KA-7300の写真
TRIO KA-7300
Stereo Inyegrated Amplifier ¥65,000

1975年にトリオ(現ケンウッド)が発売したプリメインアンプ。L,R独立に電源トランスを搭載した左右独立電源
のアンプで,この後「独立電源ブーム」を巻き起こした独立電源アンプの第1号機でした。

KA-7300の最大の特徴は。上記のように電源トランスから左右を独立させた「左右2電源方式」でした。当時
トリオは,「ダイナミッククロストークの理論」を展開し,電源部を介して片チャンネルに大入力があった場合にそ
の電源変動がもう片方のチャンネルに動的歪みである「ダイナミック・クロストーク歪み」を引き起こすということで
左右それぞれ独立した電源トランスを搭載し,10,000μFの大容量ブロックコンデンサーを左右それぞれ2本
ずつ計4本を使用した「左右2電源方式」を開発しKA-7300に初搭載しました。電源部の動特性の一面を解明
したということで,当時画期的と言われ,高い評価を得ました。その結果,各社に「独立電源ブーム」を巻き起こし
ました。

KA-7300の内部

イコライザー段は,初段増幅にFETを用い,入力コンデンサーを排したICL方式で,増幅回路は,FET差動増幅
3段直結方式となっていました。イコライザーアンプをリアパネルに配置し,入力端子とイコライザー段は直結され
て低い信号レベルのPHONO入力が配線の浮遊容量の影響を受けにくいようになっていました。
パワーアンプ部は,初段差動増幅+定電流駆動A級増幅+純コンプリメンタリー・パワーダーリントンブロックに
よる全段直結OCL回路になっていました。

トーンコントロールは,BASS,TREBLEの各回路を分離独立させて相互干渉を防ぐ設計で,ターンオーバー周
波数の切り換えもできるようになっていました。トーンディフィートにより完全にトーン回路をジャンプすることもでき
初段増幅2段直結+±2電源方式のフラットアンプ+BASSコントロール+TREBLEコントロールという構成によ
り,トーン回路をジャンプした際にも位相の反転が起こらないようになっていました。また,トーンコントロールと併
用で聴感方正ができるラウドネスコントロールは3段切替となっていました。
ボリュームは32接点のアッテネーターボリュームで,左右の連動誤差を最低限に抑える設計となっていました。
また,トーンコントロール部のフラットアンプのNFB量をコントロールする方式の−20dBのミューティングスイッチも
搭載していました。その他の機能として,サブソニックフィルターに加え,LOW フィルター,HIGH フィルターも搭
載していました。テープモニターは2系統を搭載し,相互ダビングもできるようになっていました。

アッテネーターボリューム

以上のように,KA-7300は中級機ながら左右独立の電源部を中心に,各部に音質重視の設計が行われた
高性能アンプでした。別売のキャリングハンドルを付けるとプロ機的な雰囲気も出て,トリオらしいかちっとした
デザインもなかなか精悍で格好が良かったものでした。そのデザインの通りのかちっとした音は高い評価を得た
ものでした。独立電源アンプの走りとして画期的なアンプだったと思います。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。

左右独立セパレート電源採用
2電源トランス・4ブロックコンデンサー
搭載,
実効出力65W+65W
        (20Hz〜20kHz,両ch動作8Ω)

◎左右2電源方式が果たした動的歪の改善
◎BASS・TREBLE分離NFB型トーンコントロール
◎設計基準値0.004%,許容最大入力210mV
 初段FET差動増幅ICL方式イコライザー
◎ダイレクトコネクション採用のイコライザー
◎歪率0.008%のパワーアンプ部
◎3段切換ラウドネスコントロール
◎アッテネーターボリューム
◎サブソニックフィルター
◎スルーサーキットつきテープダビング回路
◎プロフェッショナルユースの背面クッション
●KA-7300 定格●
 

(パワーアンプ部)

実効出力 65W+65W(20Hz〜20kHz,両ch動作8Ω)
70W+70W(1kHz,両ch動作8Ω)
全高調波歪率 0.1%(定格出力時,8Ω)
0.04%(1W出力時,20Hz〜20kHz,8Ω)
混変調歪率 0.1%(定格出力時,8Ω)
出力帯域特性 5Hz〜60kH(IHF規格)
SN比 110dB以上(IHF-Aカーブ使用)
入力感度/インピーダンス 1.0V/50kΩ
ダンピングファクター 30
最適負荷インピーダンス 4Ω〜16Ω

(プリアンプ部)


入力端子 
 感度/インピーダンス/SN比(IHF-Aカーブ)
PHONO    2.5mV/50kΩ/76dB(5mV入力)
TUNER    150mV/50kΩ/90dB
AUX       150mV/50kΩ/90dB
TAPE PLAY 150mV/50kΩ/90dB
出力レベル 150mV(TAPE REC PIN)
プリアウト出力インピーダンス 500Ω
プリアンプ部 出力歪 0.04%(AUX 1V出力時)
許容最大入力 210mVr.m.s(1kHz,PHONO,歪0.1%)
周波数特性 TUNER・AUX・TAPE PLAY 20Hz〜40kHz+0,−0.5dB
PHONO RIAA偏差 ±0.3dB
トーンコントロール BASS   150Hz・50Hz ±7.5dB
       400Hz・100Hz±7.5dB
TREBLE  3kHz・10kHz ±7.5dB
        6kHz・20kHz ±7.5dB
フィルター LOW  18Hz・40Hz 12dB/oct
HIGH      8kHz 12dB/oct
ラウドネスコントロール +3dB/+6dB/+10dB(−30dB出力時・50Hz)

(電源部・その他)


電源電圧・電源周波数 100V 50Hz/60Hz
定格消費電力 170W(電気用品取締法に基づく表示)
電源コンセント 電源スイッチ連動   2
        非連動 1
寸法・重量 430W×149H×376Dmm・14kg
※本ページに掲載したKA-7300の写真,仕様表等は1975年11月のTRIO(KENWOOD)
 のカタログより抜粋したもので,ケンウッド株式会社に著作権があります。したがって,これ
 らの写真等を無断で転載・引用等することは法律で禁じられていますのでご注意ください。
 

★メニューにもどる          
 
 

★プリメインアンプPART2のページにもどる
 
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp