セパレートアンプのコーナー
                     PART5


現在,セパレートアンプを出しているメーカーは限られて
いますが,かつて多くのメーカーが意欲作を発表し,魅
力的で個性的なモデルがたくさんあったのがこのセパレ
ートアンプ部門です。各メーカーが各々こだわりをもって
やりたいことをやったというものが数多く見られ,音の上
でもメーカーごとの特徴が最もよく表れていたかもしれま
せん。このコーナーもついに5ページ目に入りました。ど
うぞ,ごゆっくりご覧ください。




TA-E901のページへ
ESPRIT  TA-E901

1982年にソニーの高級機専門のブランドESPRIT(エスプリ)から発売
されたプリアンプ。前年に発売されたトップモデルTA-E900の弟機として
発売され,より多機能化されてコントロールアンプ的側面も備えて,別の
魅力を持った1台となっていました。


TA-N901のページへ
ESPRIT  TA-N901

1982年にソニーの高級機専門のブランドESPRIT(エスプリ)から発売
されたパワーアンプ。TA-N900がモノラル機であったのに対し,ステレ
オパワーアンプとしてまとめられていました。パルス電源等,基本的な技
術は継承され,より機能性が高められていました。


SC-1000のページへ
marantz  Sc1000

1981年にマランツが発売したコントロールアンプ。もともとアメリカ
のブランドであったマランツもこのころにはすっかり日本のブランドと
なり,日本マランツとして力作を発売していました。その中でも最上級
機として作り上げられたコントロールアンプでした。

Sm1000のページへ
marantz  Sm1000

1979年にマランツが発売したコントロールアンプ。ほぼこの頃完全に
日本のブランドとなっていたマランツが発売したパワーアンプの最上級
機で,アメリカマランツの時代よりも洗練された音を持つとも評されるこ
ともありました。

P-303のページへ
ONKYO  P-303

1976年にオンキョーが発売したプリアンプ。当時いくつかのメーカーから
発売されていた「システムアンプ」の1つ,「Integra SYSTEM AMP」の
中のプリアンプで,機能や信号経路のシンプル化により純度の高い増幅
を可能にしつつ,多機能への発展性をもたせた設計が特徴でした。

M-505のページへ
ONKYO  M-505

1976年にオンキョーが発売したパワーアンプ。「システムアンプ」の
「Integra SYSTEM AMP」の中のパワーアンプで,シンプルで精
悍な外観の中に,左右完全独立の電源部をはじめしっかりした物量
が投入された実力派のパワーアンプでした。


M-25のページへ
PIONEER  M-25

1977年にパイオニアが発売したパワーアンプ。「Magni-Wide
Power Range」を標榜して,広帯域,大出力をめざしたパワー
アンプで,そのパワーアンプとしての機能をストレートに表現した
精悍な外観も魅力的でした。

70Aのページへ
Technics  SU-9070

1976年にテクニクス(松下電器)が発売したプリアンプ。当時いくつ
かのメーカーから出されていたシステムアンプをテクニクスも「テクニ
クスフラットアンプシリーズ」の名で出していました。これはその中の
プリアンプで,「ステレオ・フラット・プリアンプ」と称し,シンプルな機能
と回路で高性能を追求した1台でした。

SE-9060のページへ
Technics  SE-9060

1976年にテクニクス(松下電器)が発売したパワーアンプ。「テクニク
スフラットアンプシリーズ」の中のパワーアンプで,薄型のシンプルな筐
体の中に正攻法のしっかりした設計がなされた1台でした。

C-5000Aのページへ
LUXMAN  C-5000A

1979年にラックスが発売したプリアンプ。当時のラックスの半導体プリ
アンプとして最上級機で,新しいラックスらしいパネルデザインと音が
魅力的な1台でした。

TAE-8450のページへ
SONY  TAE-8450

1974年にソニーが発売したプリアンプ。ソニーはトランジスタアンプで
早くから高い技術を見せていました。そして,1970年代半ばから展開
した新しい「ES-Uシリーズ」の中のプリアンプとして最初期であり,最
高級機であったのが,TAE-8450でした。


TAN-8550のページへ
SONY  TAN-8550

1974年にソニーが発売したパワーアンプ。新素子V-FETを初搭載した
パワーアンプとしてヤマハのB-1とともに当時話題となりました。「ES-U
シリーズ」の高級機として,TAE-8450とのペアを想定された1台でした。

TAN-8250のページへ
SONY  TAN-8250

1974年にソニーが発売したパワーアンプ。V-FETアンプのTAN-8550
と並ぶトップモデルで,回路構成等は比較的類似しており,出力段にはエ
ピタキシャル型のバイポーラトランジスターを搭載していました。

CX-2000のページへ
YAMAHA  CX-2000

1988年にヤマハが発売したコントロールアンプ。CDだけでなくDAT,BS
などのデジタルソース,VCR,LDなどの映像ソースといった多彩なソースに
積極的に対応しつつ,セパレートアンプグレードの高音質を実現しようとした
意欲作でした。

MX-2000のページへ
YAMAHA  MX-2000

1988年にヤマハが発売したパワーアンプ。CX-2000とのペアを想定
されたパワーアンプで,超弩級機MX -10000との技術的つながりも見
られるコストパフォーマンスの高い1台でした。

P-388のページへ
ONKYO  P-388

1992年にオンキョーが発売したプリアンプ。薄型でシンプルな筐体の中
オンキョーが着実に積み上げてきた技術を生かして作り上げられたプリ
アンプで,コストパフォーマンスにすぐれた実力機でした。

M-588のページへ
ONKYO  M-588

1992年にオンキョーが発売したパワーアンプ。大型のメータを備えた
堂々たる重量級のパワーアンプで,ツインモノ構造がとられた本格的
な内容を持つ実力機でした。

DA-300のページへ
STAX  DA-300

1974年にスタックスが発売したパワーアンプ。高品位なコンデン
サーヘッドホンで有名な同社ですが,アンプにも力作をいくつか発
売していました。そんな同社初のトランジスターパワーアンプがこの
DA-300でした。

C-200のページへ
Accuphase  C-200

1973年にアキュフェーズが発売したコントロールーアンプ。1972
年にケンソニック株式会社として発足したアキュフェーズブランドの製
品第1号のコントロールアンプで,機能と性能の両立が図られたアキュ
フェーズらしい設計が早くも大きな特徴となっていました。

P-300のページへ
Accuphase  P-300

1973年にアキュフェーズが発売したパワーアンプ。C-200とペアを
想定して開発されたパワーアンプで,アキュフェーズのパワーアンプ
第1号機でした。P-300の名の通り,8Ω時,片チャンネル150W,
トータル300Wというハイパワーは,当時の国産アンプとしては異例
のハイパワーアンプであり,また高いクオリティと機能性を実現するな
ど完成度の高さも特徴でした。


※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
 意ください。
        
         
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp



メニューにもどる