セパレートアンプのコーナー
現在,セパレートアンプを出しているメーカーは限られてい
ますが,かつて多くのメーカーが意欲作を発表し,魅力的
で個性的なモデルがたくさんあったのがこのセパレートア
ンプ部門です。中にはコスト度外視のすごいものまであっ
たようです。オーディオ界が元気だった頃を最も感じさせら
れるコーナーではないでしょうか。ごゆっくりご覧ください。

 
 
HMA−9500mkUのページへ
LO−D HMA-9500mkU
あの長岡鉄男氏がリファレンスとして愛用していたことで有名なパワーアンプです。
今でも,ファンが多いと聞きます。MOS FETを時代に先駆けて採用し,その良さを
十分生かした音だったといわれています。私は,残念ながら,じっくり聴いたことは
ないのですが,クリアーな音だった記憶があります。今でも愛用してる方,あるいは
所有していた方など,どんな音だったか詳しい方からのメールをお待ちしています。
でも,その音に加え,強力な電源部と左右セパレート構造を印象づけるその強烈な
デザインもすごく印象的でした。日立がこんなすごいアンプを作っていたんですね。


B−6のページへ
YAMAHA B-6
そのピラミッド型の特徴的なデザインが印象に残っている人が多いのでは
ないでしょうか。一辺29cmというコンパクトなサイズのこのピラミッド型か
ら200W+200Wというパワーを出すことができました。それは,X電源
と称された特殊なスイッチング電源を使用していたからです。日本のアン
プの歴史の中でも,特に美しいデザインのアンプとして今でもまざまざと
記憶に残っています。                             


L−08Cのページへ
KENWOOD L-08C
 

L−08Mのページへ
KENWOOD L-08M

1980年,ケンウッド(当時はトリオ株式会社)が上級のKENWOODブランドから
発売したプリアンプとパワーアンプです。スピーカーをもフィードバックの中に取り
込もうとするΣドライブの採用を始め,非磁性体構造,ボディー自体がヒートシンク
となる,斬新なデザイン等,きわめて個性的ですばらしいモノラルパワーアンプと,
パワーアンプとの接続のためのケーブルの影響をキャンセルするΣ結線を採用した
非磁性体構造のプリアンプとの組み合わせでした。後の名機,L-02Aに通じる設
計はきわめて先進的で個性的なもので,その音も,非常に透明で分解能の高いも
のだった記憶があります。                                 

101Mのページへ
YAMAHA 101M
YAMAHAが1982年に発売した超弩級のステレオ・パワーアンプです。YAMAHA
はかつて,優れた半導体技術,回路技術を生かし,数多くのアンプの名機を作って
いました。そのYAMAHAの歴代のアンプの中でもおそらく最大級といえるのが本
機です。
500W+500W(8Ω)の大出力と61kgにもおよぶ重量,そのプロ機にも通じる精
悍なデザインなど,非常に印象的なパワーアンプでした。音の方は,YAMAHAらし
い繊細さも感じさせながら,外観同様,プロ機に通じるしっかりした音でした。どちら
かというとモニターっぽい音だったことが記憶に残っています。                   

C−200Lのページへ
Accuphase C-200L
 

P−300Lのページへ
Accuphase P-300L

アキュフェーズの第一作として1973年に発表されたプリアンプC-200とパワーア
ンプP-300の4世代目になるモデルです。アキュフェーズのC-200,P-300の
ペアは,1991年に,C-260,P-360にバトンタッチされるまで18年間にわたり
5世代のモデルを引き継いでいった,正にロングランを続けた名機であることは間違
いないでしょう。C-200,P-300は誕生当初,海外製に限られていたハイパワー
アンプを実現し,アメリカンサウンドとも言える力強い音を持っていました。やがて, 
C-200S,P-300Sそして,C-200X,P-300Xと改良され,このC-200L
P-300Lとなりました。音の方は,より洗練を加え,日本的な繊細で清潔な美しい
音を実現していたと思います。私も,プリアンプのC-200Lを購入し,現在も使ってい
ます。導入当初,その鮮烈なまでの透明感のある音に驚きました。そして,多機能と
優れた音質を両立させているところも美点だと思います。                 


C−280のページへ
Accupase C-280
アキュフェーズが,1982年に発表した当時国産最高級ともいえるプリアンプでした。
左右対称の美しいデザインと,そのあまりにも透明でバランスのとれた美しい音には
驚いた記憶があります。それまで聴いたことのあったプリアンプと比べて,こらはモノ
が違うと感じてしまったものです。今でも,超一流と言える音ではないかと思います。
中身は,その徹底したシールドと振動対策,高級部品を余裕を持って使用した構成
など,その680,000円という価格(もちろん高価ですが・・)からは信じられないほ
どのものでした。耐久性も抜群で,今でもお金があれば欲しいアンプです。     

M−100のページへ
Accuphase M-100
アキュフェーズが続きますが,これも忘れられない名機だと思います。(このブランドは
名機が多い!)1981年に発売された,500Wモノラルの超弩級パワーアンプです。
初めて見たときその巨大さと,その割に繊細なデザイン,そしてデジタルのパワー表示
がすごく印象的でした。そして,試聴させてもらうと,限りがないのではないかと思える
ほどの音の伸びやかさに驚きました。しかも,ハイパワーでありながら,小出力時の音
も実に繊細で荒さが感じられないのにもさらに驚かされました。これは,10W程度まで
はA級動作をすることも効いていたのでしょう。当時,デジタルオーディオ時代のアンプ
の未来を感じさせられたものでした。            

TA−E900のページへ
ESPRIT TA-E900
 

TA−N900のページへ
ESPRIT TA-N900

1979年に発足したSONYの高級品専門の実験的ブランドESPRIT(エスプリ)から
発売されたセパレートアンプです。1980年に,MOS FETとパルスロック電源を採用
したパワーアンプTA-N900が発売になり,翌年の1981年に徹底したシールドと振
動対策を施したプリアンプTA-E900が発売されました。特に,プリアンプTA-E900
の分解能の化け物とでも言えそうなクリアーな音が強く印象に残っています。パワー
アンプのTA-N900もその薄型のボディーからは信じられないパワー感と端正な音が
記憶に残っています。                                      

P−309のページへ
ONKYO P-309
 

M−509のページへ
ONKYO M-509

オンキョーが1980年に発売したセパレートアンプ。当時の同社のアンプの中で最高
級モデルでした。オンキョーは,インテグラシリーズのプリメインアンプで数多くの優れ
た製品を作り続けていますが,セパレートアンプは比較的製品数が少ないようです。し
かし,回路技術,特にサーボ技術において優れた技術を持つオンキョーならではのア
ンプを出しています。製品数が少ないだけにしっかりした作り込みがなされ,特に電源
周りのこだわりもあり,鮮明で力強い音を特徴としているように思います。決して超高
価格ではなく,デザインもやや高級感に欠けるところもありますが,中身のしっかりした
アンプ作りがなされているので,私は個人的には好きな製品です。
当時,プリメインアンプからグレードアップを考えていた私の先輩が,迷った末このペア
を購入し,低音のしっかりしたクリアな音でロック系の音楽を聴いていたことを今でも思
い出します。                                               

P-L10,M-L10の写真
VICTOR P-L10M-L10
ビクターが1981年に発売したLaboratoryシリーズの高級セパレートアンプ。美しい
ウッドキャビネットがメカメカしさを抑え,インテリアにマッチし,音楽を聴く道具として完
成されていたと思います。音の方も実にバランスのとれた大人の音だったことを覚えて
います。ビクターはこれ以降あまりセパレートアンプを作っていないのが残念です。こん
なに魅力的なモデルをつくっていたのですが・・・。                                 

SY-Λ88Uのページへ
Aurex SY-Λ88U
オーレックス(東芝)が1981年7月に発売した高級プリアンプ。当時,東芝のオーディ
オに対する意気込みはものすごく,このアンプも妥協なく徹底して高性能を追求し,惜
しげもなく高級な部品を投入して完成されたものでした。あまりに部品に贅沢をしすぎ,
採算割れになってしまったという伝説的な製品でもありました。ある意味で,こんなに
良心的なアンプはないのかもしれません。その鮮度の高いクリアな音が印象に残って
います。今でもファンの多い製品ではないでしょうか。

C−Z1のページへ
PIONEER C-Z1

M−Z1のページへ
PIONEER M-Z1

パイオニアが1979年に発売したセパレートアンプです。エクスクルーシブブランドで
はなくパイオニアブランドから発売されましたが,NFBを排除した「スーパーリニアサ
ーキット」をはじめ,独特の外観デザインなど,思い切った設計が,当時強い印象を与
えました。プリアンプC−Z1とモノラルパワーアンプM−Z1×2の組み合わせは総額
100万円にも達しましたが,その鮮明な音にはもっと驚いたものでした。ここで開発さ
れた技術が,後にエクスクルーシブの名機M−5にも生かされていきました。

C−910のページへ
KYOCERA C-910

B−910のページへ
KYOCERA B-910

京セラが1984年に発売したセパレートアンプ。このころ京セラは多角化を図ってか,
様々な分野に進出し,サイバネット工業を吸収して突如オーディオの分野にも参入し
ました。独自のセラミック技術を生かしたユニークな設計と価格からは考えられない
ほど贅沢な作りのマニア向けの高級品を次々と発表し,アッと驚いたものです。この
セパレートアンプのペアもセラミックを使った頑丈なベースシャーシ,セラミック製のモ
ジュール構造,純A級増幅のパワーアンプなど独自の設計で,繊細でクリーンな感じ
の音を聴かせてくれました。ブランドイメージからかヒットはしなかったようですが,隠
れた名機だったと思っています。              

  
※ここに掲載された写真は,各製品のカタログからの抜粋で,その版権・
 著作権等は,各オーディオメーカーにあります。したがって,これらの写
 真を無断で転載等することは,法律で禁じられている行為ですのでご注
 意ください。        
     
   
現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      

メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp

 
 
 
 

メニューにもどる