M-588の写真
ONKYO  IntegraM-588
STEREO POWER AMPLIFIER ¥300,000

1992年にオンキョーが発売したパワーアンプ。1986年発売のM-508の上級機にあたるパワーアンプ
で,プリアンプP-388とのペアを想定されたモデルでもありました。オンキョーのパワーアンプの伝統にな
らい大型のレベルメーターを備え,ゴールドパネルにやや曲線を生かしたデザインは価格以上の存在感を
持っていました。

M-588の大きな特徴は,P-388と同様に,理想的なバランス増幅をめざした「スーパーバランスサーキッ
ト」が採用されていたことでした。「ダブル差動増幅回路」と「ダブル・スーパーサーボ」を組み合わせたこの
回路は,バランス入力,アンバランス入力,およびバランス負荷,アンバランス負荷のいずれにも変換回路
を使用することなく,ダイレクトに対応できるようになっていました。また,「ダブル・スーパーサーボ」によって
出力信号の基準電位をシフトし,出力のいずれかがアースされても,常に一定のゲイン・最大出力が得られ
るようになっていました。
出力段は,片チャンネルあたり3パラレル・プッシュプルで8Ω負荷200W+200Wの最大出力を余裕をも
ってクリアできるものとなっており,2Ω負荷のダイナミックパワーは,750W+750Wを実現し,ローインピ
ーダンスドライブにも強い出力段となっていました。

M-588の信号の流れ

M-588のもうひとつの特徴は,パーアンプ部はもちろん入力切換やレベルコントロール,さらにメーター回
路までL・R完全独立させたツインモノ・コンストラクションがとられていることでした。部品レイアウトはL・Rそ
れぞれ,シャーシ中央から左右に完全分離して配置され,パワーアンプ部,電源部は,L・R独立した基板を
使用するなど,特性上も左右チャンネル間の対称化が図られていました。
このように,アンプ回路を電源も含めて完全にL・R独立構成としたとき,L・Rの同期が不可欠なプロテクター
回路やメーター回路の分離が問題となります。M-588では,メーター回路は,電源回路も含めてL・R専用
回路で構成され,レンジ切換など同期が必要な制御回路のみL・R共通にしていますが,制御信号を光伝送
することによって電気的にL・R分離を実現していました。プロテクター回路では,オーバーロードやDC成分
の漏れを検出するセンサーをL・R独立させ。共通のプロテクター回路との間を光伝送としてL・R間の干渉を
防ぐようになっていました。
また,シャーシ内部の信号経路を最短化し,かつ相互干渉等も抑えるため,電源部をシャーシ前部に配置し
入力端子から出力端子までの系路を最短化するとともに,電源部のノイズが信号に与える影響を最小限に
抑えていました。さらに,バランス入力端子には,入力レベル・コントロールを設けず,プリアンプなどとダイレ
クトに接続して,音質の劣化を防ぐようになっていました。


M-588の内部

電源部は,電源応答速度特性向上を図るために,低倍率箔を分割巻きした低インピーダンス・ケミコンを
4本パラレル接続したマルチケミコン方式(片チャンネルあたり20,800μF)が採用され,電源供給能力
が大幅に向上していました。また,ダイオードには,従来比約2.5倍の大容量(15A)のブリッジ整流ダイ
オードが採用され,素子を余裕をもって動作させることによって損失を大幅に低減させ,電源インピーダン
スを低く保ち,力強い低音再生を実現していました。
電源トランスには,磁気リーケージフラックス(磁気誘導による歪み)を抑えた「LASERトランス」を搭載し
ていました。この「LASERトランス」は,外周部の幅が標準よりも広い新型のEIコアを採用し,外周部の磁
気抵抗を減少させてコアから磁気が洩れにくい構造とするとともに,コアの外周を硅素鋼板シールド材に
よって厳重にシールドし,さらに,シールドも兼ねた鉄製ケースを装着して,フラックスの漏れを,従来のトラ
ンスに比べて1/30以下に低減したものでした。

フロントパネルに設けられた大型のパワーメーターは,立ち上がりは早く,戻りは少し遅くなるようにコントロ
ールされたピーク・プログラムメーターで,8Ω負荷時のパワー(W)とdB表示となっていました。M-588では
新たに「オートマティック・レンジ・アジャスター」が採用されていました。これは,音楽信号のダイナミックレン
ジを自動的に判断して,最も読み取りやすいレンジにパワーメーターの指針をセットするもので,×0.1レン
ジ(0dB=20W)を基準に,出力が40Wを超えるようになれば,瞬時に×1(0dB=200W)に切り替わり,
また,出力が一度2W以下となり,その後数秒間40Wを超えなければ,レンジは×0.1レンジに戻るという
システムになっており,パワー表示を常に読みやすくするようになっていました。

パーツの面でも,厳選して採用されていました。従来比−40dBの超低歪率カーボン抵抗体,金メッキ摺動子
非磁性体段間シールド,高内部損失真鍮シャフトなど音質対策を徹底したカスタムメイドのディテント・ボリュー
ムをはじめ,ドイツから調達した高音質フィルムキャパシタ,高精度大型カーボン抵抗,銅箔厚70μm高音質
基板,金メッキ削り出しピンジャック,極太キャップタイヤACコードなどが採用されていました。

以上のように,M-588は,1986年のM-508以来久しぶりに発売された同社製の本格パワーアンプで,充
実した内容を持ち,力強くオーソドックスなバランスの取れた音を持った実力派の1台でした。


以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。



シンプル&ダイレクトな
完全バランス増幅。
−”スーパー・バランス・サーキット”−


左右完全独立を貫くため
光伝送(オプト・アイソレート)
までも導入した,
バランス増幅パワーアンプ。


◎あらゆる入出力に完全に対応する
 新開発”スーパー・バランス・
 サーキット”搭載パワーアンプ。
◎L.R完全独立ツインモノ
 ・コンストラクション&ダイレクト
 ・シグナルフロー・コンストラクション。
◎力強い低音再生を可能にする
 L.R独立・ローインピーダンス
 ・大容量電源部。
◎L.R完全独立
 超低リーケージ・フラックスの
 ”LASER”パワートランス採用。
◎”オートマティック・レンジ・アジャスター”採用
 の”ピーク・プログラム”大型パワーメーター。
◎光伝送で回路間干渉を排除する
 オプト・アイソレーテッド・プロテクター
 &パワー・メーター回路。
◎音質向上のために
 世界から厳選したパーツ類を採用。




●Integra M-588の主要定格●

実効出力 200W+200W  8Ω(20Hz〜20kHz)
245W+245W  6Ω(20Hz〜20kHz)
300W+300W  4Ω(20Hz〜20kHz)
ダイナミックパワー 290W+290W  8Ω(1kHz)
505W+505W  4Ω(1kHz)
750W+750W  2Ω(1kHz)
全高調波歪率 0.005%  定格出力時(20Hz〜20kHz,8Ω)
混変調歪率 0.005%  定格出力時(70Hz:70kHz=4:1,8Ω)
パワーバンドウィズス 5Hz〜100kHz  IHF−3dB T.H.D0.2%
利得/位相 32dB/同相
周波数特性 1Hz〜100kHz(+0,−1.5dB)
S/N比 124dB(A-weighted,入力ショート)
入力感度 BALANCED:1V/45kΩ(HOT-COLD)
UNBALANCED:1V/20kΩ(HOT-COLD)
負荷インピーダンス 4Ω以上
ダンピングファクター 180  8Ω 1kHz
メーターレンジ切り替え(自動)
×1(0dB=200W)
×0.1(0dB=20W)
指示範囲
0.01W〜500W(×1レンジ)
0.001W〜50W(×0.1レンジ)
指示精度
0±1dB,−10±2dB,−20±3dB
電源
AC100V 50/60Hz
消費電力(電気用品取締法)
550W
外形寸法
475W×190H×426Dmm
重量
31.0kg

※本ページに掲載したM-588の写真,仕様表等は1992年6月の
 ONKYOのカタログより抜粋したもので,オンキョー株式会社に
 著作権があります。したがってこれらの写真等を無断で転載,引用
 等をすることは法律で禁じられていますのでご注意ください。

 
★メニューにもどる            
 
 

★セパレートアンプPART5にもどる
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp