セパレートアンプのコーナー
                   PART2

現在,セパレートアンプを出しているメーカーは限られて
いますが,かつて多くのメーカーが意欲作を発表し,魅力
的で個性的なモデルがたくさんあったのがこのセパレート
アンプ部門です。中にはコスト度外視のすごいものまで
あったようです。オーディオ界が元気だった頃を最も感じ
させられるコーナーではないでしょうか。取り上げる機種
が多くなったので画像等の表示の時間を考え,2ページ
目になりました。ごゆっくりご覧ください。
 
 

CA−70のページへ

Nakamichi CA−70

PA−70のページへ
Nakamichi PA−70

ナカミチはテープデッキメーカーとして有名ですが,優れたアンプやレシーバーも作
っていました。1986年には,セパレートアンプCA−70,PA−70を発売し,優れ
た機能性と音質を誇りました。CA−70は,リモートコントロールを装備し,多機能
と性能の両立を実現したモデルでした。PA−70は,アメリカのスレッショルド社か
ら導入した「STASIS回路」を搭載し,優れたスピーカー駆動能力を誇りました。ナ
カミチ一流のハードな感じのデザインが魅力的でした。音の方も価格を超えたクオ
リティを誇り,同社のテープデッキに通じるような透明で色づけの少ない音は印象
的でした。当時,プリメインアンプを使っていた私にとって気になる存在ではあった
けれど,ペアで70万円超ということで,とても手が届かなかったことを思い出しま
す。今でも魅力的な名機だと思います。                     

M−5のページへ
EXCLUSIVE M-5
パイオニアがエクスクルーシブブランドで1982年に発売した超弩級モノラルパワー
アンプ。それまでのエクスクルーシブブランドのパワーアンプM4が繊細で上品な
音を特徴としていたのに対し,M−5では,300Wの大出力をA級動作で実現して
大きく話題をさらいました。「Zシリーズ」で開発された「スーパーリニアサーキット」
がさらに改良されて搭載された無帰還アンプであることも注目を集めました。当時
試聴したときの,開放的で広がりのある音は今でも印象に残っています。

C−5のページへ
EXCLUSIVE C-5
パイオニアがエクスクルーシブブランドで1983年に発売した超弩級プリアンプ。M−5
のペアとなるプリアンプとして開発されたモデルですが,M−5の発売から1年ほど遅
れての発売となりました。当時,噂では「凝りすぎてなかなか完成しない」などと言わ
れていましたが,実際発売されたC−5を見て,これは開発に時間がかかっても仕方
がないと思わせるほど凝りに凝った内容に驚いたものでした。         

TA-N9のページへ
SONY TA-N9
ソニーが1978年に発売したモノラルパワーアンプ。出力段にMOS FETを採用し,
AB級で450W(8Ω)の大出力を誇りました。A級動作でも80Wの出力を出すこと
ができました。MOS FETの出力段でこれだけの大出力を出し,かつ18kgの重量
に抑えることができたのは,ソニー自慢のパルスロック電源の威力でした。いろいろ
な面で先進的な技術を投入した意欲作でした。見た目は業務用機のような感じです
が,秘めた力を持つ実力機でした。           

C-05のページへ
LUXMAN C-05
ラックスが1983年に発売した高級プリアンプ。純A級動作のパワーアンプとして高
性能を誇ったM-05とペアとなるプリアンプとして発売され,電源部から信号系路ま
で左右を完全に独立して動作させるその内部構造に驚かされ,印象に残っている1
台です。

M-05のページへ
LUXMAN M-05
ラックスが1983年に発売した高級パワーアンプ。高効率A級ではなく,純A級動作で
105W/chの大出力を実現し,当時驚異の目を持って迎えられたパワーアンプでした。
電源コードから左右独立した構造は,まさにラックスが凝りに凝って作り上げた結果でし
た。ラックスがこれ以降,M-06,07と個性的なA級パワーアンプを作り続けていったこ
とは記憶に新しいことでしょう。

C-2301のページへ
SANSUI C-2301VINTAGE
サンスイが1984年に発売したコントロールアンプ。しばらくセパレートアンプから離れて
いたサンスイは1983年にパワーアンプB-2301を出してセパレートアンプ界に復活し
ました。そのペアとして作られたコントロールアンプC-2301は,その永年の思いがこも
ったような気合いの入ったモデルでした。凝りすぎて,パワーアンプと同時の発売ができ
なかったと言われた重量級の力作でした。

B-2301のページへ
SANSUI B-2301
サンスイが1983年に発売したパワーアンプ。当時,07シリーズではその実力を遺憾なく
発揮していたサンスイも,久しくセパレートアンプを出していませんでした。それだけに,正
攻法で物量を投入した力作として登場しました。サンスイの思いが込められていたと感じた
ものでした。マイナーチェンジをして地道に改良を加え,より実力を高めていったところもサン
スイらしいところでした。

B-1のページへ
YAMAHA B-1
ヤマハが1974年に発売したパワーアンプ。自社開発のV-FETを全増幅段に使用した独創
的な構成は当時,話題になりました。強力な電源部と強力な素子による音は繊細さと力強さ
を兼ね備えたすばらしいものでした。デザイン的にも非常に洗練されたものがありました。FET
アンプを代表する名機だと思います。

TA-E88のページへ
SONY TA-E88
ソニーが1978年に発売した高級プリアンプ。PWM方式を採用して話題になったパワーアンプ
TA-N88とペアとなるプリアンプとして発売されました。薄型の筐体の中に,各回路ブロックを
最短距離で配置し,ストレートな伝送を追求したコンストラクションは非常に個性的でした。後の
ESPRITアンプにつながっていく高性能プリアンプでした。

TA-N88のページへ
SONY TA-N88
ソニーが1978年に発売したパワーアンプ。PWM増幅,パルス電源という2つの先進技術で薄型
の筐体の中に160W+160Wの出力を実現したソニーの意欲作でした。現在のデジタルアンプに
通じる非常に先進的内容は,アナログソースの時代の当時では,人気を得ることができなかった,
早すぎた名機といえるでしょう。

C-2aのページへ
YAMAHA C-2a
ヤマハが1978年に発売したプリアンプ。超多機能を誇るC-1に対し,シンプルな構成で 高性能を
追求したプリアンプの名機でした。特にそのPHONO入力系の構成は凝ったもので,素晴ら しい音
を聴かせてくれました。アナログレコードをメインに楽しむ方には魅力的な1台でしょう。

M-4aのページへ
EXCLUSIVE M4a
パイオニアから1979年にエクスクルーシブブランドで発売された高級パワーアンプ。エク スク
ルーシブブランドの評価を一気に高めた名機M4の改良モデルで,M4以来の純A級動作によ
る温かみのある豊かな音は,大人の音として人気を得ることとなり,M4,M4aとロングラ ンを
続けました。

C-3aのページへ
EXCLUSIVE C3a
パイオニアが高級機専門のエクスクルーシブブランドで1979年に発売したプリアンプ。オ リジ
ナルモデルは,1973年にパワーアンプM3とペアで発売されたC3で,C3aがそ の2世代目の
モデルにあたりました。ハンドメイドで作られた美しい筐体を持つ,大人の音を持つプリ アン

でした。

SE-A100のページへ
Technics SE-A100
テクニクスから1985年に発売されたパワーアンプ。スレッショルド社の「ステイシス回 路」
のテクニクス版ともいうべき「classAA方式」を開発・採用した第1号機でした。強力 な電源
部をはじめしっかりした中身を持つ優れたパワーアンプでした。

SU-A200のページへ
Technics SU-A200
テクニクスから1985年に発売されたコントロールアンプ。SE-A100とのペアを想定 さ
れたモデルでした。セパレートアンプのエントリーモデルといった比較的手ごろな価格な
がら,「classAA」の導入をはじめ,本格的な作りと多機能を両立させた優れたコント ロ
ールアンプだったと思います。

C-70のページへ
YAMAHA C-70
ヤマハが1981年に発売したコントロールアンプ。それまでの一桁の型番と異なり
2桁の型番をつけた新しいシリーズに位置づけられるモデルでした。多彩なコントロ
ール機能と音質の両立をリーズナブルな価格帯で実現しようとしたヤマハの意欲作
だったと思います。

B-70のページへ
YAMAHA B-70
ヤマハが1981年に発売したパワーアンプ。C-70とペアを想定したパワーアンプ
でX電源を用いたパワーアンプとしては,B-6に次いで発売されたもので,比較的
コンパクトな筐体ながら,200W+200Wのハイパワーを実現したコストパフォーマ
ンスの高い人気モデルでした。

HCA-9000のページへ
Lo-D HCA-9000
ローディーが1977年に発売したプリアンプ。薄型の筐体の中に高品質のパーツを
整然と配置した設計は質実剛健でローディーらしさを感じるものでした。質実剛健の
デザインのためか,ローディーというブランドのためか広く人気を得るまでには至りま
せんでしたが,隠れた名機といえると思います。


 
※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
 意ください。        
        
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp



 
 
 
 

メニューにもどる