PA−70の写真
Nakamichi PA−70
POWER AMPLIFIER ¥350,000
ナカミチが1986年に発売したパワーアンプ。当時,ナカミチはスピーカーのB&Wやアンプのスレッショルドなど海外
のメーカーと提携関係を結び,製品の輸入だけでなく,共同開発などのプロジェクトも行っていました。その一つの成果
として生み出されたのがこのPA−70でした。PA−70は,アメリカのスレッショルド社から技術を導入して開発された
高性能なパワーアンプで,「SYSTEM 70」という一種の高級コンポーネントシステムを構成する製品としても作られ
ていました。                                                              

PA−70の最大の特徴は,スレッショルドから導入した「STASIS回路」を搭載していることでした。この「STASIS回
路」は,NFBやその他の歪み改善のための「帰還方式」に頼らずにリニアな信号伝送を実現するという命題を実現する
ためにアメリカのスレッショルド社で開発された技術で,トランジスターを一定の電流のもとで動作させれば,増幅率は
変化せず歪みの発生は防げますが,電流を変化させなければスピーカーを駆動することはできないという二律背反を
克服する方式でした。電圧増幅を行う”STASISセクション”と電流を供給する”カレントミラーブートストラップ部”の2部
構成の出力段でスピーカーをパラレルにドライブするというものでした。                            

電圧増幅を行う”STASISセクション”は,電流供給の役割から解放され,純A級動作でリニアな電圧増幅だけを行い,
入力信号をほとんど無歪でスピーカーに伝えることになります。一方,電流供給を行う”カレントミラーブートストラップ部”
は,コレクターフォロワーのため,”STASISセクション”に対してインピーダンスが非常に高く設定されており,電圧をコン
トロールする働きはほとんどしないため,信号伝送に対する影響はほとんどありません。効率のいいAB級動作で大電流
供給を実現していました。このとき”STASISセクション”は,”カレントミラーブートストラップ部”のノンリニア歪を補正する
よう,純A級動作を保ちながらわずかなパワーで動作し,トータルな音質をコントロールする仕組みになっており,高いクオ
リティとスピーカードライブ能力の両立を実現していました。この「STASIS回路」は,国産の他のメーカーでも,テクニクス
の「class AA」,ヤマハの「Dual Amp Class A」などの名称で取り入れられました。                      

PA−70では,パワートランジスターとして,LAPT(マルチエミッタ・パワートランジスター)素子をトータルで32個使用し
ていました。片チャンネルあたり2個ずつがA級動作の電圧増幅段である”STASISセクション”に用いられ,それ以外が
電流供給セクションである”カレントミラーブートストラップ部”を構成していました。この”カレントミラーブートストラップ部”は
Pc(コレクタ損失)130Wという大出力トランジスターを片チャンネルあたり7パラレルプッシュプルで使用し,ピーク50Aと
いう電流供給能力を持っていました。NFBは,電圧増幅段単体にごくわずかにかけられているだけで,オーバーオールの
ループをもたないので動作が極めて安定し,発振防止用の出力コイルが不要となり,結果として,可聴帯域全域で均一の
出力インピーダンスを実現し,200W×2(8Ω)とは思えない高いスピーカードライブ能力を実現していました。       

出力段の動作を支える電源部は,700Wのトロイダル型の電源トランスと,トータル132,000μFものフィルターコンデン
サーからなる強力なものでした。このフィルターコンデンサーは,高純度アルミを硬く巻き,端子もアルミムク材を使用した
ものでした。その他のパーツも,温度変化に対して動作が安定している金属皮膜抵抗,誘導損失が小さいポリエステルフ
ィルムを巻きアルミケースに黒色エポキシを充填してシールド/振動対策をしたフィルムコンデンサー,信号系及び電源部
の配線に使用された米国「モンスターケーブル社」の極太内配線用ケーブル”モンスタースペシャル”など高品質なものを
投入していました。また,スピーカー端子は頑丈なバインディングポストタイプを装備し,入力端子も金メッキ処理を施してい
ました。電源ケーブルには極性表示付きの無酸素銅線使用の極太電源コードを搭載していました。             

PA−70の内部
以上のように,PA−70は,アメリカスレッショルド社のSTASIS技術を中心に,価格を超えた中身の充実したパワーアンプ
でした。デザイン的にも放熱フィンが印象的なブラックボディはどこか国産機離れしてかっこよかったものです。音の方も,独
特の清潔感のある透明なものでどこか同社のカセットデッキの音に通じる色づけの少ない音でした。当時,心惹かれていた
パワーアンプの一つでした。                                                        
   
 
 
以下の,当時のカタログの一部をご紹介します。

 




 
 
 

高い安定性と比類ないドライバビリティを
両立した,パワーアンプの心臓部    
〈STASIS回路〉。             

 
◎あらゆるスピーカーを完璧なまでに
  ドライブする。そのためにスピーカーから見た
  理想のアンプ像を追求。
◎シンプルな回路構成でリニアな
  電圧増幅を行い,大電流供給能力を備えた
  〈STASIS回路〉。
◎〈STASIS回路〉の革新性を生かしきるべく,
  余裕たっぷりの出力段を構成しました。
◎〈STASIS回路〉の実力を確実に伝える,
  大容量の強力電源部。
◎「演奏会場をほうふつさせる音」を求め,
  使用パーツにも十分な吟味を加えました。
         
  

●PA−70 Specifications●


定格出力(新IHF) 200W×2(8Ω,両チャンネル駆動,20〜20,000Hz,0.1%THD)
330W×2(4Ω,両チャンネル駆動,20〜20,000Hz,0.1%THD)
ダイナミックパワー 300W(8Ω,片チャンネル当り) 
550W(4Ω,片チャンネル当り)
ダイナミックヘッドルーム(新IHF) 1.7dB(8Ω),2.2dB(4Ω)
パワーバンド幅 5〜50,000Hz(100W,0.1%THD)
ダンピングファクター(新HF) 60以上(20〜20,000Hz)
入力感度/インピーダンス(新IHF) 2.0V/75kΩ(定格出力) 
140mV(1W出力)
周波数特性(新IHF) 20〜20,000Hz +0,−0.5dB(1W) 
7〜150,000Hz +0,−3dB(1W)
S/N比(IHF A-WTD) 120dB以上(入力ショート,定格出力)
残留ノイズ(IHF A-WTD) 25μV以下
全高調波歪率 0.1%以下(定格出力,20〜20,000Hz)
混変調歪率 0.1%以下(定格出力,60Hz:7kHz=4:1)
ステレオセパレーション 100Hz/1kHz/10kHz−110/100/80dB(入力ショート)
出力トランジスタ数 16個(片チャンネル当り)
電源部 700Wトロイダルトランス 
132,000μF電源フィルターコンデンサー(33,000μF×4)
電源 100V 50/60Hz
消費電力 最大840W
大きさ 435(幅)×200(高さ)×421(奥行)mm
重さ 約27kg
※本ページに掲載したPA−70の写真,仕様表等は1989年4月のNakamichiの
カタログより抜粋したもので,ナカミチ株式会社に著作権があります。したがってこれ
らの写真等を無断で転載,引用等をすることは法律で禁じられていますのでご注意く
ださい。                                            
 
 

★メニューにもどる           
 
 
 

★セパレートアンプPART2にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp