KT-9700の写真
TRIO KT-9700
FM STEREO TUNER ¥150,000

1976年にトリオ(現ケンウッド)が発売したFM専用チューナー。通信機メーカーでもあったトリオが
世界に先駆けて開発した「パルスカウント方式」のチューナーの1号機で,すぐれた受信性能と音質
を両立させた高級チューナーでした。

RF増幅部は,局部発振器内蔵型・周波数直線8連バリコンを,シングル,トリプル,トリプルチュー
ニングで構成して搭載していました。ミキサー部には,受信信号と局発信号の両入力ともバルントラ
ンスによる平衡入力として両信号とも逆位相の信号によってキャンセルさせ,純粋に10.7MHzの
信号を次のIF段に送れるバランスドミキサーを搭載し,変換素子にはミキサー専用のDD-MOS型
FETを使用していました。また,RF増幅には,直線性の範囲が広いDD-MOS型FET,バランスド
ミキサーには,2乗特性に優れたDD-MOS型FETと2種類のMOS型FETを使い分けて搭載し,
高選択度と高い妨害排除能力を実現していました。
局部発振回路には通常の倍の容量のバリコンを使用し,プリント基板を使わず立体配線することで
安定性を高め,ドリフトを抑えていました。

IF増幅部には,IF帯域3段切換を設置していました。WIDEでは,6ポールLC集中フィルターを採用
し30dBの選択度と0.05%(1kHz,MONO)0.07%(1kHz,STEREO)の低歪率を実現してい
ました。NORMALでは,12ポールLC集中フィルターを採用し,50dBの選択度と0.09%(1kHz,
MONO)の低歪率を両立していました。MARROWでは,12素子(4素子3段)のセラミックリフィル
ターにより,110dBの高選択度特性を実現していました。

MPX復調部は,FETスイッチングによりスイッチング歪を低減し,通常は普通のPLLとしてはたらき,
パイロット信号をキャッチしてステレオ表示ランプがつくと瞬間的に入力レベルを下げることによりフィ
ルター作用を強化するという,ループ応答自動切換によりビート歪を抑え,低歪率MPX復調部として
いました。また,スイッチング回路からの反対チャンネルへの漏れを補助スイッチング回路で打ち消す
D.S.D.C.方式を採用し,すぐれたセパレーションを低歪で実現していました。
ローパスフィルターには,ノルトン変換した7素子フィルターを採用し,すぐれた周波数特性とキャリア
リークの低減を両立させていました。

FM検波部には,KT-9700の最大の特徴であるパルスカウント方式とダブルコンバート方式を採用
し,優れた性能を実現していました。
パルスカウント方式は,周波数変調波をリミッターを通して方形波に変換し,方形波を微分回路を通
すことによって得たパルスで,単安定マルチ回路をトリガーし,パルス幅の等しい出力を得て,これを
積分回路にかけて復調信号を取り出すというもので(難しい,でも何となくD/Aコンバーターに似て
いるような・・)従来のインダクタンスとコンデンサーによる検波回路に比べて,直線性にすぐれ,3.92
MHzの広帯域にわたって直線検波が可能というもので,その後同社のチューナーに広く採用されて
いきました。
このパルスカウント方式に合わせ,10.7MHzの第1IFに加えて,感度・選択度の向上と相互干渉
の低減がねらえ,安定した増幅が可能となるよう,1.96MHzの第2IF(中間周波数)を設けたダブ
ルコンバート方式が採用されていました。約10倍の周波数特性が要求されるパルスカウント方式の
パルス変換が容易になり,相対周波数偏移が大きくなることで,検波効率があがるという効果もあり
同社のパルスカウントチューナーでは一貫してこの方式がとられていきました。

KT-9700の内部

アンプ部は,差動直結オペレーショナルアンプを±2電源で駆動する設計で,定格で1.5Vの出力
を得て,かつ300%のオーバー変調でも歪みの劣化が起きない性能を持っていました。
電源部は,大型のカットコアトランスと3,300μFの大容量コンデンサー2本を使用したものでオペ
レーショナルICによる定電圧電源としていました。

ミューティングはリードリレーによるものを搭載し,電波の強さに応じて使い分けられる2段階(20dB
(10μV),40dB(100μV))切換になっていました。
メーターは,電界強度指示型シグナルメーター,パイロット信号の2倍の38kHzを検出して表示する
マルチパスメーター,変調のピーク値を表示するデビエーションメーターの3つのメーターを装備して
いました。
アンテナ端子は75Ω端子を2組装備し,異なる方向の放送局に合わせて設置した2つのアンテナを
前面のスイッチで,リレーによって切り換えて使用できるようになっていました。

以上のように,KT-9700は,最高級チューナーとしてトリオが全力を傾けた設計が随所に感じられる
風格あるチューナーでした。個々で開発され使用された高水準の技術が後のKT-9900L-02Tなど
へもつながっていきました。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 
 


トリオならではの
専門技術・先進技術がここに集約。
◎パルスカウント方式による超低歪率・直線検波
◎SN比の大幅な改善・・・ダブルコンバート方式
◎FETスイッチング方式D.S.D.C.
◎ビートディストーションの改善を果した
 PLLループ応答自動切換
◎DD-MOS型FETによるバランスドミキサー
このチューナー,
38・2トラで録音してください。
KT-9700価格¥150,000
◎局部発振器内蔵8連バリコンと
 DD-MOS型FETによるRF部
◎倍容量バリコンと立体配線化した局発回路
◎IF帯域3段切換
◎7素子ローパスフィルター
◎ディエンファシス怪路
◎オペレーショナルアンプによるオーディオ増幅
◎低インピーダンス出力部
◎2段切換ミューティング
◎電界強度指示,正比例型シグナルメーター
◎38kHz検出型マルチパスメーター
◎デビエーションメーター
◎アンテナ切換
 
●KT-9700 定格●

(FM部)


受信周波数 76MHz〜90MHz
アンテナインピーダンス(A,B2系統) 300Ω平衡  75Ω不平衡
SN比50dBクワアイティング感度  MONO  :2.8μV(IHF) 14.1dBf(新IHF)
STEREO:30μV(IHF) 34.7dBf(新IHF) 
感度  0.8μV(75ΩIHF) 1.5μV(300ΩIHF)8.7dBf(新IHF)
歪率 
    
    
         
WIDE    1kHz       0.05%(MONO)  0.07%(STEREO) 
        50Hz〜10kHz 0.08%(MONO)  0.1%(STEREO)
        15kHz      0.08%(MONO) 0.25%(STEREO)
NORMAL 1kHz       0.09%(MONO)   0.2%(STEREO) 
        50Hz〜10kHz 0.15%(MONO)  0.25%(STEREO) 
        15kHz      0.15%(MONO)    0.4%(STEREO) 
NARROW 1kHz         0.15%(MONO)     0.4%(STEREO)
SN比 
  (100%変調1mV入力)
84dB(MONO) 80dB(STEREO)
イメージ比  120dB「
選択度(IHF) WIDE    30dB(400kHz)
NORMAL  50dB(400kHz)
NARROW 110dB(400kHz) 60dB(±300kHz) 
IF妨害比 120dB
ハーモニックスプリアスレスポンス 120dB
AM抑圧比 65dB
キャプチャーレシオ 0.8dB(WIDE) 1.0dB(NORMAL) 1.5dB(NARROW)
ステレオセパレーション 
  
WIDE     1kHz        60dB 
         50Hz〜10kHz   50dB 
         15kHz       40dB 
NORMAL   1kHz        55dB  
         50Hz〜10kHz   45dB 
         15kHz       38dB 
NARROW  1kHz         50dB 
         50Hz〜10kHz   40dB 
         15kHz        33dB
キャリアケージ ±0.2dB
周波数特性 50Hz〜10kHz  ±0.2dB
30Hz〜15kHz  +0.2dB −0.6dB
出力レベルおよび出力インピーダンス 1kHz 100%変調 FIXED    0.75V 1.3kΩ 
             VARIABLE 0〜1.5V 100Ω
マルチパス出力 Vertical(垂直)  :40mV 100Ω(AM1kHz 30%変調) 
Horizonta(水平):500mV 10kΩ(FM1kHz 100%変調)

(電源部その他)


電源電圧 100V  50Hz/60Hz
定格消費電力 30W
電源コンセント Unswitched 1
寸法 440(W)×154(H)×393(D)mm
重量 11.5kg
※本ページに掲載したKT-9700の写真,仕様表等は1976年10月のTRIO
 のカタログより抜粋したもので,ケンウッド株式会社に著作権があります。
 したがって,これらの写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁じられ
 ていますのでご注意ください。                          
 

★メニューにもどる       
 
 
 

★チューナーのページPART2にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp