C-77の写真
PIONEER C-77
STEREO PREAMPLIFIER ¥120,000

1976年にパイオニアが発売したプリアンプ。ラックマウントの精悍な筐体の中に,同社の高級ブ ランド
エクスクルーシブに次ぐグレードを持った,パイオニアブランドの高級プリアンプでした。

イコライザー回路は,±2電源方式による3段直結A級SEPPという構成になっていました。初段 は,ロ
ーノイズPNP差動増幅として高い入力インピーダンスを得るとともに,直流安定度を高め,過渡特性の
向上を図っていました。そして,終段のA級SEPP回路によって,大きなダイナミックレンジと低歪みを
実現していました。NFB素子には超精密級のニクロム被膜抵抗(誤差1%)とスチロールコンデンサー
(誤差2%)を組み合わせて使用し,20Hz〜20kHzの全可聴帯域で±0.2dB以内のフラットな RIAA
カーブを実現していました。
また,イコライザー回路には安定化電源より±48Vの高電圧が供給され,最大許容入力は500mV
(1kHz,歪率0.05%)を確保していました。
PHONO入力は2系統で,PHONO2には,−12dB(入力感度2.5mV〜10mV)までのレベ ルコントロ
ールが装備されていました。このコントローラーは特殊は4連ボリュームで,−6dBまではNFB量を,
−6dBから−12dBまでは出力レベルをコントロールする方式でした。したがって,−6dB以上に 絞った
時には,最大許容入力が約2倍の1Vと大きくなり,高出力カートリッジにも対応する設計でした。

コントロール回路も低歪み,高SN,高安定度を確保するために,±48Vの2電源供給による初段 PNP
差動増幅,3段直結A級SEPP回路を採用していました。初段の差動増幅部には100%の直流NFBが
かけられ,十分な直流バラスがとられていました。
また,4連ボリュームの前後に±2電源供給A級SEPPのバッファーアンプが設けられ,入力バッファー
アンプによって出力インピーダンスを低くし,ボリュームの位置による高域特性の劣化が起きるのを防ぎ
出力バッファーアンプでも出力インピーダンスを低く信号を送り出すことで,パワーアンプへの広い対応性
を確保していました。

C-77の内部

ボリュームは,22接点の本格的なアッテネーター型を搭載していました。これは2dBステップで,全回転
角度で表示値に対し誤差0.2dB以内,左右連動誤差も0.2dB以内という高精度なもので,正確な減衰
特性が実現されていました。また,このボリュームは4連型で,コントロールアンプの前段と後段の2箇所
でアッテネートすることでSN比の向上が図られていました。さらに,メインボリュームの他に−15dBと
−30dBに切り換えられるレバー式のアッテネーターも装備されていました。

トーンコントロールは,メインのトーンコントロール(BASS100Hz,TREBLE10kHzで各1.5dBステップ
11ポジション±7.5dB可変)とサブトーンコントロール(BASS50Hz,TREBLE20kHzで各1.5dBステ
ップ7ポジション±4.5dB可変)と4つのトーンコントロールツマミを備えた「ツイントーンコントロール」が搭載
され,より幅広いトーンコントロールが可能となっていました。2つの回路はメインがNF型,サブがCR型で,
両方のコントロールを併用しても干渉が起こらないようになっており,また,トーンコントロールのON/OFF
スイッチも備えられていました。

その他,機能として,マイクミキシング回路が搭載されていました。操作方法が少し独特で,MIC MIXING
つまみを引くとミキシングONになり,中点で,マイクとソースの比率が50%となり,左右に回すことで,マイ
クとソースの比率を0〜100%で連続可変できるようになっていました。
フィルターはローカットがOFF,15Hz,30Hz,ハイカットがOFF,8kHz,12kHzのそれぞれ3段切換式
となっていました。テープデッキ入出力端子は2系統で相互ダビング可能,プリアウトはA,B2系統が搭載
され,A+Bの並列接続も可能で,前面のスイッチで切り換えるようになっていました。

以上のように,C-77はパイオニアブランドのプリアンプとして,多機能に設計され,しっかりした中身を持つ
モデルでした。パイオニアらしい明るい癖のない音は使いやすい1台だったと思います。
 
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 


定評あるEXCLUSIVEの設計技術を
受け継いだ信頼感あふれる
高性能セパレートアンプ!
プロ規格のラックサイズで
設計されています。
◎レコードの音質を重視した高精度回路構成の
 イコライザー部。
◎RIAA偏差±0.2dB以内,
 最大許容入力500mV(1kHz)。
◎PHONO2の入力は−12dBまでの
 レベルコントロールが可能。
◎コントロール回路にも低ひずみ,低雑音の,
 ±2電源による初段差動増幅
 3段直結A級SEPP回路を使用。
◎高度なコントロール技術が発揮できる,
 パイオニアだけのユニークな
 ツイントーンコントロール方式を採用。
◎ボリウムには22接点の高精度アッテネーター型
 を採用。しかも4連仕様でSN比も数段の向上。
◎使いやすいバランス型の本格的な
 マイクミキシング回路内蔵。
◎ローカットとハイカットのフィルターは,
 共に12dB/octのシャープな特性。
◎2系統テープのデュプリケートスイッチや,
 アウトプットセレクター,さらにヘッドホンアンプも内蔵。
◎電源ON-OFF時のクリック音を消す
 ミューティング回路内蔵。








 
 
 
●C-77の規格●

回路方式 イコライザーアンプ部:初段差動3段直結終段A級SEPP
コントロールアンプ部:初段差動3段直結終段A級SEPP
入力端子 
(感度/入力インピーダンス)
PHONO1:2.5mV/50kΩ
PHONO2:2.5mV〜10mV/50kΩ
MIC    :2.5mV/50kΩ
TUNER :150mV/100kΩ
AUX 1  :150mV/100kΩ
AUX 2  :150mV/100kΩ
TAPE PLAY1:150mV/100kΩ
TAPE PLAY2:150mV/100kΩ
PHONO最大許容入力
(高調波歪率0.05%)
PHONO1:500mV(1kHz)
PHONO2:500mV〜1000mV(1kHz)
出力端子 
(レベル/出力インピーダンス)
TAPE REC1,2:150mV/2.2kΩ
OUTPUT (RL:50kΩ):2V/600Ω 7V/600Ω(MAX)
HEAD PHONE:100mV/120Ω(OUTPUT300mV) 最大140mV/120Ω
高調波歪率
(20Hz〜20kHz)
0.03%(2V出力)
0.05%(7V出力)
周波数特性 PHONO(RIAA偏差):20Hz〜20kHz±0.2dB
TUNER,AUX,TAPE PLAY:10Hz〜70kHz+0,−0.5dB
トーンコントロール
(1.5dBステップ)
BASS:  SUB±4.5dB(50Hz)
       MAIN±7.5dB(100Hz)
TREBLE:SUB±4.5dB(20kHz)
       MAIN±7.5dB(10kHz)
フィルター LOW:15Hz,30Hz(12dB/oct)
HIGH:8kHz,12kHz(12dB/oct)
SN比
(IHF,Aネットワーク,ショートサーキット)
PHONO                 74dB
TUNER,AUX,TAPE PLAY 100dB
アッテネーター 0,−15,−30dB
使用半導体 IC2,トランジスター50,ダイオード他31
電源電圧 AC 100V,50/60Hz
消費電力(電気用品取締法) 17W
ACアウトレット 3(電源スイッチ連動),2(電源スイッチ非連動)
外形寸法 480W×186.5H×365Dmm
重量 11.2kg
※本ページに掲載したC-77の写真,仕 様表等は1976年10月の
 PIONEERのカタログより抜粋したもので,パイオニア株 式会社に
 著作権があります。したがってこれらの写真等を無断で転載, 引用
 等をすることは法律で禁じられていますのでご注意ください。
 
★メニューにもどる            
 
 

★セパレートアンプPART4にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた 方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                       


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp