C-70の写真
YAMAHA C-70
NATURAL SOUND STEREO CONTROL AMPLIFIER
                              ¥170,000

ヤマハが1981年に発売したコントロールアンプ。パワーアンプB-70とのペアを想定したモデル
で,B-70同様に,C-7とせずC-70としたあたり,新しいシリーズとしての位置づけがなされた
コントロールアンプでした。

回路構成は,MC/MM独立のイコライザアンプ→0dBバッファアンプ→ボリュームアンプ→反転ア
ンプとなっていました。各ユニットアンプはすべてDC構成あるいはDCサーボ構成で,ヤマハ自慢
の「ニューリニアトランスファ」によるAクラスアンプとなっており,さらに,「ピュアカレントサーボ」の
発展型である「ピュアカレントダム」を搭載していました。

「ピュアカレントダム」は,トーンコントロールとヘッドホンアンプを除くすべてのユニットアンプに搭載
されていました。同社のモノラルパワーアンプBX-1をはじめこれまでのヤマハアンプに搭載されて
いた,電源系の非直線成分の影響を抑える技術「ピュアカレントサーボ」を発展させたもので,電源
に直列に入る半導体インダクタンスと大容量ケミコンによって供給電流が数Hzでカットオフされ,電
源ラインには直流成分だけが流れ,各ユニットアンプが交流的には電源から遮断され,同時に,ア
ースラインの電流変化をも抑えて,それぞれが独立した電源を持つのと同じ効果を持つという技術で
した。

「ニューリニアトランスファ回路」は,バッファアンプ,ヘッドホンアンプを除くすべてのユニットアンプに
搭載されていました。BX-1で新開発されたこの回路は,バイアス回路に終段のバイアス変化分を
検出してフィードバックをかけ,クロスオーバー歪みを大幅に低減する回路で,電源から,出力信号
と全く同じ歪のない電流が供給されるというもので,純A級バイアス回路でも免れることのできなか
った素子のgmカーブに起因する電流歪の影響もなくなり,よりピュアなA級動作が可能になるとい
うものでした。

イコライザ部は,新開発の「リアルタイムイコライザ」が搭載されていました。これは,RIAA素子を2
つ使用したもので,NF型とCR型を組み合わせて両者の良いところをとるという巧妙なものでした。
周波数特性的にも時間的にも優れた特性でイコライジングが行え,高域の位相ずれも少なく,位相
補正も軽くてすみ超低域ノイズも少ない動作の安定したイコライザーとなっていました。
さらに,C-70のイコライザは,MCヘッドアンプの挿入という形をとらず,MM,MCそれぞれ専用の
イコライザアンプを搭載して伝達ロスを減らし,MMイコライザは,ローノイズFETコンプリメンタリィ,
MCイコライザはローノイズバイポーラTrのコンプリメンタリィという構成で,すぐれた特性を実現して
いました。

C-70のボリュームは,新開発の「演算方式ボリュームコントロール」を採用していました。これは,
通常のボリュームと異なり,ボリュームを反転アンプの入出力間に入れ,ボリュームの2番端子の
位置によってアンプのゲインを変えるというもので,ボリュームを絞った際の高域周波数特性の劣
化が皆無で,ボリュームを絞るにつれてノイズレベルが下がり,実使用時のSN比に優れるという
ものでした。

トーンコントロールには,C-6等にも搭載されていたヤマハ自慢の「パラメトリックトーンコントロール」
を採用していました。これは,コントロール特性の中心周波数(fo),周波数帯域幅(Q),ブースト/カ
ット量(LEVEL)の3つのパラメーターをそれぞれ互いに独立に連続可変することができるというユニ
ークなトーンコントロールでした。連続可変範囲は,中心周波数(fo)がLOW BANDで31.5Hz〜
800Hz,HIGH BANDで800Hz〜20kHz,周波数帯域幅’Q)は両バンドともにコントロール可
変幅が狭い(Q=3)から広い(Q=0.3)まで,そしてブースト/カット量(LEVEL)は,両バンドとも
±12dBとなっていました。これら3つのパラメーターと組み合わせにより自由自在なルームアコース
ティックに合わせた補正等が可能になっていました。

C-70のフロントパネル

そのほか,機能的な特徴として,インプットセレクターが軽快なソフトフィーリングのプランジャースイッチ
になっていることや,イコライザーアンプからの出力をシンプルに信号経路を短くPRE OUTに出す,ディ
スクダイレクトスイッチなどがありました。また,ポケット式のサブパネル面に豊富なコントロール系を収納
し,ドアを閉めた状態ではロジックコントロールだけが見えるシンプルなパネル面になるようになっていま
した。
背面の端子の特徴として,PHONO入力が,入力端子からMC/MMイコライザーに直結しているDIRE-
CT PHONOとPHONO SELECTORによってMC,MMどちらも切換使用可能なPHONO1,2の2系
統のPHONO端子を使い分けられるようになっていることがありました。また,PRE OUTの端子が正相
/反転の2種類の出力端子を持っていることも大きな特徴でした。
PRE OUTからパワーアンプへの接続の仕方でステレオパワーアンプを2台,それぞれBTLでモノラル
アンプとして使用する(Fig.33),ステレオパワーアンプ1台に対して正相・反転を組み合わせて接続し,
モノラルに近い低域信号に対する供給最大電流を半分に抑え,電源容量を見かけ上大きくする(Fig.34)
スーパーウーファーをモノラル駆動する(Fig.35)などのマニアライクな発展が可能になっていました。

C-70のリアパネル
正相・反転出力使用例

パーツの面でも音質を重視して,プラスチックケース入りケミカルコンデンサ,高精度なRIAA素子の採用,
ディスクダイレクトスイッチ,ミューティングスイッチへの金クラッドリレーの採用,非磁性金メッキピンジャッ
ク,極性付無酸素銅電源コードなどの採用が特徴でした。 

C-70の内部

以上のように,C-70は多機能を実現しつつ,音質重視のハイコストパフォーマンスのコントロールアンプ
でした。実際にも当時,B-70とグッドペアとして人気モデルとなりました。少しクールでストレートな音は
セパレートアンプとしては求めやすい価格を超えた音だったと思います。また,機能的・回路的にやや簡
略化された弟機のC-50も発売され,より求めやすいコントロールアンプとして,コストパフォーマンスを誇
りました。

C-50の写真
YAMAHA C-50
NATURAL SOUND STEREO CONTROL AMPLIFIER
                              ¥105,000
 

以下に,当時のカタログの一部をご紹介します。
 


ピュアカレントダムや
ニューリニアトランスファ搭載
全段A級という
高度なユニットアンプ群が,
オーディオ的発想によって
自由自在に飛翔する
音質「超」重視・多機能C-70
 
 

●主な規格●


 
C-70
C-50
入力感度/インピーダンス PHONO
 MC 100μV/100Ω
 MM 2.5mV/100Ω,47Ω(100PF,220PF,330PF)
AUX/TAPE/TUNER 150mV/47kΩ
最大許容入力 PHONO
 MC(1kHz)   13mV
   (20kHz) 100mV
  MM(1kHz)  300mV
PHONO
 MC(1kHz)  8.5mV
  MM(1kHz)  220mV
出力電圧/インピーダンス REC OUT 150mV/470Ω
PRE OUT  1.5V/47Ω
最大出力 10V PRE OUT(20Hz〜20kHz・0.01%) 
ヘッドホン出力/インピーダンス
(1kHz・0.01%THD)
4.7V(100Ω),0.55V(8Ω),/68Ω 4.5V(100Ω),0.5V(8Ω),/68Ω
周波数特性
(AUX/TAPE/TUNER)
5Hz〜100kHz+0,−0.5dB DC〜100kHz+0,−0.5dB
全高調波歪率
(20Hz〜20kHz)
PHONO
 MC→REC OUT  0.001%(3V)
 MM→REC OUT  0.001%(3V)
AUX/TAPE/TUNER 0.001%(5V)
(TONE OFF)
PHONO
 MC→REC OUT  0.001%(3V)
 MM→REC OUT  0.001%(3V)
AUX/TAPE/TUNER 0.001%(5V)
(TONE OFF)
混変調歪率 AUX/TAPE/TUNER 0.002%(5V)
(TONE OFF) 
SN比
(IHF-A-Network)
PHONO
 MC 76dB(100μV・入力ショート)
  MM 88dB(2.5mV・入力ショート)
AUX/TAPE/TUNER 105dB(入力ショート)
(TONE OFF)
PHONO
 MC 76dB(100μV・入力ショート)
  MM 87dB(2.5mV・入力ショート)
AUX/TAPE/TUNER 105dB(入力ショート)
(TONE OFF)
SN比(New IHF) PHONO MC 80dB
       MM 82dB
AUX/TAPE/TUNER 104dB
PHONO MC 80dB
       MM 81dB
AUX/TAPE/TUNER 96dB
入力換算雑音
(IHF-A-Network)
PHONO MC −156dBV
       MM −140dBV
PHONO MC −156dBV
       MM −139dBV
残留ノイズ
(IHF-A-Network)
1.8μV 2.5μV
チャンネルセパレーション
(1kHz)
PHONO
 MM 80dB(Vol−30dB,ショート)
  MC 70dB(Vol−30dB,ショート)
AUX/TAPE/TUNER 70dB(Vol−30dB,5.1kΩ)
PHONO
 MM 70dB(Vol−30dB,ショート)
  MC 75dB(Vol−30dB,ショート)
AUX/TAPE/TUNER 70dB(Vol−30dB,5.1kΩ)
トーンコントロール特性 周波数LOW 31.5〜800Hz
    HIGH 800Hz〜20kHz
レベルLOW,HIGH ±12dB
バンド幅LOW,HIGH Q:0.3〜3.0 
BASS ターンオーバ周波数 100〜500Hz
          最大変化幅  ±10dB
TREBLEターンオーバ周波数 1k〜5kHz
          最大変化幅  ±10dB
フィルタ特性 サブソニックフィルタ 15Hz,−12dB/oct
ハイフィルタ     10kHz,−12dB/oct
サブソニックフィルタ 15Hz,−12dB/oct
オーディオミューティング −20dB
トラッキングエラー 2dB
使用半導体 Tr:158,IC:15,FET:14,LED:9,Diode:79 Tr:116,IC:9,FET:8,LED:9,Diode:80
定格電圧・周波数 AC100V・50/60Hz
消費電力 50W 40W
ACアウトレット Switced×1(500W max)
Un Switched×2(500W max total)
寸法・重量 435W×96.5H×369Dmm・7.5kg 435W×96.5H×369Dmm・6.8kg
※本ページに掲載したC-70,C-50の写真,仕様表等は1981年10月
1982年2月のYAMAHAのカタログより抜粋したもので,日本楽器製造
株式会社に著作権があります。したがって,これらの写真等を無断で転載
・引用等することは法律で禁じられていますのでご注意ください。
    
 

★メニューにもどる           
 

★セパレートアンプPART2にもどる
 
 

現在もご使用中の方,また,かつて使っていた方。あるいは,思い出や印象のある方
そのほか,ご意見ご感想などをお寄せください。                      


メールはこちらへk-nisi@niji.or.jp