P-3030の写真
Victor P-3030
STEREO PREAMPLIFIER ¥70,000

1977年にビクターがー発売したプリアンプ。マークレビンソンJC-2登場以来の薄型プリアンプ
の流行の中登場した,パネル高50mmという超薄型プリアンプで,薄型で,手の届く価格帯にあ
りながら充実した中身を持つ実力派のプリアンプでした。

P-3030の最大の特徴は,その超薄型の筐体に高密度に性能と機能を詰め込んだ設計にあり
ました。本格的プリアンプとしては限界に近い薄さと完成度の高い音と機能を実現させていたと
ころにが魅力的でした。ビクターらしいクリーンなデザインも今見ても素晴らしいと思います。

基本的な回路構成は,プリアンプとしてオーソドックスなもので,MCヘッドアンプ→イコライザーア
ンプ→トーンアンプといった構成で,すべての信号回路に入力部のカップリング・コンデンサーを取
り去ったICL(インプット・コンデンサー・レス)回路を採用していました。

P-3030の内部

MCヘッドアンプは,SN比の改善に効果的なFETをさらに厳しくノイズ選別して使用し,高SN比,
低歪率を実現していました。後続するイコライザーアンプ,トーンアンプとも初段にノイズ選別され
たFETを使用し,両者ともカスコード・ダブル差動入力となっていました。
MMカートリッジに対しては,負荷抵抗100Ω,33kΩ,47kΩ,100kΩ,負荷容量100PF
220PF,330PF,470PFとそれぞれ4段切り換えスイッチを備え,カートリッジに対して細かな
対応ができるようになっていました。

ボリュームには新開発のハイリニア・ボリュームを使用していました。これは,抵抗体材料の均質
化や製造工程の改良により,電流歪みを0.003%以下,電圧歪みを0.005%以下におさえた
もので,とりわけ小音量時のリニアリティがすぐれたものとなっていました。この高精度のボリュー
ムをトーンアンプの前後に配置した連動型のツイン構成として小音量時の残留雑音も低く抑えてい
ました。
電源部には,リーケージフラックスが少な高効率のカットコア・トランスを搭載し,全段安定化電源
としていました。電源コードには15Aの大容量のものが使われていました。

入力系は,MM対応のPHONO入力2系統,MC対応のPHONO入力1系統と,PHONO入力を
3系統備えていたのが特徴的でした。また,マルチアンプに対応して,出力端子も2系統搭載して
いました。薄型ながら,トーンコントロール,−20dBミューティング,サブソニックフィルターなど,標
準的な機能はすべて備え,パネル面に合理的に配置されていました。

以上のように,P-3030は,手頃な価格帯ながら,本格的な内容を持ったプリアンプとしてスマー
トな筐体とともに魅力的な1台でした。ビクターらしくあたたかさを持ちながらクリアな音を出す使い
やすいプリアンプでした。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。




MCヘッドアンプを含む,
全段ICL構成
機能も充実した薄型プリアンプ。
◎音の密度と機能の充足,主張あるパネル高50mm。
◎FET入力の高S/N,低歪率MCヘッドアンプ内蔵。
◎全段FET入力のICL回路。
◎ハイリニア・ツイン。ボリュームなど厳選された回路素子。
◎カートリッジ負荷抵抗,負荷容量の各4段切換え。
 
 
●P-3030型規格●


回路方式 MCヘッドアンプ=FET・ICL
イコライザー・アンプ=初段FETカスコード・ダブル差動同相帰還ICL
トーン・アンプ=初段FETカスコード・ダブル差動同相帰還ICL
入力感度/インピーダンス PHONO-1,2(MM)=2.0mV/100Ω,33kΩ,47kΩ,100kΩ
              /100PF,220PF,330PF,470PF
PHONO-3(MC)=0.1mV/30Ω
TUNER,AUX,TAPE PLAY-1,2=140mV/50kΩ以上 
出力レベル /インピーダンス TAPE REC=140mV/2kΩ以上
OUTPUT-1,2=1V/600Ω(定格) 20V(最大)
PHONO最大許容入力 PHONO-1,2(MM)=300mV(RMS,1kHz,THD0.01%) 
PHONO-3(MC)=1.5mV(RMS,1kHz)
高調波歪率(1kHz) PHONO-1,2(MM)=0.005%(出力20V)以下
PHONO-3(MC)=0.1%(出力1V)以下
AUX=0.005%(出力20V)以下
周波数特性 PHONO-1,2(MM)=RIAA±0.5dB(20Hz〜20kHz)
PHONO-3(MC)=±0.5dB(30Hz〜20kHz)
AUX=±0.5dB(10Hz〜40kHz)
SN比(定格1V出力時) PHONO-1,2(MM)=68dB(RMS),76dB(IHF-Aネットワーク)
PHONO-3(MC)=58dB(RMS),66dB(IHF-Aネットワーク)
AUX,TUNER=91dB(RMS),96dB(IHF-Aネットワーク)
フィルター SUBSONIC=18Hz 6dB/oct
ACアウトレット 電源スイッチと連動2個(TOTAL600W MAX)
電源スイッチと非連動1個(700W MAX)
電源電圧 100V 50〜60Hz
消費電力 10W(電気用品取締法基準)
寸法 61H×420W×348Dmm(パネル高さ49.5mm)
重量 5.8kg
※本ページに掲載したP-3030の写真,仕様表等は1977年2月のVictor
 のカタログより抜粋したもので,日本ビクター株式会社に著作権があります。
 したがってこれらの写真等を無断で転載,引用等をすることは法律で禁じら
 れていますのでご注意ください。
 
★メニューにもどる           
 
 

★セパレートアンプPART3にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp