05%以下(8Ω,50W/50W出力時)
出力帯域幅 (IHF) 5〜50,000Hz(8Ω歪率0.1%以下)
周波数特性 10〜70,000Hz+0,−1dB
入力感度/入力インピーダンス
(実効出力時,1kHz)
0.5V/50kΩ
 1V/60kΩ
 2V/60kΩ
 5V/60kΩ
負荷インピーダンス
4〜16Ω
ダンピングファクター(1kHz,8Ω) 100以上
ハム及び雑音
(IHF,ショートサーキット)
95dB以上
LOWフィルター 7Hz,20Hz切換え(12dB/oct)
付属回路
入力セレクター:1,2
入力感度セレクター:0.5V,1V,2V,5V
スピーカーセレクター:A,B,C,A+B,B+C,A+C
保護回路インジケーター
電源電圧
AC100V,50/60Hz
定格消費電力
195W
最大消費電力
500W
外形寸法
422W×172H×288Dmm
重量
15.1kg

※本ページに掲載したSM-3000の写真,仕様表等は1974年6月の
 PIONEERのカタログより抜粋したもので,パイオニア株式会社に
 著作権があります。したがってこれらの写真等を無断で転載,引用
 等をすることは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 
★メニューにもどる            
 
 

★セパレートアンプPART4にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。
                       


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp